最後に勝てばそれでいい

2022年1月13日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

1月の心得

毎年恒例ですが、2021年の12月25日にはクリスマスプレゼントとして、受験生一人ひとりにお守りとメッセージカードを手渡ししました。

お守り・メッセージカード

勉強しているのに結果が出ないこともありますが、大切なのはどんな状況であれ、最後まで勉強をし続けることです。
今は芽が出ていなくても、最後の最後に第一志望校合格という大輪を咲かせられるよう、追い込みをかけていきましょう!

理社の全国過去問は順調に取り組めていますか?
塾から「やろうね」と言われたことを正しく実行できていれば確実に力は伸びていくはずです。
毎年、この時期の受験生を見ていて感じることは、ここからの頑張りが最後のひと伸び、ふた伸びに繋がるということです。しんどい日々が続きますが、受験まで、共に走り続けていこう!

 

小6生は2月から「中1準備講座」が開講します!
いよいよ中学生内容の勉強が始まっていきます。
毎国Jr.(国語の宿題用教材)は毎国へと進化し、英語・数学・毎国をみっちり学習します。
楽しみに待っていてくださいね!

 

2022年も、生徒の皆さんが来たくなる・学びたくなる、そんなアットホームな雰囲気を目指して講師一同、生徒のために全力で指導にあたります。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

 

「君の」ノート

2021年12月30日

みなさん、こんにちは。
塾長の古川です。

冬期講習会の前半戦が終わりました。
講習会の授業は、「復習演習」が中心です。
どの学年でも、今までに習ったことがある内容を、改めて思い出しながら、問題をたくさん解きます。
かつて習ったはずの知識でも、忘れてしまっている生徒は多いです。
そんなとき、役に立つのは通常授業のノート(中3生の理社なら理王・社王子)です。

ノート

「優秀な」生徒になると、言われなくても演習時にかつてのノートや理王・社王子を取り出して、「あ、載ってる」とかいいながらやっています。
わかんない、覚えてない、と文句をいいつつ、冬休みの教材のちょっとした説明部分を参照しながらやろうとするAくんと、じっくりと自分のノートを見直すBくん
見直したうえに、ノートのさらに書き加えするCさんと、解いた問題の○✖だけつけて満足しているDさん
このようにして「差」はついていくのだなぁと、ひしひしと感じます。

みなさん、「自分のノート」を大切にしましょう
一橋セミナーの通常授業でとっているノートは、そこで使命終了ではありません。
講習会の演習時にも、定期テスト前にも、ノートを利用し、書き加えをし、より完成されたものにしていく
それが将来の志望校合格につながります。

さて、2021年も、暮れようとしています。

今年の一橋セミナーライフは楽しかったですか?

来年も皆さんが楽しく勉強できる塾でありたいです。

よいお年をお迎えください。

前にもやったかも?

2021年12月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

現在、小学生の三者面談期間となっています。日頃の授業の様子は教務日誌にてお伝えをしていますが、伝えたいことは他にも山ほどあります。教務日誌だけでは伝えきれない普段の様子をありのままにお伝えし、皆さんの今後のため、また私たちの指導力向上のために様々な意見交換ができたらと思っています。どうぞ、遠慮なくご意見をお聞かせください。

さて、12月になり冬期講習会が近づいてきました。

中学2年生はこの冬からみっちり5科目学習です!

冬期講習

国数英+理社トレウィンターで、基礎から学び直していきます。

授業時間が増え、大変ですが楽しく学んでいきましょう!

 

中学1年生は苦手克服・既習事項の定着を図る絶好の機会です。

昨日、数学の授業をしていると「あぁ~そういえば前にも言ってたなあ。。」と、とある男子生徒がつぶやいていました。この「なんか言ってたな・やったかも」の積み重ねが大切です。

せっかくの6人制授業ですから、周囲の友人と、この気づきをどんどん生み出していき実のある講習会にしていきましょうね!

 冬期講習会は12月25日からスタートです!

 

受験勉強スタート!

2021年11月20日

こんにちは。塾長の古川です。
昨日は、待ちにまった11月19日でしたね!
新松戸校の中3生の皆さんは、11月19日が何の日か、知っていますね?
そうです。
期末テスト最終日、つまり、皆さんの本格的受験勉強がスタートする日です。

今回の期末テストまでで、入試に使用される内申点に関わる学校のテストは終了です。
今後は、学校の進度・成績を気にすることなく、ひたすら入試本番に向けて、得点力を高める勉強、つまり「受験勉強をしていくことになります。

さっそく、皆さんに、色んな課題を渡しました。

受験勉強課題
今後、毎週2種類ずつ、理社の課題が渡されたり、数学の課題が渡されたりしていきます。
まずは冬期講習会が始まるまでに、問題量をこなすことに慣れていきましょう。

はじめの数週間は、理社を調べながら解くことに慣れず、解くことに時間がかかるかもしれません。

でも、焦らず、じっくりと調べながらやっていきましょう。

冬休み前には、知識も増え、解くスピードも上がっているはずです。

形だけ終わらせても受験勉強ではありません。

「自分のため」「自分の得点力を上げるため」に、じっくりと頑張っていきましょう!

万全の対策で

2021年11月15日

皆さん、こんにちは。岩佐です。
11月の心得

いよいよ今週は決戦(定期テスト)ですね!!

今回もたくさんの対策グッズをお渡ししながら、対策を施してきました!
image0 image2 image3 image0

授業内外でお伝えしている通り、過去問の解き直しは「何度も行う」ようにしましょう。
また、一問一答もただもらうだけでは意味がないですから、呪文のように何回も唱え、頭に叩き込んでください

そして、提出物である「ワークのチェック」も厳格に行いました。
これも一橋セミナーでは何度も指導していますが、「テストの点数が高くても、提出物が出せなければ」通知表が悪くなってしまいます。ですから、一部のマル付けのし忘れやワークの隅々まで念入りに確認をしています。
「そんなところまで…?」と思うかもしれませんが、皆さんのためを思ってのことです。

そんなワークチェックもこの土日で終わりましたし、あとは過去問や一問一答の最終確認をして、万全の状態でテストへ向かいましょう!

合格判定

2021年10月30日

こんにちは。塾長の古川です。

中3生の三者面談では、今までの塾の全国テスト、10月のV模擬などの合格判定も、資料としていて利用しています。

例えば塾のテストではD判定でした。V模擬でもD判定でした。
そんな生徒は志望校を変えるべきなのでしょうか?

合格判定

基本的には、変えるべきではありません。

模擬テストでの合格判定は、目安にすぎません。
本番までは、11月・12月・1月と、まだ3ヶ月以上あります。

15年以上、塾長として受験指導をしています。
毎年感じるのは、11月後半、学校のテストが終了してからの頑張りが、合否をわけるということです。

入試に使われる最後の学校のテストが終われば、あとは受験勉強のみです。
塾の宿題の量・質も変化します。
自分で意識をもって解く問題量も増えていきます。

11月後半からの1日1日を、自分の学力アップのために費やせる生徒は、今の段階の合格判定が悪くても、どんどん成績が上がっていきます。

ですから、強い心を持ちましょう。
最後に大切なのは、○○高校に合格したいという、自分の強い思いです。
思いは人を変えます。

判定を覆しましょう!

トライアルアンドエラー

2021年10月14日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

2学期中間テストも終え、一段落しましたね。

10月の終わり頃からは期末試験に向け、再びテスト対策授業が始まりますが、ひとまずは充電期間といったところでしょうか。勉強は頑張ることも大切ですが、休息とのバランスも重要です。休める時には、一生懸命休み、今後の闘いに備えましょう。

 

英検・漢検の準会場となっている一橋セミナーでは10月に英検(既に終了)と漢検があります!英検受検者には「事前に無料の対策授業」を行いますし、漢検受検者にも「対策プリント・冊子を複数用意」してお渡ししています。テスト対策だけでなく、資格取得に向けて頑張る生徒のサポートも万全です!

英検1次試験合格者には、2次試験の面接練習も予定しています。合格をもぎ取れるよう、一緒に頑張りましょう!

このような任意で受ける試験は、自分に壁をつくり敬遠しがちです。

しかし、高校受験で有利に働くこともありますし、資格を持っていることが自信にも繋がります。

自分には無理だと決めつけずに、「1度受けてみようかな」とまずは気軽な気持ちで挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。

何事もトライアルアンドエラーです!

教務日誌 郵送しています

2021年9月29日

こんにちは、塾長の古川です。

ついに9月も終わりですね。
月末が近づくと、皆さんのご家庭に「あれ」が届きますね

そうです。塾からのお手紙です。
その中には毎月「教務日誌」が入っています

教務日誌とは

生徒の皆さんが、宿題をやってきたか。
授業での取り組みはどんな様子か。
学習理解度はいかほどか。
毎週行う復習テストの点数は何点か。

などなどが記載されている、毎月の「通知表」のようなものです。

教務日誌

この教務日誌が原因で、各ご家庭では阿鼻叫喚の様を呈することもあるとか。。
塾での様子について、教務日誌記載内容をもとに、保護者様から生徒本人への聞き取り調査が行われたりもするようです。

もちろん、一橋セミナーでは、生徒の皆さんを苦しめたくて、教務日誌を郵送しているのではありません

保護者の皆様は、塾の授業を直接見る機会はほぼありません。
そこで、生徒の皆さんの様子をできるだけ詳しくお伝えしたいと、担当講師が記載したものを郵送しているのです。

1回1回の学習の積み重ねが、「学力」になっていきます。
保護者様とも状況を共有しながら、生徒の皆さんの「学力」をあげていきたい。
そのような思いで日々の授業を行い、教務日誌を記載しています。

乱筆、乱文で恐縮ですが、今後とも、教務日誌をよろしくご覧になってください。

ワークチェック

2021年9月15日

みなさん、こんにちは。 岩佐です。

今月の心得

今週末には小金中、27日・28日には小金南中の定期テストが行われます。

新松戸南中は10月なのでやや余裕がありますね。

以前のブログでも登場した一橋セミナー新松戸校オリジナルの対策教材は、今回ももちろん健在で、

理科・社会・国語それぞれの一問一答の配布に加え、過去問もみっちり演習をしています。

また、「通知表」を意識した5科目ワークチェックも実施しました。

中3生ともなると、さすがにきちんと取り組めている生徒が多く、一安心しました。

ワークチェック

一方、中1・中2生は特に中1生で、まだまだワークへの取り組みが甘い人が数名いるようです。

ワークは終わらせることも大事ですが、その先の「繰り返し解く」ことを「継続」すること大きな意味があります。

全然ワークが終わっていないから…と、テスト前にワークを終わらせることだけに必死になっても、

それは試験勉強をしたとはいえません。

また、繰り返し解く際、主に暗記科目については「答えをきれいに書いて覚える」ことは時間の無駄遣いです。

ここで重要なのはきれいに書くことではなく、「覚えること」なはずです。

きれいに書くと、時間を消費してしまうことに加え、きれいに書いたことへの自己満足感が生まれ、大して勉強していなくても、なぜか「やった気」になってしまいます。

暗記するときだけは「字は汚くてもOK!」ですから、自分の目的を見失わないように気を付けましょう!

一橋セミナーのオリジナル対策教材を活用して、自己ベスト目指して頑張ろう!

「オリジナル」教材

2021年8月30日

みなさん、こんにちは。
塾長の古川です。

夏休みも終わりが見えてきましたが、皆さんはこの夏で、どのくらい成長したでしょうか
特に中3受験生は、長時間・長期間の講習会で、勉強時間は今までより確実に増えていることでしょう。
でも、受験までにはまだまだ時間があります。
あと5ヶ月以上ある中で、皆さんにしっかりと活用してほしいのが、一橋セミナーオリジナル教材の「理王」「社王子」です。

今年は教科書改訂により、教科書に載っている内容が大きく変わった年でもあります。
そこで、「理王」「社王子」も、より良いものに改良して、皆さんに配布しています。

ところで、皆さんの理王・社王子は、今どのような状態ですか?
各ページにカラフルな色がついていますか?
書き込みはどのくらいありますか?
めくりすぎて紙がいたんできていますか?

オリジナル教材

50人の中3生がいれば50種類の理王・社王子ができるはずです。
皆さんは、これから入試本番まで、「自分の」理王と社王子を作り上げていきす。
一人ひとりが、自分で工夫して変化をつけた、「自分のための教材」にしていけるからこそ、理王・社王子は最高の「オリジナル教材」だと自信をもっています。

理王・社王子と共に、楽しく勉強していきましょう!