Monthly Archives: 8月 2018

暗唱選手権

2018年8月23日

こんにちは。塾長の古川です。

いいかい、気持ちなんて伝わらない。伝えたいものは、言葉で言いなさい。それがどんなに難しくても
森博嗣さんの書いた『詩的私的ジャック』での犀川先生のセリフです。

言葉で何かを伝えるためには、たくさんの言葉を知っていた方が有利です。
そこで夏期講習会前半日程では、小学生の皆さんを対象に『暗唱選手権』を開催しました。選手権では、色んな種類の言葉たちを暗唱してもらいました。

暗唱

定番の古文や漢文、詩の暗唱以外にも、春の七草や秋の七草、12星座や県庁所在地といったものまで、全36種類。
多くの生徒が頑張って暗唱に挑戦し、見事全クリした子もでました!

その成果?か、ある生徒は、マツダスタジアムにて広島カープのバティスタ選手にスペイン語で呼びかけて、ボールをゲットしたそうです。(ウノ・ドス・トレス・クワトロ…というスペイン語の数のカウントの暗唱をした成果?かもしれません)

8月20日からの後半日程では、小学生の皆さんは8日間の講習会に取り組んでいます。
毎日、漢字テストもありますし、文章題も解きます。苦戦している子も多いですが、文章にたくさん触れて多くの言葉を身につけていきましょう。
そうすれば、より多くの人により正確に自分の思いを伝えられるようになります。

残り少なくなってきた夏休みですが、全力で学んで、全力で楽しんでいきましょう!

自分の敵は自分自身

2018年8月20日

みなさん、こんにちは。岩佐です。
 
『成し遂げようと決めた志を、たった1度の敗北によって捨ててはならない』

劇作家・シェイクスピアの言葉です。

 

普段の授業は学校の先取り授業なので、初めて習うことが多いです。

しかし、夏期講習会は復習がメインになります。

ここで「あの時はできなかったけど、もう1回頑張ってみようかな」と思うことが大事です。

1度できなかったからといって、すぐに諦めてはいけないのです。

つまり、「1度の敗北」で「可能性」を捨ててしまってはいけません。

成功への道筋

以前に同じような問題を解いたときよりも、

1歩でも2歩でも前進していたら、

それは立派な「成長」です。

小さな成長を積み重ねることが、大きな成長を生みだす唯一の方法です。

失敗が成功を生む

また、自分の成長を妨げている1番の要因は自分自身にあることが多いです。

他人と比べて自分はどうなのか?も大切ですが、昨日の自分と比べてどうなのか?という

観点も持てるといいですね。
 
勉強が楽しく感じられるように先生たちもより一層気合いを入れて授業をしていきます!

皆さんも少しでも多くのことを吸収する気持ちで取り組みましょう!