Monthly Archives: 10月 2017

Mistakes of Others

2017年10月21日

こんにちは。塾長の古川です。

ニューディール政策で有名なフランクリン・ルーズベルトの奥様、エレノア・ルーズベルトは言いました。
Learn from the mistakes of others. You can’t live long enough to make them all yourself.
(他人の失敗から学びなさい。あなたは全ての失敗を自分でできるほど、長くは生きられないのだから。)

勉強に関しての「他人の失敗」をたくさん知っているのが、先生の強みだと思っています。
「先生」を長年やっていると、勉強に関しての本当にたくさんの『失敗』に直面しますし、それらに対する解決策もみえてきます。
ですから、ぜひ三者面談で、困っていることを相談してください。

DSCN0266
こんなふうにしたらいいのでは?といったご提案をしていきます。

また、、失敗をしそうな勉強をしているという生徒には、その旨を伝えていきます。
早めに気付いて直していきましょう。

それでも、結局失敗はするでしょう。

大人だって、日々失敗ばかりです。

でも自分で痛い目をみて、そこで悩み、考え、もちろん相談もして、そして解決した「自分の失敗」は、確実にその後の人生の糧になります。

秋は学びの季節です。
どんどん挑戦して、たくさん失敗して、ますます成長していきましょう。

今月の心得・10月号

2017年10月12日

みなさん、こんにちは。岩佐です。
今回は 10月の心得 について話そうと思います。
10月の心得
今月は テストに向けての勉強効率を
上げること と、
提出物をきっちり提出すること
意識してほしいです。
テスト勉強に関しては、テストのある月には
いつも言っていますが、
ワークを早めに終わらせて、意義のある勉強をすることが大切 です。
ワークに踊らされることがないように、早い時期から着手するようにしましょう。

また、提出物に関しては小学生部門に書きましたが、中学生も同じです。
最終的に出せばいいわけではなく、
「 期日まで 」 「 自分のためにやってくる 」ことが大切です。
宿題にも同じことが言えますよね?
「 先生に怒られないため 」 ではなく
「 自分のため 」 に宿題をやってくるようにしましょうね!

 

『  本気ですれば大抵のことはできる。
  本気ですれば何でもおもしろい。
  本気ですれば誰かが助けてくれる。』
野球界のスーパースター、長嶋茂雄さんの言葉です。

“勉強はできるようになれば面白い” です。 “できなければつまらない” ですよね。
やってもできないときには、手を差し伸べてくれる先生がいます。
気持ちさえ途切らすことをしなければ、良い結果は出るはずです。
先生たちは教えること・褒めること・叱ることを妥協しません。
皆さんも習ったことはすべて理解するつもりで勉強していきましょう!

諦めない心と自分の可能性

2017年10月1日

みなさん、こんにちは!岩佐です。

10月にもなると部活動も大会の時期となり、忙しさが増していますが、
それでも、頑張って塾に来てくれて偉いです。
しかし、来るだけでは意味がないですよね?
「すごく疲れているから勉強なんてできない!」という気持ち…とてもよく分かります。
ですが、周りの人たちも同じ環境です。
みんな疲れている中で頑張っています。
辛いのは自分だけではないことを理解して、
「勉強できない」というマイナスの思考から
「周りも頑張っているから自分も頑張ろう」というプラスの思考に変えてほしいです。

前回の塾長のブログの内容は 
“チームとしての力” でした。
塾に来れば、そこには仲間がいます。
全員が真面目に取り組んでいれば、

お互いがお互いを刺激し合います。
「周りが頑張っているから自分もやらなきゃ!」と思えるはずです。
これが一橋セミナー、6人制のチームの力です。
テスト自体は個人種目ですから、団体で何かをするわけではありませんが、
そこに至るまでの過程でこの“チーム力”を大いに活用しましょう!

定期テストに向けて、対策授業とは別にプリントがほしいという人!いつでも言ってください!
僕だけ・私だけ特別プリント・冊子を作成してお渡しします!

特別プリント 特別冊子

これは今回の中間テスト時のプリント・冊子の実例です

『もし、人に限界があるとするならば、それは諦めた瞬間でしょう』
これはドラマ「相棒」の杉下右京さんの言葉です。

テストまで、まだ時間があるのに、諦めている人はいませんか?
すごくもったいないです。もったいなさすぎます。
自分で勝手に線引きをして、可能性をつぶしてしまわないでください。
諦めていい教科はありません。
最後の最後までひたむきに。
“諦めない心”  を持つことを意識してください。

自分の能力を駆使して、自分の可能性に気づきましょう!