Monthly Archives: 10月 2018

中学生 三者面談

2018年10月27日

こんにちは。塾長の古川です。

中学生の三者面談が始まります。

2学期三者面談

中1・中2生なら、今後どうやってより上手に勉強をしていくのかを、ご相談させていただくことが多いです。
私たちの今までの経験、その生徒の個性、社会の変化、、、
色々なことを踏まえて、何かいい変化が生まれるようなご相談ができればと思っています。

中3生との面談では、受験に関しての話に終始することになります。
志望校までの距離は、具体的にあと何点分なのか。
その足りない得点を、何の科目をどのように学ぶことで補っていくのか
やはり私たちの経験から、できる限りのご提案をします。

でも結局、勉強するのは生徒本人です
先生や親が躍起になっても、成績は上がりません。
ですから、生徒本人が「やってみようかな」と思えるような面談ができればいいなと、いつも思っております。

「未来に『絶対』はない。
今、自分が進んでいるのは一本道ではない。平原だ。右か左にわずかにハンドルを切るだけで、針路を変えることができる。」

高野和明さんが書いた「幽霊人命救助隊」の一節です。

まずは「やってみる」こと。
そして上手くいかなかったら調整すること。
その繰り返しで、未来を変えていきましょう。

気づきはやる気の源

2018年10月10日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

10月になり、今月の心得も更新されました。

今月の心得10月号

多くの中学校で中間テストが終わりました。

中1・2生には、毎回同じことを言っていますが、 自己分析  をしましょう。

「点数がヤバかった」などの分析は、ただの結果報告にすぎません  。

「こういう勉強の仕方だったからこういう結果になった」などの  “原因”  を必ず分析するようにしましょう。

そして、その分析を、日々の塾の授業態度などに反映させていきましょう。

今回のテストの結果が振るわなかった生徒は 、次回の期末テストに向けて積極的に呼び出しをしていきます。

テストに向けた準備を早い段階から進めていきますので、一緒に頑張りましょう。

 

中3生は学校のテストが終わっても全国テストやV模擬など、テストは続きます。

モチベーション次第でいかようにでも、

成績・やる気  は上がります。

上手く自分を  コントロール  しましょう。

最近は塾を上手に活用できている生徒も増えています。

自分のために利用できるものは全て利用して、 第一志望校合格  に向けて頑張りましょう!

 

『学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる』

物理学者のアインシュタインの言葉です。

どんなに  小さなこと からも  発見や学び  はあります。

そこらじゅうに転がっている  成長の種 (気づき) を見逃さずに、自分で拾い上げていきましょう。