理社の暗記

2019年10月26日

こんにちは、塾長の古川です。

期末テストが近づいてきました。

前回の中間テストの結果をみると、特に中1生で、塾で毎週習っている英数の成績は良かったけれど理社は点数がとれなかったという生徒が目立ちました。

理社は2週間前に授業をしてポイントを確認しますし、暗記する用の1問1答プリントも配布しています。

理社プリ

直前には過去問にも取り組んで準備していますから、もちろん高得点をとってくれる生徒もいます

しかし、同じ対策をしていても、なかなか理社の点数が伸びない生徒だっています。

理社で点数がとれない生徒たちは、暗記ができない、暗記の仕方がわからないと言います。

 

確かに、暗記の仕方にもコツがあります。

テスト形式で、声に出しつつ手で書きつつ、7つくらいの知識をセットにして覚えていくなどです。

ただ、そういった単純な暗記以上に有効なのは、身近な誰かに、教科書の知識を説明することです。

 

享保の改革で徳川吉宗は、AやBやCをやりました。Aはこんなきまりで、こんな目的で作られたものです。Bは、こんな制度で…、といった感じで説明するのです。

はじめは教科書などを見ながら、慣れてきたら何も見ないで説明します。

説明をすればするほど、知識をしっかりと暗記できますし、単に単語としてではなく、流れのある知識として定着していきます。

この作業を、友達相手に、友達がいなければ自分の部屋で自分に向けてでいいから、やってみましょう。

 

書物から得た知識の多くが、ほったらかしにしておけばいつまでも“他人”なのだが、第三者にわかりやすく紹介してみせる事で、初めて“身内”になってゆく

岩明均さんが描いたマンガ、『ヒストリエ』でのエウメネスのモノローグです。

 

知識をどんどん身内にして、理社を得意にしていきましょう!