Monthly Archives: 6月 2021

定期テストも終わり、夏期講習会へ

2021年6月30日

こんにちは、塾長の渡辺です。

中学生の皆さんは第1回定期テストも終わり、もうすぐ夏期講習会ですね。

今回の定期テスト6・7月の学力・進路判定テストの結果をもとに

現在の皆さんの学習理解度やクラスに合わせ、カリキュラムや教材を作成中です。

夏期講習会の目的は、

① 今までの総復習で実力=得点力UP!

② 夏休み明けにすぐやってくる第2回定期テスト対策!!

の2本立てとなります。

illustrain10-bennkyou03-150x150

◇ 中学3年生の講習会 ◇

5科必修講習会+プラス10講座+定期テスト対策

〇 最上位クラスでは、英語・数学については講習会期間に予習を中心に3年生の内容を終わせます。

〇 その他のクラスは、G特訓で学習した内容までの復習と苦手克服に力を入れよう!

プラス10講座では、リスニングや長文読解/関数・図形の問題を中心にとことん演習します。

講習会参加者全員に、長文を読むために必要な単語・熟語集(公立入試必出)をプレゼント!! 単語テストで使用します。(頑張って覚えよう!)

DSC_0025

 

 

 

◇ 中学1・2年生の講習会 ◇

 必修講習会15日間+第2回定期テスト対策授業3日間(合計18日間)

〇    中1・2生の夏も、必修講習会だけでは終わりません! 定期テスト対策授業も実施します。

〇  講習会中のお盆休みの間も、学校ごとのテスト範囲に合わせテスト対策問題集(お盆休み宿題)も配布します。

 7月中旬の市総体に向け部活動も忙しく、長さが自慢の一橋セミナー夏期講習会との両立は、大変だと思いますがしっかり計画を立てて頑張りましょう!

この夏、頑張る皆さんを講師一同全力で応援します!

小学生定期テスト

2021年6月19日

皆さんこんにちは。塾長の渡辺です。

中学校の定期テスト対策も佳境を迎え、早い時間から

高洲中の生徒が授業や自習で頑張っていました。

  いよいよ、今度は小学生の出番です!

7月3日(土)に小5・6年生対象の定期テストが行われます。

  なぜ小学生定期テストを実施するのか?

 

それは、皆さんの近隣の中学校では年4回の定期テストがあるからです。

稲毛海岸校では、各定期テストで3週間前から対策授業を行います。

小学生のうちにテスト前の学習習慣を身につけて欲しいとの思いから

始まったものだからです。

 

「テストは苦手だな…。できなかったらどうしよう…。」と思っている生徒もいると思いますが

 そんな心配を吹き飛ばすため、定期テスト対策勉強会を行います。

 テスト範囲でのポイントがしっかりと復習・理解できるように

お手製の対策プリントと熱血指導で頑張ります!

お楽しみに。

 

 定期テスト対策課題(定期テスト前の特別5日間勉強)をしっかり勉強しましょうね。

自分の弱点が見つかり、対策授業での理解度UPにつながるはずです。 

pose_gutspose_couple

 

 

 

 

目標に向かって、先生達と一緒に頑張りましょう!

 

 追記

担当の先生からメッセージ

  「5日間勉強と月一テストについて」

 家庭学習の習慣を身に着け、1か月前の内容の復習と確認のため,

 毎週5日間勉強が宿題になっていますよね。

 今年からは、さらに学習定着度を確認するために月一テストをしています。

 月一テストは、毎月の5日間勉強の範囲から出題され、皆さんの弱点フォローに役立てます。 

tukkiichi

 

 

 

 

毎回高得点を取っている生徒もいれば、なかなか結果が出ない生徒もいますが、

月一テストをを行うようになってからは、算数のわからなかった問題(算数の速さや分数の計算)

質問しに来てくれたり、わからなかった漢字を辞書を使って調べ、覚えようとするなど今まで以上に5日間勉強に取り組む姿が見られ感動しました。

illustrain10-bennkyou03-150x150

 

 

 

 

 

定期テスト対策期間中!!

2021年6月1日

どうも皆さん、こんにちは。 岡田です。

現在、テスト対策期間中です。

準備の方は順調に進んでいますか?

一橋セミナーでは必修授業に英語と数学の定期テスト対策を、
土曜日、日曜日には理科や社会の定期テスト対策を行っています。

各担当の先生が生徒のレベル苦手に合わせて対策をしております。

テストでの疑問点や不安があったら遠慮なく質問しましょう。

今までよりもいい点数、いい順位になるように生徒たち同様、私たちも頑張ってまいります。

pose_gutspose_couple

 

 

 

 

それでは皆さん、またの機会に。