Monthly Archives: 11月 2019

メンタルを鍛える

2019年11月30日

こんにちは、塾長の古川です。

「ボディランゲージ(行動)は気持ちに影響力を持つんだ」

「試合で常にベストプレイをしたいなら、心・メンタルも一緒に鍛えなきゃダメだ」

ひぐちアサさんが描いているマンガ、『おおきく振りかぶって』で、小松崎さんが色々興味深いことを教えてくれています。

生徒の皆さんは、問題を解くときに、どういうメンタルでのぞんでいますか?

「うわ、こんなの解けるわけないよ」とか「むり、むずかしい」とか言いながら解こうとしていませんか。

そのような言葉を発していると、自分の気持ちをダウンさせますし、出せるはずの思考力も出し切れません。

問題を解くときには、「オレになら解けるはず!」とか、よし、簡単そう」とかいった強気な発言をしながら解くことが大切です。

プラス思考の言葉を日常的に発していくことで、メンタルがタフになっていきますし、問題に対して自分の持てる力を使いきってのぞむことができるようになるのです。

ですから、何年生であっても、問題を解くときに、まず強気で前向きな発言をしてみましょう!

見た瞬間、うわ、難しそうと思ってしまっても、それを打ち消す声を出していきましょう!

受験生は、公立入試まであと70日程度と、わくわくする期間に入ってきましたね。

毎日、毎日、たくさんの問題に取り組んでいます。

メンタル問題

そんななかで、着々とメンタルを鍛えて、本番に備えていきましょう!

 

11月の心得

2019年11月16日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

11月の心得が更新されました。

今月の心得11月号

多くの中学校の期末試験が今まさに行われています。

ここでいつも気になっていたことをお伝えしようと思います。

テストが終わると「時間がなかった」とか「凡ミスが…」といった声を毎回のように耳にします。

これらは表面的には「自分には解くだけの力があったけど、その力を十分に発揮できなかった」と捉える事ができますが、

本質「解ききるための訓練が足りず、ミスを防ぐための準備が不足していた」のだと思います。

塾での授業でも、学校での授業でも「解けて満足」ではなく「時間を決めてその中で解ききる」努力

意識して行なっていたでしょうか。

テスト結果が返ってきてからの「点数」に関しての反省ももちろん大切ですが、

毎回毎回のテストが順風満帆にいくわけではありません。

テストが全て終了してから、答案が返される間にも点数面以外での反省をすることができます。

上手くいかなかった部分は、次に生かさなければまた同じことを繰り返してしまいます。

そうならないためにも、“言い訳” はやめて、本当の意味での反省・自己分析をしていきたいですね。

 

『私が見た限り、言い訳をする選手は伸びたためしがない』

書籍「35歳までに学んでおくべきこと」からは、野村克也さんの言葉です。

今年もあと2カ月で終わろうとしています。

やり残しがないように、1日1日を大切に過ごしましょう!