Category Archives: その他

三者面談が始まりました

2022年5月19日

こんにちは!塾長の安田です。

今週から三者面談が始まりました。

塾長が全ての生徒の保護者様と面談致します。

塾とご家庭が連携できる貴重な機会になりますので、御多忙とは存じますがぜひお申込みください。

生徒さんの塾での様子をご報告し、また、ご家庭での様子、塾へのご要望などをお伺いしております。

特に中学三年生は、志望校を決めていく重要な場となります。豊富な経験とノウハウで、

全生徒を志望校に合格させることを目標にしておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください!

s_sansyamendan_boy

テキストに答えなどを書き込んではダメ!

2022年4月29日

こんにちは!塾長の安田です。

授業中、テキストに直接答えを書き込む生徒を時々見かけますが、これは絶対にやらないでください!

数学、英語ともにそうです。その理由をいくつかあげてみましょう。

1)狭い場所にごちゃごちゃ書き込むと計算ミスを誘発するから。

数学の計算問題は途中式をていねいにノートに書く事が大切。もし間違った場合に、どこでどう間違えたのかを追いかける

ことで、同じミスを二度としないようにするのです。紙がもったいないなどと言わないでください!勉強のためには

たくさんノートを使うべきなのです!

2)英語の穴埋め問題では、穴だけ埋めても意味がないから。

文の最初から最後まで、穴の部分も含めて手で書くことを徹底しましょう。一つの文には必ず主語があり、動詞が

あります。全部書くことで、知らず知らずのうちに英語の構造を頭にたたきこむことができるのです。

3)解き直しをすることがあるから。

前に学習した場所を、復習のためにもう一度やりなおすことがあります。そんなときに、すでに答えが書き込まれて

いたらどうでしょう?解き直しができなくなりますね?着実にモノにするためには何度も復習をすることがとても

大切です。

4)書く練習は作文力などアウトプット力の向上につながるから。

昔の人は経典などを丸写ししていました。これは単に印刷技術がなかったから、という理由だけではありません。

丸写しすることで、一字一句まで深く理解できるからです。最近ではそのようなことはすっかりなくなりましたが、

書く練習の意味は少しも変わっていません。

面倒くさがる人も多いです。しかし、そんな面倒くさいことをいとわずやることこそが学力向上の秘訣なのです。

s_study_wakaru_girl

計算問題は途中式をきちんとノートに!

2022年4月4日

塾長の安田です。

桜がきれいに咲き、散り始める、そんな中での春期講習会も真っ最中。皆さん楽しく、でも真剣に勉強していますね!

でも、皆さんの勉強の様子を見てて感じることがあります。

数学の計算問題は、途中式を必ず書きましょう。面倒がって途中を飛ばしていきなり答えを出そうとする人がいますが、それは絶対にダメです!それでは成績は伸びません。

ある式を計算するとは、簡単な形に書き換えていく作業のことです。そこには優先順番があります。その順番をきちんと守ることが最も大切なのです。だから、きちんと記録するために、ノートの左側に、一つずつタテに書いていきましょう。

デキる人はノートがきれいなのだ!

一橋セミナーでは、生徒のノートの取り方を厳格に指導しています。ノートの活用こそが成績を伸ばす最大の秘訣だと考えているからです。

publicdomainq-0028929nfn

春期講習がやってきます!

2022年3月17日

皆さんこんにちは!小岩校塾長の安田です。

今年の冬はとっても寒かったですが、だんだん暖かくなってきました。梅の花が咲き誇り、いよいよ春到来といった感じです。

そんな季節には、もちろんお勉強が一番!「春眠暁を覚えず(春眠不覚暁)」なんてことにならないように!

というわけで、春期講習会が始まります。

進級に先立ち、今までの学習内容を総復習しましょう。そして、同時にこれから先の内容を事前に見ておくようにしましょう。

今年の春期講習会はおかげ様で新しい生徒が大幅に増えました。

みんなで切磋琢磨し、自分を高めていきましょう!

OIP

もうすぐお盆休みです

2021年8月4日

本部長の上田です。

 

突然の登場で、「え?だれ?」と思われる方もいらっしゃると思います。

普段は他の教室も兼任で、小岩校には毎週月曜日に勤務しております。

授業は主に中学3年生を担当し、小岩校の運営についても塾長の宮林と相談をしながら、よりよい教室になるよう日々奮闘しております。

 

さて、現在一橋セミナーでは、夏期講習会の真っただ中ですが、気が付けばお盆休みはもうすぐそこです。

生徒の皆さんから「やったー」という歓喜の声が聞こえてきそうですね!

一橋セミナー小岩校 お盆休み1

しかし、ここは塾です。

そして、小岩校の塾長は、宿題大好き宮林です!!

もうわかりますね?

ちゃんと宿題をお出しします!

(今度は、保護者の皆様から歓喜の声が聞こえてきそうです)

一橋セミナー小岩校 お盆休み2

宿題は、生徒の皆さんへの嫌がらせではありません。

お盆休み前の夏期講習会で習った内容を忘れないようにするために宿題があるのです。

せっかくわかるようになったことを忘れてしまうのは、皆さんもちょっと残念ですよね。

だから、少しだけがまんしてがんばってみましょう!

 

学校の宿題もあると思いますので、無茶な量は出しません。

適切な量を出しますので、計画的に取り組んで、“充実のお盆休み”を過ごしてください!

 

 

スポーツと勉強のいろいろ

2017年7月15日

塾長の森山です。

梅雨明け宣言はまだなのに、夏らしいとても暑い日が続いてしまっています。夜もだいぶ寝苦しくなってきました。熱中症対策も含めた体調管理に、塾生の皆さんは気を付けてください。

さて日本は今、夏のスポーツということで甲子園の地方予選や野球のオールスター、大相撲の夏場所が盛り上がっていますね。また、ヨーロッパ、とくにイギリスでは先週から今週にかけてテニスのウインブルドン選手権が行われていて、さらに来週はゴルフの全英オープンと、世界的には大注目のイベントが行われます。

日本からはテニスの錦織圭選手やゴルフの松山英樹選手が注目選手として出場するので、そういう大会の存在ぐらいは聞いたことがある人もいると思います。社会や体育のテストの時事問題ででてもおかしくないぐらいの世界的には注目のイベントなので、興味ある人はチェックしてみてください。

 

さて、どちらのイベントも夜遅い時間になりますが、テレビ放送がライブ中継で行われます。そして放送の中で、解説や実況の人のこんなセリフを耳にすることがあります。

「(日本が真夜中の12時の時に)現地イギリスは午後4時です。」

中学生の皆さんはこのセリフに隠れたおかしな点に気が付きますか?

考えるポイントは『時差』です。

 

 

イギリスは本初子午線が通るため、経度はゼロ度。

日本の標準時子午線は兵庫県明石市を通る東経135度の経線です。

その差は135度で、時差は135÷15=9で9時間です。

9時間の「時差」のことが、イギリス・日本・時差というヒントだけでここまで考えられたら、まずはお見事です。

でも実際にテレビで言っている時差は「8時間」になっていて、そこに違和感を感じられたか、ということです。

s_DSC_0030

 

中学校の教科書に載っていることではないので、その理由まで知っていたら、素晴らしいです。その理由は「夏時間(サマータイム)」で、夏場イギリスでは時刻を1時間早めているためです。

 

他にも、夕方ぐらいの明るさのなかでテニスやゴルフの試合をやっているのに、イギリスの時刻が「夜の8時」なんてこともあります。

これは日本よりもイギリスが高緯度にあるためで、昼の時間が東京より長くなっているからです。その最たるものはさらに高緯度地方で起きる「白夜」になります。

こんな風にスポーツのテレビ観戦ひとつとっても、色々な学びのポイントがあります。中学校までで習う理科や社会の内容は、こういった不思議に気づかせてくれるきっかけになったり、理由を考えるヒントになったりします。中1・中2生はこの夏休みで、これまで習った理科社会の復習を頑張ってみるのはいかがでしょうか。

ちなみに都立受験の中3生は、夏期講習会で受験に向けて理社の総復習です。この夏が勝負です。頑張りましょう!

 

ブログを始めます。

2017年5月27日

塾長の森山です。

一橋セミナー小岩校のブログを始めることになりました。

このブログでは私たちの想いや日常の中で気づいたことを発信していく予定です。

おたのしみに!

 

s_kaisya_man a