前期中間テスト結果

2021年7月15日

皆さんこんにちは、いよいよ夏間近、夏期講習目前、準備も大詰め!
夢の中でも夏期講習の準備をしていた元嶋です。

やっと前期中間テストの結果が出そろいましたが、今回の結果の一覧表を見ると、正直なところ晴れやかな気持ちにはなれません。
特に、大島西中3年生たちの成績が振るいませんでした。

大島西中3年生5科合計
学校平均299.9点⇒塾内平均364.3点・・・・+64.4点

国・数・英・理・社、各々の学校平均と塾内平均の差が+10点~+15点

数字だけなら、ものすごく悪いというほどではない・・・・のですが、
他の中学の順位を見ると必ず1~2人、学年順位が5位以内に入る生徒がいますし、中1中2では西中でも成績上位の生徒がいましたが、残念ながら今回西中の3年生で上位に食い込める生徒がいませんでした。

西中の3年生は今回のテストで全体の58%のみが順位を上げているというビミョウな結果で、ふだん学年順位が1桁になる生徒たちが得点をとれず、学年で真ん中ぐらいの成績の生徒の中には大きく順位を落とす生徒もいました。

test_print_gakkari_schoolgirl

もちろん、常に順位が上がるほど定期テストは甘いものではありませんが、今回の成績は正直予想外で、反省すべき点が多い結果です。

大島校内にどこかのんびりした、油断した空気が流れていたのだと思います。
大島西中3年生の皆さん、成績を取らせてあげることができず、本当に申しわけありませんでした!

もちろん、生徒たち自身の油断もあったと思いますが、それを引き締めて、点数を取らせるのが塾の役目、今回の結果は役目を果たせなかったと反省しています。

いよいよ夏期講習です。
次のテストに向け、そして入試に向けて、生徒たちが気合タップリで集中して勉強に向かえるよう、私自身改めて気合を入れなおして、教室の雰囲気を引き締めにかかりたいと思います。

夏期明けの前期期末テストでは必ず挽回します!!

生徒の皆さん、一緒に夏期講習頑張りましょう。

定期テストの点数の考え方

2021年7月1日

みなさんこんにちは、本格的に梅雨がやってきましたね。

ここ数日、天気予報に振り回されている元嶋です。
・・・・3つ以上のアプリ&テレビの天気予報で雨が降らない予定だったのですが・・・・
なぜ・・・・(TへT)

大島校では中学生の定期テストが終わり、いよいよ小学生の定期テストが今週末に控えております。

小学生の定期テスト?と思われる方にご説明。
一橋セミナーでは中学生になり、定期テストに向けた勉強の仕方で困らないように、また、定期テストの大切さを身をもって学んでいただくために、小学5,6年生には塾で勉強した内容の復習テストを定期テストとして実施しています。

ちなみに、この小学生定期テストは、
定期テストの範囲の張り出し
定期テストまでの課題(宿題)
対策授業など
中学校の定期テストさながらで行われます。

ただ、毎年感じているのがその意識の差は大きいなぁということ。
もちろん、小学生定期テストを経験している生徒と経験していない生徒では、中学1年生になった時の意識に差はあるものの、やはり実際に中学校の定期テストを受けて、その緊張感、厳しさ、重要さを身をもって体感しないとわからない部分が多くあります。
中学1年生と2、3年生ではその意識の差は歴然です。

特に差が出るのは点数に対する考え方

test0 test100

中学1年生のころは、何点取れたかだけにこだわりがちですが、2年生、3年生になると平均点と順位についても強いこだわりを持つ生徒が増えてきます。

元嶋も普段から「もし90点取ったとして、平均95点のテストだったらどうする?それって点数悪いってことでしょ。」と生徒の皆さんにも話していますが、得点だけに目を向けてしまうと自分がどれぐらい出来ているのかを勘違いしがち、とても大切な視点です。

今回の前期中間テストの結果はまだ、すべての中学校で出ているわけではありませんが、

二大中の
Aくん 2位
Bさん 3位
Cくん 4位
と好成績を残してくれました。

特にA君は
5教科合計470点以上!
5教科平均94点越え!!

はじめ点数だけ聞いたときは、1位では!と思いましたし、Aくん自身も1位をとれたのではと感じたようですが、残念ながら2位

さらに四砂中のDさんも470点を超えていたのですが2位・・・・

二人とも順位の報告に来てくれた時は何とも悔しそうでした。

この辺りが、順位の大切さ、逆にこの点数で2位になったことは2人にとっての刺激になったと思います。
(日ごろから本当によく頑張っている2人ではありますが)

勉強そのものも大切ですが、その指標となる点数や順位も大切な要素、中学生はもちろん、小学生たちにもこの考え方、感覚はしっかりと身に着けてもらいたいと思います。

小学生の皆さん!定期テストまであとわずか!
一緒にがんばりましょう!

前期中間テストが終われば、いよいよ夏期講習です!

2021年6月14日

みなさんこんにちは

関東は遅い梅雨入りとなったようですね。
自転車大好きな元嶋としては、ちょこっと憂鬱な季節です。

さて、ただいま大島校は前期中間テスト真っただ中、生徒たちは頑張っている真っ最中です。
我々講師陣はできる限りの対策を行い、後はみんなの頑張りを祈るばかりです!

とはいえ、のんびりしているわけではありません。
中間テストが終わると、あっという間に夏期講習!

一橋セミナーは日々進化する塾です!!
今年の生徒に合わせること、昨年より良い講習にすることを目標に、全ての講師が夏期講習に向けて入念なプランを練っている真っ最中です。

塾生の皆さん、去年とは一味二味も違う夏期講習になる予定です、楽しみにしていてくださいね!

S__77070358

そして、もし、このブログをお読みいただき、一橋セミナーに興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、なるべく早めのお問い合わせをお願い致します。

実は、ただいま大島校はどの学年も大変多くの生徒の皆さんに通塾していただいており、特に中学3年生、中学2年生、中学1年生、小学6年生はすでに、夏期講習の残りのお席が数名程度となっています
お席の確保は先着順となりますので、夏期講習をご検討いただいている方は早めにお問い合わせください。

中学生第1回三者面談実施中

2021年5月31日

DSC_2030

塾長の松鵜(まつう)です。

5月18日(火)から中学生第1回三者面談を実施させていただいております。

お忙しい中、貴重な時間を割いていただき、心から、感謝を申し上げます。

「わざわざお越しくださり、本当にありがとうございます!」

※中学生三者面談は6月11日(金)までです。予定が非常に混んでおりますので、これから三者面談をご希望になる場合には、前期中間テストが終了した後に特別にお時間をご用意させていただくことになってしまうと思います。ご容赦ください。

三者面談を行っていて、いまさらながら実感してしまうのが「6人制ってやっぱりいいよね!スゴイよね!!」ということです。

「何を自画自賛しているの!?」と笑われてしまいそうですが、本当にそう思っています。

先日ある三者面談でいつも通り各担当の先生からのコメントを紹介していましたら、お母様がものすごい勢いで首をたてに何度もふられたあとに、感情のこもった声で「まったく、私の思っている通りで、納得してしまいました。やっぱり、この子はそういうところがあるんですよね!?」とおしゃっていました。6人制なら15人や20人の大人数授業とは違い、生徒一人ひとりを細かく見られます。各先生方からのコメントには「途中式をもう1行増やせば計算ミスがなくなります。」「相変わらず字が薄くて小さいです。」「自分はできないと思い込んで、あきらめがちですが、そんなことは全くないです。」というようなノートの内容から生徒の性格にいたるまで、こと細かにふれられています。

また、1対1や1対2の授業とは違って、良い意味で他の生徒との比較ができます。各先生方からの「毎週の確認小テストの成績がクラスで一番です。」「他の生徒と比べるとスピードが若干遅いです。」というようなコメントでも明らかです。

さらに、現在中3生は9クラスありますが、「○○さんはいま、上から3番めのクラスにいます。過去の経験から言うと第一志望の城東高校に合格するには問題ないクラスですが、油断しないでもう1つ上のクラスに上がれるように次の定期テストや塾の進路判定テストで結果を出しましょう!」というように完全能力別の細かいクラス設定が進路指導においても「どのレベルのクラスにいれば、どの高校までを目指せるか」を明確にお伝えすることができるわけです。

やっぱり一橋セミナーの6人制はいいと思います!(何度も自画自賛をしてすみません。)

毎回、「不満があったら、なんでもおっしゃってください。何でも受けとめて、改善させていただきます。」とお伝えしておりますが、今のところ不満をおっしゃっていただいたのはある生徒から、1名のみです。(「授業スピードが速くて理解する前に進んでしまうことがある。という内容でした。面談後すぐに担当講師とミーティングをもちました。)面談の場ではご本人を前に言いづらいこともあるかもしれません。お電話でも、メールでも結構ですので、何かありましたらささいなことでも、遠慮なくお伝えください。

これから三者面談の方は改めてよろしくお願いいたします。

6月17日(木)からは小学生三者面談を始めます。[申込締め切りは6月15日(火)です。]教室でひさしぶりに保護者様とお会いできるのを楽しみにしております。

 

前期中間テストが近づいてきました!

2021年5月16日

皆さんこんにちは。
春かなと思ったらすでに汗ばむ陽気、なんだかが短かった気がする元嶋です。

ゴールデンウィークが終わり、いよいよ新学年も本格始動、中学1年生にとっては新しいことがめじろおしの時期がやってきました。

このような状況下なので、例年通りとはいかないようですが、部活や委員会などについても生徒たちから話が漏れ聞こえてきます。

そして、6月には中学生たちのビッグイベントが控えていますね!

前期中間テストです。

school_test_seifuku_girl

中学1年生にとっては初めての定期テスト。

以前もこのブログで書かせていただいていますが、この「初めての・・・」というところがポイントです。

多くの1年生たちに小学校の頃のテストのイメージが強く残っています・・・ちがうんです!

小学校のテストが重要ではなかった、難しくなかったというわけではないのですが、学校全体で一斉に行われる中学校の定期テストは範囲も難易度も雰囲気も小学校とはやはり違います。

小学校から一橋セミナーに通ってくれている生徒の皆さんは、一橋セミナーの基本科定期テストを受けているので、準備の大変さはわかっているようなのですが、やはり本当の意味でその雰囲気、重要性は肌で感じるまでわからないもののようです。

大島校では近隣の中学校の定期テストが目前、大島西中や第二南砂中は4週間前、第二大島中や四砂中などは3週間前になります。

つまり、いよいよ塾も、定期テスト対策期間に入ります。

普段は予習を進める通常授業も復習に切り替え、日曜日には学校ごとに理社の特別対策授業を行いますが、その中で、テストに向けて学習内容を徹底的に身に着けてもらうのは当たり前、生徒の皆さんにテストに向けての心構えを伝え、モチベーションを上げることも我々にとって重要な責務です。

先生たちは来週からいつもより真剣さがレベルアップします。
生徒のみなさん、特に1年生の皆さん!その真剣さを肌で感じてください。
きっと、定期テストの大切さ、大変さが分かると思います。

とはいえ、不安になる必要はありません!
もちろん、塾長松鵜はじめ全講師が皆さんをバックアップします!
納得いく点数が取れるように、一緒にがんばっていきましょう!

 

なお、ただいま非常に多くの生徒の皆さんにご通塾いただいており、中学生はどの学年も定員生徒数まで残りがわずかとなっております。
一橋セミナーで定期テストを受けたい!熱いエールを受けたい!という方はお早めにお問合せください。

 

ゴールデンウィークの課題

2021年4月28日

皆さんこんにちは、元嶋です。
さて、世間はゴールデンウィーク、大型連休ですがこのような状況下、仕方がないとはいえどこにも行けずがっかりしている生徒はいませんか?

こんな時こそ勉強です!

元嶋も今年のゴールデンウィークは予定がぜ~~んぶなくなってしまったので、自分の勉強の時間に充てようと思っています。
何の勉強をするのか知りたい人は元嶋まで直接聞きに来てください。
(ここに書くと説明が長くなりすぎてしまうので・・・・)

暗記や計算力の向上は反復練習が一番の近道です。
毎日毎日チョコチョコちょこちょこ練習をするのが大切ですが、逆にこういった沢山時間があるときに、時間をかけてじっくり取り組むことで、自分の中で体系立てて知識を作り上げることも大切な勉強です。

今回のゴールデンウィークはそんな時間をかけて、丁寧にする勉強にはもってこいじゃないですか?
中学生は休み明けには前期中間テストが待ち受けています。
ますます、このゴールデンウィークを無駄にはできませんね!

こんな話をしていると、「なにやったらいいかわかんない!」という声が聞こえてきます。

そこで、一橋セミナーでは毎年ゴールデンウィークに特別課題を用意しています。

S__76201992
↑こちらがその課題たちです。

 

S__76201991
小学生のみんなには、このゴールデンウィークで前学年の算数の基本を総復習してもらいたいと思い、GW特別版5日間勉強を作りました。

今年度の勉強につなげるために、じっくり思い出しながら解いてみてください。

※5日間勉強とは:一橋セミナーの名物宿題の1つ。小学生の皆さんが塾の授業でも、学校の授業でも学習を終えた内容を復習するためと、毎日の自宅学習の習慣をつけるための、算数と国語1日1枚ずつの宿題です。

 

中学1,2年のみんなには、数学、英語はもちろん、ついつい後回しになりがちな、理科・社会の復習課題も用意しました。

S__76201990
中学1年生のみなさんは、これから中学の理科・社会を学ぶ上で小学校の理科・社会はとても重要です、復習には本当に良い機会だと思います。

S__76201989
中学2年生のみなさんに出す理科・社会の宿題は、実は中学3年生になると毎週課題として出される1年生、2年生の理社復習課題から作りました。
もちろん2年生の皆さんができる範囲を抜粋しています!
一橋セミナーでは受験準備は2年生から始まります。今回はその第一歩、受験生の意識をもって取り組んでください。

 

毎週恒例の毎国も忘れずに!
※毎国とは:一橋セミナーの名物宿題の1つ。生徒の皆さんに家で国語の問題を解いてきてもらい、それを先生が確認、上手くとけていないところをアドバイスする、交換日記のような宿題です。

 

中学3年生のみんなにも、もちろん英・数・理・社&毎国の全5教科の宿題
S__76201987

さらに中学生の皆さんは5月9日(日)に進路判定テスト、学力診断テストが控えていますので、その対策問題集Aパル、Bパルもあります。

盛りだくさん・・・・・のように見えますが、塾は4月29日(木)~5月5日(水)の丸々1週間お休みです。
決して多くはありませんよ。

特に、中学3年生の皆さん。実はここから先じっくりと復習をする機会は本当に少ないです。
ぜひ、今回のゴールデンウィークは受験勉強の土台を作るつもりで腰を据えてがんばってみてください。

もし、「宿題が足りません!」という人がいたら、ぜひ元嶋のところまで来てください。
どんな勉強をすべきか、じっくりと説明いたします!

生徒のみんなの頑張りに感動!

2021年4月17日

皆さんこんにちは、元嶋です。

三寒四温の振れ幅が大きくて、通勤時の服装に困っている元嶋です。

コートを着ていくか着ていかないか・・・・・それが問題です。

さて、4月になりいよいよ学校も新学年スタート、
一橋セミナーも4月からはクラス替えもあり、新たなクラス、あたらしい担当の先生になりました。

とはいえ、長年通ってくれている生徒が多いため、同じ顔合わせ、以前担当していた生徒と再び出会うこともしばしばです。

今期、元嶋が担当する生徒の中にもそんな生徒が数名いましたが、1年、2年、3年・・・と生徒を見ていると、「成長してくれているな~」と実感して感動させられる瞬間があります。
今月から、1年ぶりに授業を担当するAくんという小学6年生の生徒がいます。
このAくん、実は入塾したばかりの4年生のころはグランプリというテスト大会で100点中50点ほどしか取れない、勉強の苦手な生徒でした。

※グランプリとは―― 一橋セミナーで講習会ごとに行われる、小学生は計算50問・漢字100問、中学生は計算50問・英単語100問のテスト大会。
講習会中に毎日課題を進めて、その成果を競う、一橋セミナーの名物行事の一つです。

このAくん、今回の春期講習のグランプリで計算96点、漢字97点という立派な成績を取ってくれました。

講習会中の課題を毎日コツコツしっかりと進めてくれたのももちろんですが、普段から授業をしっかりと受けてくれて、宿題をしっかりとやってくれている成果が表れているな~と感心しています。

一橋セミナーの生徒は講習以外の通常期に、週に2回の算数・国語の授業で担当の先生から宿題が出され、さらに「5日間勉強」という毎日20分程度進める宿題も出されます。

通常授業は学校の予習、5日間勉強は学校で学習を終えた復習の内容になっており、決してボリュームは少なくありません。

さらに、授業前のトレーニングタイムと呼ばれる20分ほどの自学の時間には漢字の練習や、算数の復習を進めるなど、くり返しくり返し練習を積んでいます

これらの勉強をコツコツと進めるのは大変だろうと思いつつも、がんばれ!がんばれ!っと思いながら授業を進め、宿題を出しているのですが、これらが彼らの中に根付き、成果を出した瞬間に立ち会った瞬間は、
塾の先生でよかった!!と心底感動します。

実は、今月もうひとり、元嶋を感動させてくれた生徒がいました。

Bさんという、昨年度から元嶋の算数のクラスにいる生徒で、4月からも元嶋が算数を担当している生徒なのですが、このBさんが、毎月末に行う「月イチテスト」で100点を取ってくれました。

※月イチテストとは―― 今年度から始まった月に1度、その月に5日間勉強で復習した内容を最終的に確認するためのテスト。本当に定着しているかが試されます。

このBさん、実はものすごく算数が苦手で、今までのテストでもなかなか良い点数が取れず、お母さまからも「○○の単元が苦手なようなんですが」とよく相談を受けていた生徒でした。
それも、今回の月イチテストの内容は分数の計算に、小数の計算、図形の問題と苦手な生徒が多い物ばかり。
そこでBさんが100点!

test100

少しずつ、理解を積み重ね、練習を積み重ねて力がついてきているのは感じていたのですが、100点とは!!
思わず目がしらが熱くなってしました。

2人とも何よりすごいのは、努力を積み重ねて成果をしっかりと出しているところ!
私たちの指導を信じて頑張ってついてきてくれたことに本当に感謝です。

さぁまだまだ4月、今年度はあと11か月も残っています。
みんなと一緒に感動できるように今年度も全力で頑張っていきますので、生徒の皆さん!しっかりついてきてくださいね!!

 

春期講習開催中!目的をもって頑張ろう!!

2021年3月31日

皆さんこんにちは、花粉症で声がガラガラしている元嶋です。

通勤時に自転車が楽しい時期になりました。
桜の花びらが舞う通勤路は何とも心が躍ります。
のためなら花粉症も我慢できます!

さて、そんなが咲く時期になるとやってくるのは春期講習会

一橋セミナーはただいま春期講習の真っただ中。
本日、大島校は春期講習の前半戦最終日でした。

春期講習の目的はもちろん新学年に向けての準備!
前学年の総復習をしていきます。

みんな頑張ってほしいのは同じなのですが、特に西中の新2年生の皆さん!
がんばりましょう!!

というのも、後期期末テストの結果が

英語 学校平均51.8点→塾生平均74.6点 +22.8 (前回比-5.7)
社会 学校平均51.3点→塾生平均71.9点 +20.6 (前回比±0)
理科 学校平均86.1点→塾生平均66.2点 +19.9 (前回比-4.6)
5科 学校平均388.2点→塾生平均287.8点 +100.4(前回比-7.1)

学校の平均点との差を見れば、一見よさそうに見えるのですが、問題は前回比
つまり、学校内で見ればできると感じてしまいがちですが、過去の自分と比べると・・・・
残念ながら下降曲線を描いている人が少なくはありません。

前回の点数が良すぎるぐらい良かったから・・・・・という理由はあるにせよ、それはそれ!
元嶋も得点を取らせてあげられなかった責任を重く受け止めています。
みんなごめん!!

元嶋も全力全開で指導に当たります!
一緒にがんばって、過去の自分に打ち勝ちましょう!

fac7360fcbf51e960a9d3bbe74efd183

さらに、新3年生の皆さんにも頑張ってもらいたい!
逆の意味で!!

二大中の新3年生たちは前回のテストで大躍進!

Aくん 9位
Bさん 8位
Cくん 4位
そして
Dくんは何と1位

trophy_boy

1桁順位に届かなかった生徒も、5位アップ、10位アップと言った生徒が沢山、
85%の生徒が順位をアップさせています。

この伸び盛りの時期を逃す手はありません!
思いっきり頑張りまくって、更なる飛躍をめざしてください!

もちろん、こちらも元嶋は全力全開でバックアップします!!

ここに書いてない学校、学年の皆さんも反省点や伸ばしたい点がいろいろあると思います。

折り返し地点!
講習会に慣れ始めるところですが、ここでグッと気を引き締めて、目的意識をもって授業に向かってください。
まずは、春期講習会明けに控えている塾内模試英単語・計算グランプリ
さらに、そのあとに控える前期中間テストに向けて一緒にがんばりましょう!!

 

 

入試結果2021

2021年3月5日

今年の都立一般入試の第1志望合格率は、95%超!

都立推薦と私立も含めた第1志望合格率も95%超!!

3年連続で第1志望合格率95%超を達成!!!

(改めて、一橋セミナーは合格率に、徹底的にこだわります!)

塾長の松鵜(まつう)です。

3月2日(火)に都立一般入試の合格発表がありました。

小松川(大島西中)・三田(二砂中)・城東5名(大島西中3名・二大中2名)・上野2名(大島西中・二大中)・白鷗(砂町中)・江戸川(二大中)・深川3名(二大中・二南砂中・二砂中)・産業技術高専2名(四砂中・二南砂中)・東4名(大島西中3名・二南砂中)など、本当に厳しい倍率を乗り越えて、今年もほとんどの生徒が第1志望合格を勝ちとってくれました!(100%合格まであともう一歩!でした。)

今年はコロナ禍で本来のカリキュラム・指導が十分にできたとは言えない中での圧勝劇!VもぎでD判定・E判定からの奇跡的な逆転合格も複数出ました。大変な1年間を乗り越えての第1志望校合格・・・

みなさん、本当に、ほんとうにおめでとうございます!そして、ありがとうございました!!

一橋セミナーにはさまざまなレベルの生徒が、「自分にとって1番の高校」の合格を目指して通塾しています。ですから、私たちの誇りは「上位校の○○高校に何名合格させたか」ではありません。

「圧倒的な合格率」もともと○○高校に届きそうもなかった生徒を何名も合格にまで引き上げられたこと」が私たちの誇りです。

昨年のブログでも書きましたが、本当は「奇跡的な逆転合格」なんて自慢できることではありません。最後まで余裕をもって合格にたどり着くことが一番良いに決まっています。余裕がなければ直前になって志望校を下げることにもなりかねません。次の新中3生には今度こそ「100%合格」「余裕で合格」を達成させてあげたいと改めて強く決意をしました。

ただし、今年も全員合格とはいきませんでした。惜しくも届かなかった生徒が最後まであきらめずに、全力でがんばっていたことを知っているので、心から申し訳ない気持ちでいっぱいです。(お母様からは「塾のせいではありません。縁がなかったんだと思います。こんなにしてもらったのに合格できなくて申し訳ないです。」とおしゃっていただきました。泣きそうになりました。)がんばった経験は無駄にはなりません。高校でも、社会に出てからも、必ず活きてくるものだと思います。胸を張って高校生活をおおいに楽しんでください。

保護者の皆様、一橋セミナーを、塾長松鵜を、講師を信頼して最後まで通わせていただきまして、誠にありがとうございます。

卒業生の皆さん、今年も「卒業を祝う会」ができなくてごめんなさい。皆さんはコロナ禍のせいで、ぜったいに忘れられない世代になりました。またどこかでお会いしましょう。

卒業生と保護者の皆様の健康とこれからのますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。

本当に、心から、何度でも、「ありがとうございました!」

2020年度最後の理社勉強会!

2021年2月27日

皆さんこんにちは、元嶋です。
春の陽気から、冬の陽気へとジェットコースターのような気温変化に体調をくずしてはおられませんか。

元嶋の元は元気の元!
元嶋は、いつも元気です!

さて、今年も早いもので、2月も終わり、いよいよ新学期の3月がやってきます
(一橋セミナーは学校より一足早く3月に新年度を迎え、新学年の学習をスタートいたします。)

2月は「今年度最後の○○」の連続!

「今年度最後の三者面談」「今年度最後の授業」「今年度最後の定期テスト」いろいろな「今年度最後の○○」がありましたが、今日は「今年度最後の小5,小6理社勉強会」でした。

この理社勉強会は
中学生になってから理科・社会で苦戦する生徒をたくさん見てきた松鵜塾長が、小学生のうちから理社に触れて、中学校での苦労を少しでも減らせるようにと考えた月に1回の、理科・社会の特別無料授業です
※現在は通塾回数を極力抑えるために、オンラインで授業を行っております。

B13DB9EC-F8E7-482E-B67F-977E756C7C852

 

今日は年度最後の理社勉強会だったので、5年生は6年生に、6年生は中学1年生につながるように、いつもより掘り下げて、プラスアルファの内容にも触れました。

ちょっと難しいかな~~~と思っていたのですが、みんな一所懸命に話を聞いてくれて、元嶋が質問すると頭をひねって考えている様子が画面を通してもありありとわかるぐらい!
とても頑張ってくれました!!

6年生のYさんに至っては、質問の答えがのど元まで出ているのに思い出せなくて頭を抱えるほど!
正解するとガッツポーズをする生徒も‼

オンライン授業でも素晴らしい授業姿勢に感心、感動しながらの授業でした!

6年生の皆さん、いよいよ中学生ですね!
準備はいいですか?

勉強の準備は今まで一橋セミナーでしっかりと整えてきました!

あとは、気持ちの準備をバッチリしてください!!

もしも「中学生になるのはふあんだ~」という人がいたらいつでも相談に乗ります。
松鵜先生か元嶋のところに相談に来てくださいね。