Monthly Archives: 4月 2022

GW課題!

2022年4月28日

こんにちは、塾長の大谷です!

本格的に気温が上がってきて、生徒の皆さんのTシャツ姿も増えてきました。

4月29日(金)~5月8日(日)の塾はお休みとなります。

GW中、旅行など外出の機会が増えると思いますが、こまめな手洗いうがいを忘れないよう気を付けましょう。

中学生は連休が明けてすぐに5月15日(日)学力診断テスト・進路判定テストがあります。
今週皆さんには、塾で実施した4月の学力テストを返却しながら「この問題は出来たはずだよね?もったいない。数学の計算ミスをなくそうね!」「英語の読解、時間足りなかったかな?時間も意識しよう!」など、一人ひとりに声をかけて5月の学力テストへ向けての気合を入れました。

そして、6月には各中学校で1学期末テストがあります!
1年生は初めての定期テスト!
2年生「受験はもう始まっている」を合言葉に!
3年生は言うまでもなく、受験の1発目!!(今回のテスト結果から内申点を上げていかなければ間に合いませんよ!)
それぞれの学年で大切な意味をもつテストが迫っています。
そんな学力テスト・1学期末テストへ向けて、大谷から皆さんにGW課題を出しました。
33221
↑↑(学年・クラスにクラスにより教材は違います)↑↑

中学1年生には、
毎国(国語力強化)
A-pal(学力テスト向け実践問題)に加え
ここまでの英数の内容を定着させるためのオリジナル冊子

中学2年生には、
毎国(国語力強化)
A-pal(学力テスト向け実践問題)
ここまでの英数の内容を定着させるための各教科テキスト宿題

中学3年生には
毎国(国語力強化)
B-pal(学力テスト向け実践問題5教科)に加え
ここまでの英数の内容を定着させるためのオリジナル冊子
さらに!!G特訓(本部長・塾長特訓)理社の復習もあります。

小学生の皆さんにも
ここまでの算国の内容を定着させるための5日間勉強冊子
を配布しています。

後になって「時間が無い」「間に合わない」と言わないように(テスト2週間前から9教科の勉強が間に合いますか?)このGW中にじっくり取り組んで、学習内容を定着させましょう!

プラスワン特訓!

2022年4月23日

こんにちは、塾長の大谷です!

先週まで上着を着こんで「寒い寒い」と言っていたのに、早くも夏の気配が感じられるようになってきました。

新学年が始まり、皆さんの新しい学校生活の様子を聞きつつ、船堀校ではプラスワン特訓がスタートしました!

プラスワン特訓とは
「受験はまだ先だし・・・」と中だるみになってしまいがちな中学2年生を対象に
「受験は中2から始まっている!」を合言葉に、生徒一人ひとりに「今なにが必要か」を一生懸命考えて実施する、不定期で月に2回程度行う特別授業(無料)です!
名称未設定

4/21(木)は来年の受験に備えた復習として(6月の定期テストの範囲になる中学校もあります)理科の「大地の変化(地震・地層)」分野の都立入試問題にチャレンジしてもらいました。
321
1年生の定期テストでは高得点を取れていたり、基本的な問題は理解できているつもりでも、時間が経って忘れてしまっていたり、都立入試問題の形式に戸惑っていたりと、とても良い刺激になったと感じています。

都立入試では理科・社会の得点が合否を左右します。上位校を目指すには85点以上の得点が必要になってきます。

定期テスト前に一生懸命頑張ったからといって、その内容を3年生の受験まで覚えていられるわけではありません。

定期的に復習して知識を定着させて欲しい!

来年、また最初から覚え直さなくても良いようにしたい!

今から都立入試を意識して、中学2年生から不安の無い受験準備をしたい!

そんな想いで実施しているプラスワン特訓です!
中2のこの時期から少しずつ積み重ねる事で、来年の受験が大きく変わってきます!
都立第1志望校合格を目指して一緒に頑張りましょう!

春のグランプリ結果!

2022年4月15日

こんにちは、塾長の大谷です!

先日3回目のワクチンを接種し、発熱は殆どなかったものの腕の痛みが酷く中々思うように動けない一週間でした。
寒暖の差が激しい毎日です。うがいと手洗いを基本に体調に気をつけましょう!

春期講習会が終わり、本格的に新学年のスタートです!
そして、4/6(水)に実施した春のグランプリの結果も出揃いました!

「グランプリ」とは?
小学生は漢字100問・計算50問
中学生は英単語100問・計算50問
それぞれを30分という限られた時間で取り組み、集中力と基礎力を強化します!

新しいビットマップ イメージ
小学校の英語授業では700語を学習したことになっていますが実際には書けない場合が多かったり、中学校の教科書でも今までは高校レベルだった英単語が掲載されている反面、基礎的な英単語は取り上げられなくなってきています。
「最低限書けなければいけない英単語」の確認をするため、英単語グランプリを行っています。
算数・数学でも、文章問題や図形問題を考える力が付いても計算ミスをしては点数になりません。
成績アップの基本として、漢字・英単語・計算は絶対必要!という思いで講習会毎に実施している一橋セミナーオリジナルの基本学力強化シリーズです!

さて、結果ですが・・・
小学生漢字(80点合格)…合格率81%(うち満点3名)
小学生算数(80点合格)…合格率91%(うち満点2名)
中学生英単語(80点合格)…合格率80%(うち満点7名)
中学生計算(80点合格)…合格率50%(うち満点1名)
という結果となり、中学生の計算部門に関してはかなり残念な結果となりました。
講習会中、毎日計算小テストを繰り返したものの、「あせらず!丁寧に!」と言い続けたせいか、計算量の多さに時間が足りなかった生徒が多かったようで、大いに反省する結果となりました。申し訳ありません。今後は正確さと共に計算速度も重視するよう指導をしていきます。
とはいえ、早い時期に課題が見えた事は大きな収穫だ、と前向きにとらえましょう。
不合格だった生徒の皆さん!もう一度勉強して合格するまで一緒に頑張りましょう!