お盆休みの過ごし方

2022年8月2日

塾長の上田です。

 

毎日暑いですね。

溶けてしまいそうです。

一橋セミナーでは、8/7(日)~8/17(水)がお盆休みです。

(学年によっては、少し日程が異なります)

生徒のみなさんも私たち先生も、もうひと踏ん張りです!

 

 

お盆休みは学校の宿題を終わらせるのにちょうどいい期間ですが、一橋セミナーのお盆休みは11日間もありますので、他にもいろんなことができそうですね。

この期間をどう過ごすのかがものすごく大切なのです!

そこで、一部の生徒たちには、塾から特別課題を出しちゃいます!

受験が近い中学3年生にはもちろん、中学2年生の躍進コースや、小5,6の中高一貫ブリッジコースのみなさんにも課題を用意しました。

IMG_20220802_115621

 

躍進コースというのは、少し学力が高いコースです。

躍進コースのみなさんに、育伸コース(普通の学力)のみなさんと同じ量の宿題を出したらどうなるでしょうか。

もちろん、躍進コースの生徒たちは、あっという間に宿題を終わらせてしまいますね。

それは不平等だし、何より躍進コースのみなさんのためになりません!!

だから、一橋セミナーの躍進コースは、ちゃんと宿題が多いのです!!

 

小5、小6の中高一貫ブリッジコースは、都立中高一貫校や適性検査型の入試を実施している私立中学を目指すコースです。

小学生とはいえ、立派な受検生だと思っていますので、きちんとお盆休み課題を用意しました。

適性検査に対応した内容にしてしまうと、自宅学習では難しすぎますので、基本的な国語、算数、理科、社会の内容にしてあります。

小6のみなさんは、10月くらいから適性検査(入試)の過去問を解き始めます。

その前に、しっかりと基礎学力を身に付けましょう!

 

中学3年生のみなさんには、課題の冊子を3~4冊くらい用意しています。

「学校の宿題もあるのに」と言われますが、受験生らしくて良いことです。

塾生たちには、2学期の定期テストへ向けて学校のワークも進めておくように伝えてあります。

 

 

お盆休みをどう過ごすのかによって、学力に差がつきます。

せっかくの夏休みですから、勉強や部活、遊びのバランスをしっかりとって、有意義に過ごしてください。

ダラダラ過ごすのだけはやめましょう!!

 

 

 

合格おめでとう!

2022年7月23日

塾長の上田です。

 

先日、2022年度第1回の英検の結果がわかりました。

一橋セミナー瑞江校 2022英検①

今回も多くの生徒が合格して、ほっとしています!

準2級や3級の合格者が多くて素晴らしいです!!

2次試験対策をした中田先生が「○○くんがちょっと……。」とか、「△△さんは無理かもしれません……。」とか言っていたので、一時はどうなるかと思いましたが、ふたを開けてみれば2次試験は全員合格!

何とかなるものですね!

合格者のみなさん、おめでとう!!

そして、不合格者のみなさん、次回こそは!!

 

今年度から、中3のみなさんは都立高校入試にスピーキングが導入されます。

すでに一橋セミナーでは、スピーキングの対策授業や模擬テストを行っています。

面接官ではなく、タブレットに向かって話さなければならないことに、戸惑う様子が見られますが、これに関しては“慣れ”です。

たくさん練習すれば、違和感なく取り組めるようになると思います。

特に英検をがんばったみなさんは、2次試験の勉強で身に付けたことが役立ちますから、自信をもってスピーキングの練習に励みましょう!

 

 

本日、駐輪場の草むしりをしていたら、ご近所の方が声をかけてくださいました。

「暑いのに大変だねぇ。あなた夜も遅いでしょう?がんばってくださいね。」

少し立ち話をしたのですが、がんばっていることに気がついていただき、声をかけていただけたことが、大変励みになりました。

そして、たったこれだけのことなんだなと思いました。

私も生徒たちの様子をよく見て、たくさんの声をかけてあげなければならないと、改めて気づかされた出来事でした。

 

それにしても、雑草って、なんであんなに元気なんですかね……

 

 

 

積み重ね

2022年7月14日

塾長の上田です。

 

今年度は例年に比べて中学校の期末テストが2週間ほど遅かった影響で、7月中旬になっても三者面談が続いております。

そんな中、今回はある生徒の変化に驚きました。

 

その生徒は中1で、初めての定期テストを終えたばかりです。

小学生のころから一橋セミナーに通ってくれていますが、本人も正直に「勉強は嫌い」と言っています。

一橋セミナー瑞江校 積み重ね

勉強があまり得意ではないこともあって、なかなか前向きにはなれず、今回の定期テストも大変心配していました。

ところが、三者面談で結果を聞いてみたところ、ほとんどの科目で平均点を超え、80点くらいの科目もチラホラ……。

詳しく聞いてみると、学校から出された課題(宿題)は早めに終わらせて、内容を覚えようと教科書を読んだりノートに書いたりしたとのことでした。

テストが終わったあとは「次はもっとがんばりたい」と言っていたそうです。

さらに、塾がない日は土日も含めて毎日30分の勉強をするという約束を今も続けているそうです。

 

目の前に座っているのが別人ではないかと思うほどの成長ぶりに、本当に驚きました。

そして、本当に本当にうれしいお話しでした。

『毎日コツコツ』というのは、言うのは簡単ですが、もっとも実行が難しいことだと個人的に思っています。

それを勉強が嫌いな生徒がやってくれていることに感動すら覚えました。

一橋セミナー瑞江校 積み重ね②

これからもぜひがんばってください!

 

 

※階段のご利用について

セーフティメールでもお伝えしているとおり、下記の日程で階段の工事が行われています。

7月11日(月)~7月22日(金)

午前9時~午後4時(土曜日:~午後2時)

日曜・祝日は工事を行いません。

工事中は階段を利用できませんので、エレベーターをご利用ください。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

夏期講習会の準備

2022年6月24日

塾長の上田です。

 

夏期講習会のスタートまで、残り約1か月です。

 

昔は「夏は受験の天王山!」なんて言われていましたね。

「天王山」というのは、現在では勝負の分かれ目を表す言葉で、かつて京都の天王山を舞台に繰り広げられた『山﨑の戦い』が、その由来のようです。

一橋セミナー瑞江校 2022夏期講習会の準備①

山崎の戦いは、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀の戦いです。

 

夏休みの大切さは今も昔も変わりません。

中学生だろうと、小学生だろうと、こんなにたくさんの復習ができる機会は他にないからです。

みなさんにとって、より良い講習会にするために、私たちも着々と準備を進めております!

 

ですから、生徒のみなさんもぜひ『夏期講習会の準備』を進めてください!

「準備?宿題ですか?」と、いう声が聞こえてきそうですが、違います。

一橋セミナーがちょっと多めの宿題を出すのも、それをみなさんがやるのも当たり前のことです。

 

夏期講習会の準備とは、それ以外の勉強のことです。

これまでの復習を自分でやってみてから夏期講習会を受けると、学習効果が倍増します。

小学生のみなさんは、算数がお勧めです。

中1,2のみなさんは、英語や数学がいいでしょう。

中3のみなさんは、理科や社会をがんばってみましょう。

一橋セミナー瑞江校 2022夏期講習会の準備②

がんばったあなたには、塾長ポイントをあげちゃいます!

(※そんなポイントはありません)

 

「そう言われても、どうやればいいのかわかりません。」なんていう人は、考えすぎです。

いつも学校や塾で使っている問題集やドリルがありますよね?

それをやってみればいいだけです。

そのために塾ではテキストへの書き込みを禁止しています。

上手く活用してください。

 

何事も「準備」が大切です。

みんなでよい夏期講習会にしましょう!!

 

 

テスト範囲表をよく見よう

2022年6月5日

塾長の上田です。

 

中学校で1学期期末テストが行われるシーズンとなりました。

今年は学校ごとに日程がずれているので、瑞江二中のみなさんはすでにテスト直前です。

 

中学1年生のみなさんにとっては、初めての定期テストですから、「右も左もわからない」という状況の生徒も少なくありません。

一橋セミナー瑞江校 2022定期テスト①

そこで、一橋セミナー瑞江校では、定期テスト対策授業の日に「チェックタイム」という時間を設けています。

チェックタイムでは、学校から出された宿題(ワーク、プリント、ノートなど)の進み具合をチェックしています。

英語や数学のような主要科目だけではなく、音楽や美術のような実技科目もチェックを行います。

これをやってみると、学校の課題をほとんど進めていない生徒がいることに気がつきます。

特に中学1年生の場合、「えっ?これやらないといけないんですか!?」みたいな反応をする生徒もいるのです。

なぜそう思ってしまったのかは、私にもわかりませんが、とにかく毎年のことです。

 

やはり、今年も同じことが起こってしまいました。

学校でもご家庭でも塾でも「ちゃんと進めてる?」「提出するんだからね」と言われているはずなのに……。

この状況を放置することはできませんので、ほとんど進んでいない生徒は呼び出しをして、塾で取り組んでもらっています。

一橋セミナー瑞江校 2022定期テスト②

 

本日も何人かの1年生が塾で学校の課題に取り組んでいました。

 

 

また、瑞江校では「提出物以外のもの」もチェックを行っています。

学校で配られるテスト範囲表には、たくさんの情報が書かれています。

中には、テスト範囲として載っているのに提出ではないものもあるのです。

範囲として載っている以上は必ずやるべきなのですが、生徒たちは「これは提出じゃないんで、やらなくていいやつです」と、口をそろえます。

もちろん、このような生徒たちも居残りや呼び出しでしっかりやらせます!

 

 

テスト勉強のコツは、まず「テスト範囲表をよく見ること」です。

一橋セミナー瑞江校 2022定期テスト③

学校の先生方が不要なことを書くわけがありません。

むしろ、何をすればいいのかを書いてくださっています。

「教科書○ページの問題をよく見ておくこと」のようなヒントが書かれている場合もあります。

テスト範囲表に載っているものはすべて取り組まなければならないのです。

だから、まずは「何をしなければならないのか」を把握してから勉強に取り組みましょう。

 

 

 

三者面談スタート

2022年5月20日

塾長の上田です。

 

今週から小6と中3の三者面談が始まりました。

(他の学年は6月に予定しております)

生徒のみなさん!

“三者”面談です!

みなさんも立派な参加者です。先生はみなさんの意見も聞きたいのです!

「この前の算数の授業わからなかった」とか「学校のテストで悪い点数をとってしまった」とか、何か困っていることがあればぜひ教えてください。

それを解決するために話し合いをするのが三者面談なのです。

(もちろん良い話題もたくさん聞きたいです。)

 

そして、三者面談後に最も大切なのは、「よし!がんばろう!」と思ったその気持ちを見逃さないことです。

一橋セミナー瑞江校 2022春の三者面談2

「鉄は熱いうちに…」などと言いますが、まさにソレです!

一橋セミナー瑞江校 2022春の三者面談

タイミングを逃さなければ、必ず変化が生じます。

自分自身のやる気を見逃さないようにしましょう!!

先日も面談のあとすぐに学校のワークに取り組んだ生徒がいました。

「国語と理科のワーク終わらせました!」

晴れやかな表情で素晴らしかったです!!

 

 

保護者の方々に置かれましては、お忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。

ご要望やご質問などございましたら、遠慮なくお話しください。

よい面談ができるように万全の準備をしてお待ちしております。

三者面談の前に、内容の打ち合わせなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

英語の学習

2022年5月14日

塾長の上田です。

 

春は1年で最も多くの体験生、新入会生をお迎えする時期です。

塾に通うのが初めての生徒もいますし、他の塾から転塾してきた生徒もいます。

そのようなみなさんは、ヤル気に満ち溢れていて、学ぶ姿勢は素晴らしいです。

 

しかし、一橋セミナー初心者ということもあり、まだまだ勉強の仕方が下手な生徒が多いです。

例えば、英語!

一橋セミナーでは、授業中も宿題も、とにかくノートに書きこみます。テキストには書きこみません。

しかも、ノートに書くのは解答の箇所だけではなく、英文を全て書き写します。

大変ですね。

めんどくさいですね。

 

でも、そのルールにはちゃんと意味があります。

普段から英文をしっかり書いていると、少しずつ英語の語順に慣れてきます。

すると、問題を解くときにもったいない間違え方をすることが減ってくるのです。

 

よく考えてみてください。

英語を話すことができる人たちが、いちいち文法を思い出しながら話すでしょうか。

一橋セミナー瑞江校 2022英語の学習1

そんなわけないですよね。

その人たちは、慣れやクセで話すことができるのです。

 

塾の英語の授業だけでは、なかなか英語を話すことができるようになりませんが、英語の問題を解くことはできるようになります。

英語は“慣れ”が必要な科目ですから、学習量が肝心です。

一橋セミナー瑞江校 2022英語の学習2

つまり、これからもたくさんの宿題を出しますから、めんどくさくても全文をノートに書き写しましょう!

 

 

塾生も新しい生徒たちもがんばってます!

2022年4月22日

塾長の上田です。

 

春期講習会から一橋セミナーを体験してくれた新中1のみなさんは、その後、全員が入会してくれました。

ありがとうございます。

4月になり、普段の授業が始まりましたが、入会したばかりの生徒たちは、宿題や単語テストに悪戦苦闘しながらも、積極的に授業に参加し、楽しく通塾してくれている様子です。

まだ、塾に慣れたとは言い難い時期だと思いますが、もともと塾に通っている生徒に負けじと授業中の発言も見られ、よくがんばっていると思います。

一橋セミナー瑞江校 2022新学期1

 

さらに、この4月になってから、一橋セミナーを体験してくれている生徒もいます。

やはり、特に新中1のみなさんが多いですね。

塾ではすでに中学内容を進めていますので、体験授業の前にまずは塾生に追いついていただこうと思い、補習を行っています。

早く追いついてほしいという思いから、補習のスケジュールが少しハードになってしまいましたが、元気に参加してくれています。

先生の話をよく聞き、しっかりノートを書いてくれる生徒ばかりなので、私たちもやりがいを感じているところです。

一橋セミナー瑞江校 2022新学期2

 

もともと塾に通っている塾生たちの活気に、新しい生徒たちのやる気が加わり、毎年この時期は塾内がとてもよい雰囲気になります。

「さあ、今年も1年がんばろう!」という気にさせられます。

一橋セミナー瑞江校 2022新学期3

ゴールデンウィークが明けたら、英検、漢検、定期テストが待ち構えていますので、良い雰囲気を持続させ、好成績に結び付けたいですね!

 

 

まずは検定!

2022年4月15日

塾長の上田です。

 

学校でも新学期が始まりましたね!

この時期の塾は、新中学1年生からのお問い合わせがたくさん入りますので、大忙しです!

新中学2,3年生はもともとですが、おかげさまで新中学1年生も満席に近づいてきました。

すでに通っていただいている皆さま、新しくお越しいただいている皆さま、本当にありがとうございます。

一橋セミナー瑞江校 2022検定②

 

さて、1学期というと、学校では運動会が行われたり、中学3年生の修学旅行(学校によっては2学期ですが)があったりして、忙しい学期ですね。

そんな中、塾としてはやはり「検定の受検」をオススメします!!

検定にチャレンジするといいことがあるんです。

①近い将来、入試で優遇されます!

②検定に向けて勉強するので、ちゃんと学力が上がります!

なんだか当たり前のことを言いましたが、①は本当に当たり前のことです。

②については、よく考えてみてください。

 

例えば、漢検を受ける予定もないのに、漢字の勉強をしますか?

普通はしませんね。

英検や漢検を申し込むと勉強をしなければならなくなります。

勉強もせずに不合格になってしまったら、お金がもったいないですよね?

 

また、せっかく受検するならば、生徒のみなさんは自分からお父さんやお母さんに「検定を受けたい!」と言ってみましょう。

自分から言い出したわけですから、あとには引けなくなりますよね?

さらに、お父さんやお母さんが「検定の勉強してるの?」って聞いてくれたりもするでしょう。

ほら、なんだかやらなきゃいけない感じがしてきましたね。

一橋セミナー瑞江校 2022検定

検定は自分を追い込み、勉強しなければならない環境をつくるのにもってこいです!

ぜひ勉強する機会を自分で作りだしましょう!!

検定はもちろん大変ですが、あとになってみると「がんばってよかった」と思えるものです。

お申込み待ってます!!!

 

検定も席に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

瑞江三中と篠崎中のみなさんは、塾の英検と学校の運動会が同じ日程のようです。

受けられないわけではありませんが、他の会場もご検討ください。

 

 

グランプリがんばろう!

2022年3月30日

塾長の上田です。

 

ただいま春期講習会の真っ只中です!

おかげさまで、今年も多くの体験生をお迎えして講習会を行っております。

体験生のみなさんも、少しずつ一橋セミナーの雰囲気に慣れてきたところです。

緊張が解けて笑顔が見え始めましたので、講師一同喜んでおります。

 

春期講習会後には、一橋セミナー名物のグランプリがあります!

グランプリでは、小学生は計算50問、漢字100問のテストを行います。

中学生は計算50問、英単語100問です。

 

前回の冬のグランプリでは、どの学年も大変よくがんばってくれました。

例えば……

小4計算 平均点91.0点 中央値92.0点

小6漢字 平均点91.8点 中央値97.5点

中1英単語 平均点97.3点 中央値99.0点

という成績でした。

(中央値というのは、成績順に並べたときに順位が真ん中になる生徒の得点のことです。)

特に中1の英単語は素晴らしかったです!

3分の2くらいの生徒が99点以上でした!!

 

私たち一橋セミナーは、6人制の学力別クラス編成を行います。

もちろん、あまり勉強が得意でない生徒も在籍しています。

そんな中、グランプリでは、勉強が得意な生徒も苦手な生徒も同じ条件でテストを受け、多くの生徒が高得点になります。

勉強が苦手な生徒たちは、あきらめずに一生懸命がんばってくれます。

勉強が得意な生徒も、基本問題だからと馬鹿にすることなく、しっかりと取り組んでくれます。

そのような教室の雰囲気こそが私たちの誇りです!

これからも全生徒がグランプリで満点になることを夢見てがんばろうと思います!!!

一橋セミナー瑞江校 2022春のグランプリ