Category Archives: 受験

中学生三者面談が始まります。

2022年5月31日

こんにちは。塾長の渡辺です。

現在塾では、第1回定期テストに向けて対策授業の真っ最中です!
昨日5/29(日)も、6教室すべてを使用して、学校別・特別定期テスト対策を実施いたしました。

さて、5月31日(火)より、中学3年生の第1回三者面談を実施させて頂きます。お忙しい中、貴重な時間を割いて頂くことになり、心から感謝申し上げます。

business_ojigi_man

塾長の渡辺は、3月からのG特訓(特別特訓授業)で中3生全員の数学・理科の指導を担当し、英語・社会については多田副塾頭に指導してもらっています。その他授業を担当している各講師からも報告を受けて生徒一人ひとりの状況を細かく把握することに日々努めています。できるかぎり授業内でも一人ひとりに合わせたアドバイスや指導をさせていただいておりますが、授業時間は限られていますので、訴えきれていないこと・言い足りないことが沢山あります。

ですから今回の三者面談では、進路相談・志望校についてはもちろんのこと、

① 前向きに頑張るための目標を設定すること!
② これから(夏休み以降)受験に向けて、どんな勉強をすべきか!
③ 塾での指導内容と家庭での勉強方法についてなど

も併せてお話しさせて頂きたいと思っています

現状の成績で通うことのできる高校を目標にするのではなく、さらに一歩・二歩頑張ることで目指せる学校を目標に、そして最終的に自分に合った学校を受験してもらいたいと思います。

39CDE0C9-5DB1-4F24-8049-79DA6F24B376sansyamendan_seifuku_boy

また、三者面談にいらした際には遠慮なさらず、不安、不満なんでもお伝えください。
どんな内容でも、真摯に受け止め、今後の指導に活かさせていただきます。よろしくお願いいたします。

現在、中学3年生には

通常授業 + 学校別水曜・木曜G特訓 + 学校別日曜テスト対策授業を実施中です。

稲毛海岸校スタッフも生徒全員の成績UPに向けて必死になってサポートしていますので

過去最高の成績を目指して頑張りましょう!

そして、定期テストが終わったら夏休みが待っています‼
夏期講習会では、受験勉強と9月の定期テストに向け、効率の良い学習ができるように日程を作成させて頂きました。
この夏休みは、暑い!熱い!夏期講習会で一緒に頑張りましょう!

中学1、2年生は6月中旬より、小学生のみまさんには7月初旬に、三者面談を実施致しますので、今しばらくお待ちください!

それではまた。

 

前期中間テストが接近中!!

2022年5月15日

みなさん、こんにちは。岡田です。

ゴールデンウィークも終わり、いよいよ新学年も本格的に始まっています。
中学1年生にとっては新しいことがこれから多くやってくる時期です。

部活や委員会などの話がちらほら生徒から聞こえてきます。

さて、6月には中学生にとっての大切なイベントが控えていますね!

…そうです!前期中間テストです。

中学1年生にとっては初めての定期テストになります。

多くの1年生には小学校の頃のイメージが強く残っているので、
勉強しなくても授業聞いていれば点数とれるよね
1日、2日勉強すればテストばっちりだよ
と思っている生徒も少なくありません。

しかし、小学校の頃のテストと比べ、中学校のテストはテスト範囲が広くなり難易度も難しくなります。

小学校から一橋セミナーに通ってくれている生徒のみなさんは、一橋セミナーの基本科定期テストを受けているので、準備の大変さはわかっているようなのですが、やはり本当の意味でその雰囲気、重要性は肌で感じるまでわからないもののようです。

稲毛海岸校のテスト日程は以下のようになっています。

テストカレンダー

来週から塾は定期テスト期間に入ります。

一橋セミナーでは、通常期の必修(英語・数学)授業は予習授業ですが、

定期テスト3週間前になると必修授業では、各中学校ごとの定期テスト範囲に合わせた英数の対策授業を、さらに、土曜・日曜日を利用して理科・社会の学校別テスト対策特別授業を行います。

その他にも、国語の演習対策や特別課題を配布するなど、6人という少人数制だからこそできる各中学校に合わせたテスト対策を行います。

その中で、テストに向けて学習内容を徹底的に身に付けてもらい、テストに向けての考え方や心構えの話もしていきます。

ですから、みなさんにお願いがあります。

第1回定期テストでの、各教科ごとや5教科の合計点の目標を掲げましょう!!

中1の最初の英語のテストは、しっかり対策していけば100点満点も夢じゃありません‼(内容的に少し簡単だと思います。)
昨年の定期テストでも英語で100点を取った生徒がいました!(数学でも100点を取った生徒がいました。)

火曜日の中1の数学のクラスでは、担当している塾長に「このクラスは、450点以上が目標点だよね!」と促されていましたが、ある女子生徒が、「そのつもりです!」と即答していました。もう一人の男子生徒は少し不安気な顔をしていましたが、「頑張ります!」と最後に笑顔で答えていました。(過去に、中1の第1回定期テストの平均点が390点台だったことがあり、450点近くとっても学年20番前後だったこともありました。)

もちろん、全員に450点が目標と言いたいわけではありません。このことは全学年に言えることですが、

定期テストの得点をしっかり取る。  

                   ⇔ 内申点をよくする。   

                              ⇔ 高校入試への準備
であること。特に中2は既に、受験準備は始まっていることを意識してください。(中3は言うまでもなく受験勉強真っ只中です!)

1回1回のテストの結果が、入試に結びついていることは強く意識して目標を考えてください!
今の成績で行ける高校を選ぶのではなく、自分の学力を引き上げた上で、行くことのできる高校を選びましょう‼

yaruki_aru_casual_man

現在、定期テスト対策に向けて、各中学校の前回の範囲と現時点での進度を確認した上で、定期テスト対策問題集を作成中です!

学校の定期テスト範囲が出たら、必ず塾に持参してくださいね!

塾長をはじめ全講師が一丸となってみなさんをサポートしていきます。
納得のいく点数が取れるように一緒に頑張りましょう!

それではみなさん、またの機会に。

千葉県公立(一般入学者選抜)入試に向けて

2022年2月16日

みなさんこんにちは、塾長の渡辺です。

中3受験生の皆さん
昨日、千葉県公立高校志願倍率が発表されましたね!
1学区全体では、募集人数5600人/志願者数6850人 志願倍率1.22倍(昨年1.20倍)でした。

そして、いよいよ来週の2月24日(木)2月25日(金)には千葉県公立入試がありますね。

時間というものはあっという間に過ぎてしまうもので、

これまでに、皆さんは直前講習会直前ラスパプラス特訓など目一杯頑張ってきましたね。毎日塾で顔を合わせている生徒もいるぐらいです。

自信をもって受験に向かってください!大丈夫です!!

th

「受験直前で大事なことの一つ」として、「生活リズム」があげられます。

早寝早起きをして規則正しい生活を送ることで「生活リズム」が良くなっていきます。
今の時期は夜遅くまで睡眠時間を削って少しでも多く勉強をしたくなると思います。
しかし、それでは朝の時間帯に眠くなって集中できなくなります。

そこで今のうちから早く寝て早く起きる練習をしておきましょう。
また、学校がない日は試験当日のスケジュールに合わせて勉強してみてください。
こうすることで本番でも普段と同じように実力を発揮できるでしょう!! 

ゴールまであと一息です。

みなさんが第一志望に合格できることを、講師一同、心から応援しています! そして、再び皆さんの笑顔が見られることを切に願っています!

images

中3プレ入試そして、第4回定期テスト対策へ

2022年1月31日

みなさんこんにちは、塾長の渡辺です。

昨日は、県立プレ入試を行ないました。

一橋セミナーオリジナルもぎテストを本番の入試と同様な形式で実施。朝から中3生はがんばっていました

県立入試まであと3週間強。プレ入試で見つかった弱点を補うにはまだ時間はあります。最後まであきらめずにがんばりましょう!

S__1859586

また、先週から中学1・2年生のみなさんは第4回定期テスト対策が始まっています。

今回は、高校受験の志望を決定する上でとても重要なテストです!

中学2年生の対策では、学校別の対策だけでなく入試問題を意識して授業を行っています。

S__1867778

先週の稲浜中の日曜日の対策授業では、問題に取り組む姿勢を強く感じられただけでなく、自習をしていた同じ稲浜中の3年生の生徒が授業の合間に、受験を意識して勉強した方が良いよ!と声をかけてくれたこともあり引き締まった授業を行うことができました。

また、 中学2年生プラスワン特訓の授業では、公立の過去問を使って理科の対策授業を実施したのですが、最近やる気を上げてきた磯辺中の生徒がしっかりと問題に取り組み・理解を深めようとする姿勢が感じられ楽しく授業を行うことができました。

中学1年生でも、1/15(土)実施の英検や1/29(土)実施の漢検の受験する生徒が多くみられ、チャレンジしてみよう!と意欲を感じています。また、冬のグランプリでも計算で平均点88点/100点満点(合格点80点88%)と頑張っています。

小学6年生のみなさんは、2月から中1準備講座(新中学1年生カリキュラムの英数予習授業)がスタートします。高校受験では、1年生からの内申点が関係します。

まずは、先取りをすることで余裕をもって、自信満々で中学生活を迎えましょう!

高校受験 第1志望合格に向けて!

2021年12月15日

塾長の渡辺です。

早いもので、もう師走となりましたが、いかがお過ごしですか。

中3受験生のみなさんは、受験校がほぼ決定する時期となりました。

塾の進路判定テストやVもぎの結果に真剣に目を通し、一喜一憂している生徒や土曜日に自習に来る生徒がどんどん増え受験意識の高まりを更に感じております。

ブログを書いている日から、私立・県立受験まであと

00000です。

では、「残りの期間をどのように過ごしたらよいのか!」について再度確認をしたいと思います。

塾では冬期講習会はもちろん!

直前講習会(=1月2月の通常授業)や直前ラストスパート講座で入試予想問題の演習をします。(直前講習会では毎週毎週5教科の入試予想問題集を配布して、ひたすら入試に出そうな問題の反復演習します。)

いろいろな問題を演習することで、問題のパターンや工夫を覚えることも大事!なのですが…、この時期は、いかに自分の力で、時間内に問題を解くことできるか徹底的にこだわってほしいと思います。

さらに、いまさらですが、予想問題をただ解いて解説授業を聴くだけでは得点力にはつながりづらいです。授業後に数学は解き直し、英語・国語は長文の読み直し、理科・社会は基本事項の覚え直し、つまり

「復習」一つひとつの予想問題について毎日ひとつももれなく地道に行っていくこと!納得のいかない問題はそのつど、ためないで質問すること!!単純なようで、毎年この「復習」がしっかりできていない中3受験生が少なくないと感じています。何度でも訴えたいです。やりましょう!「復習」!!

job_suugakusya

最後まで、全員第一志望合格を目指して講師一同全力でサポートをしますので、生徒の皆さんも体調に十分気をつけて、いっしょに頑張っていきましょう!!

中学3年生 第3回定期テスト対策実施中

2021年10月31日

こんにちは、塾長の渡辺です。

稲毛海岸校では、中学3年生の第3回定期テストの時期を迎えています。

昨年度から、千葉県公立入試が一本化され多くの学校が(入試得点+3年間の内申点+加点+学校独自検査の総合計)での選抜方法を採用しています。

今回の定期テストは、中学3年生にとっては3年間の内申点が決まる勝負の定期テスト‼です。

スクリーンショット (11)

通常授業4時間以上にも及ぶラストスパート講座さらに日曜日テスト対策だけでなく、土曜日プラスワン特訓など毎日塾に来ているのではないかと思う生徒がいるほどです。

この期間は、学校別・能力別に定期テスト範囲に合わせ全ての授業がテスト対策に全力投球‼ プラスワン特訓では、テストでの重要単元のプリントを作成し演習形式でガッツリ演習しています。

 school_eakon_danbou_seifuku

 

 

 

そして、定期テスト期間が終わったら、入試対策に全力集中! ”只今、入試対策家庭学習課題を5教科作成中!”です。

 

11月からは、中学1・2年生の土・日を利用しての定期テスト特別対策授業も始まります。

中学3年生同様に、「皆さんの不安や疑問に精一杯答えたい!」と思います。いっしょに頑張って過去最高記録更新を目指しましょう!!

第2回三者面談

2021年10月15日

こんにちは、塾長の渡辺です。

一橋セミナー稲毛海岸校では、10月後半から第2回三者面談が始まります。

お忙しいなか貴重なお時間を割いていただくことになり、誠にありがとうございます。

面談では、現在の学習状況や授業中の様子・成績・進路などたくさんのことをお話しできればと思っています。

sansyamendan_seifuku_boy

そのためにできる限りの資料を作成し準備をしていますが、「お伝えしたいこと」を話しすぎて時間が長引く場合は大変申し訳ございません。

また、三者面談では私からのご提案をすることもありますが、保護者の方からのご不満やご要望などありましたら、なんでもお話しいただければと思います。

皆さまからのご意見・ご要望は、今後の活動に活かさせていただきます。

皆さまに「三者面談に来てよかった」と思って頂けるよう準備してお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

 business_ojigi_man

第2回定期テスト(前期期末)結果

2021年9月30日

こんにちは、塾長の渡辺です。

夏休み後に行われた中学生の第2回定期テスト(前期中間)のテスト問題と結果少しずつが集まっています。まだまだ、集まりきったわけではありませんが

高洲中の3年生の数学の問題では、前学年までの復習が、稲浜中や幸町1中でも前回と比べ公立受験を意識した問題が出題されました。

それでも、高洲中で5教科460点以上・(学年第2位)・稲浜中で5教科470点以上(学年第1位)・5教科440点以上(学年3位)を取った生徒は本当にすごい!

ですが、前回の数学のテストと比べ思った以上に点数を取らせることができなかったことを悔しく思います。

 

pose_kuyashii_man

 

 

 

 

 

中1・2生では、夏期講習会後の集中3日間定期テスト対策の結果として、社で80点以上!・理科では85点以上!!の数字をたくさん見せてくれています。
中2の高洲中定期テスト対策授業では、高洲中の範囲に合わせ徹底的に演習し・積極的な質問を受けるなど、生徒と講師の熱い授業が繰り広げられていました。良い結果が出ればと思っています。

がんば

 

 

 

 

 

いよいよ第3回定期テストが、中3生は10月後半から行われます。これが公立高校入試の内申が決まる

本当に最後のテストです。

第一志望全員合格に向けて、気合を入れ直して頑張りましょう!!

 

中3生 ラストスパート講座

2021年9月16日

みなさんこんにちは! 塾長の渡辺です。

夏休みも終わり、

中3生のみなさんは、受験に向けてラストスパート‼

一橋セミナーでは、県立高校第1志望合格に向けて
ラストスパート講座(毎週4時間以上の特別特訓講座)を実施しています。

th

 この講座では、

 ・中3内容をいち早く終わらせる。

 ・入試過去問演習

 ・5教科指導(先取りは英数理社)を行うため

通常授業と連携しながら、クラスレベルに合わせて3つのカリキュラム

① 夏期講習会までに教科書内容が終了し、私・公立入試の過去問題を演習解説。

② 10月中に英数理社の教科書内容を終わらせ、県立入試の過去問題も取り入れて演習。

③ 10月中に英数理社の教科書内容を終わらせ、先取り内容の基本をしっかり身につける。

に分けて授業を行っています。

DSC_0054

 

さらに、時間内に解けるようにする訓練として

・時間を区切って問題演習をさせる。

・解き方の工夫を身に着けさせる。

という2点を強く意識して授業を行っています。

実際の入試では、時間配分をしっかり考え問題を解かなければなりません。

時間感覚を養いましょう。

ラストスパート講座は本部長の多田と塾長の渡辺の2人で、4時間以上の指導に全力集中‼しています。

中3生のみなさん、第1志望全員合格に向けて

あと6ヵ月、いっしょに頑張りましょう‼(講師一同)

英語学習のポイント

2020年12月16日

皆さんこんにちは。

12月も中旬に入りました。

12月21日(月)で通常授業は終了し

いよいよ冬期講習会が始まります!

 

そこで今回は英語の勉強法について少しアドバイスをしたいと思います。

おさえるべきポイントは『文法』『長文読解』の2つです。

 

①文法

まずはそれぞれの文法で肯定文(~が・・・するという普通の文のこと)・

疑問文・否定文の作り方(単語の並べ方)をきちんと覚えること。

 

その上で重要なのは日本語でこう言いたい時に

英語ではどう言うかをきちんと理解すること。

例えば『~することができる』と英語で言いたい時、

皆さんはどの文法を使えばよいか分かりますか?

正解は『助動詞can』または『be able to』ですが、すぐに思い出せましたか?

学力テストではどの文法を使うか教えてくれませんので

どの文法を使えばよいかも自分で考える必要があります。

使われている単語や日本語の文から使うべき文法が分からないとダメなのです。

文法・単語を覚える際には『日本語から英語』という流れを意識しましょう。

 

②長文読解

国語の長文読解と異なり、英語の長文読解は

設問の答えまたは手掛かりが全て文章の中に書いてあります

ですから、文章を全て日本語訳することができれば必ず答えは分かります

あえて言えば、文法や単語を覚えるのも、

全て英語の文章を正しく訳せるようになるためです。

ただし、テストには制限時間がありますので、

ただ訳せればいいのではなく、そのスピードを上げていく必要があります

しかしながら、このスピードを上げる練習をしていない人がほとんどです。

そこで私がお勧めしたいのは『学校の教科書の本文を自力で訳す』練習です。

やり方はいたって簡単で、本文(Use Readを使うのがお勧めです)を

1文ごとに音読し、その日本語訳を言っていくだけです。

簡単なように見えますが、やってみるとつっかえたり

訳がすぐに思い浮かばなかったりすると思います。

これを本文がすらすら読めて、

訳がすぐに浮かぶようになるまで繰り返すだけです。

1日1回でも良いので、毎日やると良いです。

理想は定期試験までに試験範囲の本文と訳が

そらで言えるレベルまで練習することです。

その頃には、英語の文章を読むのに抵抗がなくなっていると思います。

 

いかがでしたでしょうか。

冬期講習会ではより細かいアドバイスをさせて頂きます。

苦手な所が1つでもなくなるよう、共に頑張りましょう!