受験成功の第一歩

2019年4月27日

こんにちは、塾長の古川です。

 

「どうすることが自分の心に一番恥じないのか。何を一番いいと信じるのか。それだけはきちんと胸に置いておく必要があります」

辻村深月さんの書いた「ぼくのメジャースプーン」での秋先生の言葉です。

 

中学生の毎日は忙しいものです。

朝早くから部活があり、学校があり、また部活をしてから塾に来ます。

友達との付き合いもあるでしょうし、見なくてはいけないテレビ、やらなくてはいけないゲームだってあるのでしょう。

 

そんななかでも、否応なく「受験」の日は近づいてきています。

中学3年生は、忙しい毎日の中でも、受験勉強」をしていかないといけません。

では、具体的に何をやればいいのか?

こんな忙しいのに、何ができるのか?

 

それについては、一橋セミナーの中3生には、毎週のG特訓具体的に今できること、やるべきことをお伝えしています。

でも「やるか、やらないか」は、結局自分次第です。

 

中3生は、塾の全国テストを、受けたその日に自己採点してもらっています。
自己採点

自己採点は何のためにやるか、4月のG特訓でお伝えしました。

そうです。できなかった問題を一刻も早く解き直して、できるようにするためです。

できないものをできるようにしていくことが勉強ですし、そのようにしてしか成績は上がりません。

 

忙しい毎日のなかでも、最低限これをやろうと決め、それを自分に恥じないようにやっていくこと。

これが受験成功の第一歩となります。

 

頑張ろう、受験生!