「あけおめ」はまだ言わない

2022年1月2日

皆さん、こんにちは。塾長の植竹です。

本日は「正月V特訓」2日目です。

中3生たちが山盛りの「お年玉」を持って、塾にやってきます。

塾の「お年玉」とは、12月30日に

「塾から」あげた大量の宿題のことです。

12月31日と1月1日の二日間でどれだけ自分を追い込めたか?

その自負が受験当日に己の背中を押してくれます。

IMG_2751

そして、我々塾の先生たちは、まだ「あけおめ」を言いません。

中3生たちに「おめでとう!」を言うのは、

彼らが合格を手にした時だからです!

植竹

 

毎年恒例 イヴ投稿

2021年12月24日

皆さん、こんにちは。塾長の植竹です。

毎年恒例となりました、クリスマスイヴ投稿です。

冬期講習会の時間割と格闘している私ですが、

今年はボッチではありません!

IMG_2887

 

中3受験生が自習に来てくれています!

左下のチョコレートは私からのプレゼントです。

毎年書いてますが、「学力別6人制」のクラス編成では、

新しい生徒の方が一人加わるだけで、時間割を組みなおす

必要が出てきます。

クラス割と講師割の最適解を求めて!

果てしない闘いは続く…。

植竹

「自慢の先生」紹介3

2021年12月21日

皆さん、こんにちは。塾長の植竹です。

今回は我らが若林先生を紹介します。

若林先生は、自分の授業が終わってもなかなか帰らず、

残っている生徒の質問対応などを無意識にしてしまうという、

塾講師の鑑のような先生です。

若林先生

植竹   「このお仕事の魅力は何ですか?」

若林先生 「自分は飲食業で働いたこともあります。

      飲食業だとお客様と店員の間に心理的な距離があります。

      塾では生徒とすごく近い関係性を築けて、

      直接感謝を伝えてもらえることが嬉しいです。」

植竹   「若林先生は予習量も凄いですが、なぜそこまで頑張れるのですか?」

若林先生 「この年になって分かったんですが、

      高校受験は人生を左右する非常に重要な岐路です。

      自分の時は気づけませんでしたが(笑)。

      その思いがあるから、自然と責任感が出てくるのかもしれません。」

植竹   「すんばらしい!まさに塾の先生の鑑だね!これからもよろしく!」

 

いかがでしたでしょうか?

行徳校には他にもたくさん紹介したい若者がいます。

時期を見てまたご紹介します!

ありがとうございました。

植竹

 

自慢の先生「たち」紹介

2021年12月7日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

今回は、自慢の先生「たち」を紹介します。

「たち」って何だ?と思いますよね。

これを見てください。

IMG_2885

毎年高橋先生が作ってくれる「受験までの日めくりカレンダー」です。

今年も作ってくれてありがとう!と私が思っていると、

うん?あれ?なんか書いてある…。

左下に注目してください。

若林先生からの生徒に向けたメッセージが入っています。

なんと、今年は、毎日いろんな先生のメッセージが入ったものを作成してくれたのです!

IMG_2884

IMG_2883

IMG_2881

見えますかね?

中3生を中心に生徒たちが毎日楽しみに見てくれています。

きっと高橋先生主導でやってくれてるんですが、

注目すべきは、「塾長に無断でやってること」です!

わたしには一言も相談なくやり始めました…。

 

 

素晴らしい!

こんな素敵なことなら、ドンドン無断でやってちょーだい!

こんな素敵な先生「たち」がいてくれることに感謝です!

植竹

「自慢の先生」紹介2

2021年12月3日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

第2弾として、今回はわれらが山田先生を紹介します。

山田先生は、教える生徒の数学力がバンバン上がっていく先生です。

「塾長、ウチは山田先生がいいです!」ってめっちゃ言われます。

これが思慮深く人格者な”考えるヒト”山田先生の後ろ姿です。

IMG_2882

植竹   「このお仕事の魅力はなんですか?」

山田先生 「年齢に関係なく、人と話をすることは

      楽しいですね。あと、生徒の数学の偏差値が

      上がっているのを見ると喜びを感じます。」

植竹   「どうして山田先生の授業は人気があるんですか?」

山田先生 「それはもしかすると、生徒目線で授業しているからですかね。

      生徒と同じように、全部の問題を授業前に解きます。

      そして、生徒が言われたくない言葉は避けます。

      生徒に言わなくてはいけない言葉は心を鬼にして言います。

      自分の体験を基に、自然とそうするようになりました。」

植竹   「さすが!素晴らしいね!これからもよろしくね!」

 

いかがだったでしょうか?

山田先生はわたしより遥かに年下ですが、人として遥かにしっかりしています。

わたしも山田先生のように、生徒思いの姿勢を心がけていきます!

植竹

「自慢の先生」紹介1

2021年11月20日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

今回は「自慢の先生」紹介をお送りします。

第1回は、われらが後藤先生です。

後藤先生は、志願して生徒の補習を無償でしてくれるような、

熱いハートとたくましい背中を持った先生です。

IMG_2880

 

植竹  「このお仕事の魅力は何ですか?」

後藤先生「一つ目は、人との関わりです。

     生徒や先生たちとのつながりが自分には宝です。

     二つ目は、生徒の喜ぶ顔です。

     その顔が見られれば、何時間でも授業できます。

     三つ目は、正直に言いますと、収入です。

     楽しく働きながら充分なお給料をもらえることは、もはや奇跡です」

植竹   「ありがとうございました。これからもよろしくね!」

 

いかがでしたでしょうか?

こんな素晴らしい若者がいる日本は、きっと大丈夫です!

今後も第2弾、第3弾とお送りしていきます。お楽しみに!

植竹

12月+冬期 ダブル無料体験 受付中!

2021年11月4日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

中学生の定期テスト対策真っただ中ではありますが、

冬期講習会の足音が聞こえてきました。

塾生のみなさんには、来週8日(月)から冬期パンフレットをお配りします。

今年の総決算として、しっかり復習していきましょう!

IMG_2879

新しく無料体験をご希望のみなさまは、

12月の通常授業も併せて受講していただけます。

定員いっぱいでお席をご用意できない学年も出ております。

無料体験をご希望のみなさまは少しだけお急ぎください!

植竹

塾講師のシアワセ

2021年10月22日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

突然ですが、わたしには小6の息子と小4の娘がいます。

子どもたちの存在は、薄汚れたわたしの人生に輝かしい光をもたらしてくれています。

ですが、このシアワセな子育て期間も、もうすぐ終わってしまうんだなぁ…、

と最近しみじみ感じています。

「子どもとの時間は期間限定」

親あるあるだと思います。

IMG_2748

いや、待てよ。ちょっと、待てよ。

自分はもしかして、一般のお母さん・お父さんよりシアワセなのでは!?

塾の先生は、生徒のみなさんが成長していく姿に寄り添い続けることが出来ます。

最長で7年(10年)!小3~中3(高3)まで見守れます!それも何百人も!次から次へと!

これは実はすごいことなんではないかと最近気が付きました。

自分の子どもたちには、その内、口も利いてもらえなくなると思いますが、

その分の切なさを、今やこれからの生徒のみなさんを愛することで補填していこうと思います!

このお仕事に感謝です!

植竹

 

生徒あるある

2021年10月1日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

なぜか七中が来週の月曜日に2日目を振り替えたので、

全部は終わっていませんが、中学校の定期テストが

あらかた終わりました。

来週からは生徒たちの結果報告をたくさん受けることになります。

わたくし植竹には、長年の経験から肝に銘じていることがあります。

それは、

「今回はすごく出来たよ!」という生徒の言葉は信じない!

ということです。

「出来たよ!」と言う生徒ほど、期待外れの結果を持ってきます。

保護者のみなさんも経験されたことがないでしょうか?

逆に、「今回はだめかもしれない…」と言う生徒ほど、しっかり点数を取ってきます。

2015合格を祝う会 050

※写真と本文は関係ありません。

分析するに、「今回は出来たよ!」という生徒は、

問題の難易度を充分に認識できていないと思われます。

テスト勉強も不十分なため、不正確な解法でも出来たと勘違いしているのです。

悲観的に報告してくる生徒は、しっかり勉強出来ているので、

自分が出来る問題と出来ない問題をちゃんと把握しています。

だから成果分析も正確に出来るのです。

保護者のみなさまにおかれましても、楽観的な報告にぬか喜びされぬよう

心して報告をお受け止めください。

敬具

植竹

三者面談の季節

2021年9月27日

みなさん、こんにちは。塾長の植竹です。

10月中旬から始まる三者面談の日時ご希望票が

ご自宅に届いている頃です。

ご希望は早いご提出順で埋まっていくので、

ぜひお早目のご提出を!

それと、ご希望の日時が多いほど、一発で決まりますし、

わたくし植竹も楽です(笑)!

たくさん〇を付けてください!

IMG_2628

また、三者面談では遠慮なくご意見・ご要望をおっしゃってください。

長年の塾長経験で、幾度となくサンドバックのように

痛打された経験がある植竹は、多少のパンチでは倒れません。

塾は学校に比べてはるかに成果を求められる場所です。

みなさまのお声によって我々も成長できます。

よろしくお願いいたします。

植竹