頑張る気持ち

2020年10月31日

こんにちは、塾長の古川です。

先日、有名なママさんが、受験勉強の悩みに答えている文章を読みました。
小5の娘は、頑張る気持ちが足りないから成績が伸びない気がするが、どうすれば頑張る気持ちを引き出せますか?という悩みでした。
有名なママさんは、頑張れないから成績が悪いのではなく、実力が足りないから問題が解けないのですと、答えていました。
頑張ろうという熱意があったって、問題が解けるわけではありません。ただの実力不足なので、的確なトレーニングを繰り返して実力をつけていきましょう、とのことでした。

たしかに、頑張る気持ちだけでなく、実際に問題を解き、手を動かしてもらうことが、成績アップには必要なのです。

中学校の定期テストが近づいています。
前回のテストで結果が出なかった生徒には、何らかの対応を助言しています。
でも、「こういうことを、こういうふうにやるといいよ。頑張ってね!」と言ったって、実際に頑張れる人は半分くらいです。
ですから何名かの生徒には、こういうふうにやるといいよということを、プラス1補習でやってもらっています。

プラス1 ガンバリ

これからも、できるだけ一人ひとりに寄り添って、頑張る気持ちを支えていきます!