Monthly Archives: 4月 2021

前回の復習

2021年4月27日

こんにちは。塾長の古川です。

一橋セミナーには、皆さんの成績を上げるための「素敵なシステム」がいくつもあります。
その中で、僕がけっこう大切なものと思っているのが「前回の復習テスト」です。

通塾生の皆さんならおわかりのように、毎回の授業冒頭に、宿題解説後に行われるあのテストです。

前回の復習テスト

ご存知の通り、宿題からそのまま同じ問題が、セレクトされて出題されています。
宿題をしっかりやってきた人、授業の最初の宿題への質問タイムでしっかりと疑問を解決できた人は、高得点が取れるはず…
なんですが、なかなかクラス全員が満点とはいきません。
中には半分も取れない生徒もいます。

これは、教えてる我々としてもショックです。
だって、先週の授業の半分も伝わっていなかったということなのですから。

一橋セミナーでは、前回の復習テストの点数を毎回記載して、ご家庭に郵送しています。
三者面談では、このテスト結果も基にしながら、普段の学習についてご相談していったりします。

生徒の皆さんは、まず、前回の復習で高得点を取れるような宿題のやり方、勉強の仕方を心掛けていきましょう!

一つ一つの積み重ねが、大きなチカラになりますよ!

「途中式」にこだわろう

2021年4月14日

みなさんこんにちは。岩佐です。

今月の心得

日頃、数学を教えている中で「その途中式大丈夫?途中式どこ?」と生徒に聞くことがあります。

途中式を書いても、計算ミスをしてしまうことはありますが、書かなければミスをする可能性はより高くなるのは言うまでもありません。

途中式を書かない=ミスを改善できない・原因の追究ができない

つまり、何ができていないのか?を自分自身が正しく把握できないことになります。これは非常に良くないことです。

例えば、一次関数ができない…と言っているけど、突き詰めてみたらただの計算ミスなだけで、求式のやり方は理解していたなどということはよくあります。

しかしながら、もしその事実を知ることができなければ「一次関数ができない」と錯覚し、やがては「数学ができない」と自分自身で決めつけてしまうことになりかねません。

こうなると、できない→わからない→つまらない→嫌い→やる気が出ない…といった風に負のスパイラルに陥ってしまいます。
一橋セミナーの6人制授業では演習の際には講師が教室を歩き回り、生徒の手元を見ての指導ができるので、何ができていないのか・どこで間違っているのかをその場ですぐに指摘・修正することができます。

これは6人制授業だからこそできることです。

ぜひ今日から「途中式」にこだわってみましょう。

先生たちもどんどん指摘・改善を促していきます!