Category Archives: 生徒へ

小学生定期テスト

2021年6月19日

皆さんこんにちは。塾長の渡辺です。

中学校の定期テスト対策も佳境を迎え、早い時間から

高洲中の生徒が授業や自習で頑張っていました。

  いよいよ、今度は小学生の出番です!

7月3日(土)に小5・6年生対象の定期テストが行われます。

  なぜ小学生定期テストを実施するのか?

 

それは、皆さんの近隣の中学校では年4回の定期テストがあるからです。

稲毛海岸校では、各定期テストで3週間前から対策授業を行います。

小学生のうちにテスト前の学習習慣を身につけて欲しいとの思いから

始まったものだからです。

 

「テストは苦手だな…。できなかったらどうしよう…。」と思っている生徒もいると思いますが

 そんな心配を吹き飛ばすため、定期テスト対策勉強会を行います。

 テスト範囲でのポイントがしっかりと復習・理解できるように

お手製の対策プリントと熱血指導で頑張ります!

お楽しみに。

 

 定期テスト対策課題(定期テスト前の特別5日間勉強)をしっかり勉強しましょうね。

自分の弱点が見つかり、対策授業での理解度UPにつながるはずです。 

pose_gutspose_couple

 

 

 

 

目標に向かって、先生達と一緒に頑張りましょう!

 

 追記

担当の先生からメッセージ

  「5日間勉強と月一テストについて」

 家庭学習の習慣を身に着け、1か月前の内容の復習と確認のため,

 毎週5日間勉強が宿題になっていますよね。

 今年からは、さらに学習定着度を確認するために月一テストをしています。

 月一テストは、毎月の5日間勉強の範囲から出題され、皆さんの弱点フォローに役立てます。 

tukkiichi

 

 

 

 

毎回高得点を取っている生徒もいれば、なかなか結果が出ない生徒もいますが、

月一テストをを行うようになってからは、算数のわからなかった問題(算数の速さや分数の計算)

質問しに来てくれたり、わからなかった漢字を辞書を使って調べ、覚えようとするなど今まで以上に5日間勉強に取り組む姿が見られ感動しました。

illustrain10-bennkyou03-150x150

 

 

 

 

 

定期テストに向けて

2021年5月17日

どうも皆さん、こんにちは。 講師の岡田です。

GWが終わり1週間が経ちました。普段の調子に戻っているでしょうか?

さて、学校によっては早くも今週の日曜日からテスト対策が始まります。
中2、中3生の方々にとってはおなじみの時期となります。

中1の皆さんにとってはこれが中学での初テストです。
初テストの為、中学校のテストはどのようなテストなのか不安に思う方もいると思います。

pose_atama_kakaeru_man

 

 

 

 

 

そこで今回は中1の方々に向け、中学校のテストについて軽く触れたいと思います。

 

一つは

テスト範囲が広がります

小学校では単元ごとに両面のプリントをテストとして解いたと思います。
しかし、中学校では単元ごとではなくテストまでの進んでところが範囲となります。
そのため、小学校よりも中学校の方がテスト範囲は圧倒的に増えます。

 

sick_panic_man

 

 

 

 

 

もう一つは

テストが誰に作られているかが変わります

小学校のテストは主に会社が作っていますが、中学校のテストからは学校の先生が作ります。
そのため、学校の授業をしっかり聞いてノートをとることや配付されたプリントを整理することが大切になってきます。

一橋セミナーでは学校のテストに対応した対策授業を行っています。
普段の授業は英数ですが、対策授業では理社を行います。

 

テストで何を勉強したら良いかわからない
最初のテストで良いスタートを切りたい

このように考えた中学1年生の方はぜひテスト対策に参加してみてください。

pose_gutspose_couple

 

 

 

 

それでは皆さん、またの機会に。

新学期スタート!! GW間近に迫る!

2021年4月19日

どうも皆さん、こんにちは。 講師の岡田です。

春期講習も終わり、小学生・中学生の皆さんは新しい学年がスタートしました。
新学年が始まって数日が経ちましたがいかがお過ごしですか?

生徒に話を聞くと、新しいクラスで既に友達ができている子もいれば、
まだまだ馴染めない子もいたりします。
環境が新しくなると緊張状態が続くので普段よりも疲れやすくなります。

tsukare_boy

 

 

 

 

疲れたらしっかりと休むことが大切です。

今月の終わり頃には大型連休のGWがありますので、GW中にしっかりと休息をとりましょう。

まとまった休みは復習するのにもってこいなのです。
そこで、GW中にも家庭学習ができるように一橋セミナーでは「GW課題」というものを出します。

 

IMG_20210419_162025

中1と中2は数学英語、中3は理科社会の課題になります。

この課題はこれまでの復習の内容になります。

それに加えて中1と中2はApal、中3はBpalがあります。
GW明けるとすぐに塾のテストがあるので、休みの間に苦手な分野の確認をしてみましょう。

GW明けの最初の授業で提出となるので計画的に進めておきましょう。

それでは皆さん、またの機会に。

問題を解く上でのNG行動

2020年11月25日

皆さんこんにちは。

早いもので11月ももうすぐ終わり、

年の瀬が近づいてきていますね。

 

さて、前回のブログにて

もっと問題を解く量を増やしましょうという話をしました。

そして問題を解く目的として

授業で聞いた内容が問題でどのように問われるのかを知ること

自分が授業の内容を理解しているか、

または授業で聞いた内容を使って問題が解けるかを確認すること

の2点があることもお伝えしました。

 

今回はその問題を解く時に

やってはいけないNG行動を紹介したいと思います。

これをやってしまうと学習効果が半減、

または意味のないものになってしまう行動です。

 

【NG行動1】すぐに答えを確認する(または答えを見ながら問題を解く)

授業で問題をやっている時に、1問解き終わるごとに

「先生、この問題の答え何ですか?」「この問題の答えって〇〇で合ってますか?」

と確認してくる人がいます。

全部正解していないと不安、という気持ちは理解できますが、

これでは自分が理解できているかの確認になりません

極端な話、授業や宿題でやる問題については全部間違えていたって問題ないわけです。

本番ではないのですから。

大事なことは、この分野は私はまだ理解できていない、

もっと練習が必要だというのを認識することです。

ただ、解説を読んでも理解できない問題については必ず先生に質問しましょう

解き方が理解できていない問題を解けるようになるはずありませんので。

 

【NG行動2】分からない問題をずっと考える

これははっきり言って時間の無駄です。

考えても分からない問題は諦めて次の問題に進んだ方が良いです。

特にワークの1周目はできていない所を確認するのが目的なので

分からない問題はどんどん飛ばしてしまいましょう。

そして答え合わせをし、解説を読んで(あるいは先生に質問して)

解き方を理解し、2週目以降はできなかった問題に絞って

解き方も再現できるようになるまで繰り返し同じ問題を解く

1問あたりのシンキングタイムは10秒と考えてください。

10秒以内に答えや途中式が浮かばないものはテストで使えません

多くの生徒が複数回問題を解かないと覚えられないと思います。

1周あたりの演習時間をどれだけ短縮できるかがポイントです。

 

今回は問題の解き方について具体的な話をしました。

皆さんも勉強する時は効率よくやることを意識してくださいね。