Category Archives: 心得

自己採点

2020年11月15日

みなさん。こんにちは。岩佐です。
11月になり今月の心得も更新されました。
今月の心得

中学生は目下、テスト期間で勉強に必死に取り組んでいますが、小学生も昨日、塾の定期テストが行われました。
そんな中で、一つ感激した出来事がありました。
テストと聞くと「いやだな」と思う生徒が大半です。
 テストが終われば一目散に帰宅する生徒も少なくないのですが、 「自己採点するからコピーちょうだい!」と多くの小6生からコピーをねだられました。そのことに驚かされました。

「自分の解答・結果に興味持つこと」を小学生の段階からできることは素晴らしいことです。
また、それが新松戸校の生徒に多いことは誇らしいなとしみじみ感じていました。

さすがに解き直しまではすぐにできるわけではないようですが、間違った問題はぜひ解き直しをしてほしいなと思います。

 

*新松戸diary 5*

中2のとある生徒は、前回のテスト勉強のやり方を反省し、生かすために、

理社の対策授業の初回にあげている「手書きの一問一答」をそれよりも前にほしい!と言ってきました。同じ過ちをおかさないためにも、自分なりに工夫をしている点が素敵だと思います。

以前は勉強に対して億劫だったのですが、苦手な数学も「得意科目と思い込んで頑張る!」と前向きに取り組んでくれています。

テスト範囲が広く、苦戦を強いられているようですが、頑張って学習をしてほしいですね。

 

三者面談開始

2020年10月15日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

10月の心得

10月16日(金)から三者面談が始まります。(感染対策をした上で実施します)

日頃の塾の様子は、1か月に1回、3~4週分の授業の様子教務日誌にてお知らせしていますが、他にも伝えたいことはたくさんあります。

また、皆さんからも普段はなかなか言えないけれどこれを機に…ということで話したいこともあるかもしれません。

我々と皆さん、そして保護者の方との想いを共有する貴重な場でもありますので、ぜひ様々な意見を聞かせてください。

 

「withコロナ」の生活が当たり前になりつつあり、とはいえ早く元の生活に戻りたいと思う気持ちもぬぐい切れない日々が続いています。

松戸市の感染状況は思わしくなく、学校によっては学年閉鎖なども発生しています。

しかし、一橋セミナーではどんな状況下でも生徒の学び止めることはありません

一橋セミナーだからできる対応・指導で皆さんの学力を伸ばす努力を続けていきます

 

*新松戸diary 4*

中1男子生徒は、授業ノートが決して褒められる状態ではなかったのですが、
指導を続けたことできちんと色ペンを使用し、わかりやすくまとめられるようになってきました。
「やればできる子」と自画自賛していた彼のすがたはどこか少し自信がついているようにも見えました。これからも“極上の自分ノート”作りを頑張ろう!

皆さんへのメッセージ 第2弾!

2020年5月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

前回のブログでも告知したように、皆さんへのメッセージ第2弾をお届けします!

メッセージ②

5月のLIVE授業も皆さんの積極的な参加のおかげで大きな問題もなく、予習内容をじっくり学習することができています。

校舎にはスタッフ複数名しかいないのですが、授業時間になると生徒がそこにいるかのように楽しそうな雰囲気が漂っています。

一橋セミナーではLIVE授業でも普段と変わらず皆さんの「わからない」を放置したりはしません

我々の方から「〇〇くん、大丈夫?」「△△さん、質問はない?」「皆さんから質問は出てこなかったけど、念のため確認するね!」など、

個々への呼びかけを徹底するとともに、注意すべきポイントについてはこちらから説明をするよう心がけています

ちょっとの疑問でも、放っておくと後々大きな悩みに発展することも少なくありません。

少しでも「?」と思ったら、声をかけてくださいね!

 

今は苦しい時期かもしれませんが、必ず仲間と笑い合える日がやってきます。

自粛(我慢)し続けている今、皆さんの忍耐力は日々向上しているはずです。

苦しみに耐え抜いた後にはその磨き上げた力を多方面で発揮してほしいと思っています。

もう少しの辛抱です。みんなで乗り越えていきましょう!

 

 

今月の心得 特別版!

2020年5月9日

皆さん、こんにちは!岩佐です。

一橋セミナーでは4月に引き続き、5月もLIVE授業を行なっていくことになりました。

しかし、4月とは違い、時間も内容もパワーアップしています!!

毎授業、素晴らしい授業をお届けするために全スタッフ必死です!

生徒の皆さんもバリバリ勉強をしていきましょう!

 

LIVE授業で皆さんの様子は見えますが、やはり直接お会いできないことは非常に寂しいです。

しかし、皆さんも同様に寂しいのではないか…と考え、

今月の心得は特別版をご用意しました!!!(岩佐代筆)

今月の心得特別版

生徒の皆さんが少しでも元気になれば、心温まればと思い、メッセージをスタッフの皆さんがえてくれました

第1弾と書いてあるように、これですべてではありません。

第2弾も近日中にお届けしますので、楽しみにしていてください!

 

寂しくなったり、元気が出ないときはぜひ塾にお電話して下さい!

もちろん、勉強に関する質問もお待ちしていますよ!

春期講習会は目前!

2020年3月21日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

3月も心得が更新されました。

3月の心得

2週間の休校期間を終え、活気あふれる一橋セミナー新松戸校が戻ってきました!!!

皆さんの元気な姿を見ているだけで、我々も活力が湧いてきます !!

数名、体調不良で休んでしまった生徒がいたことは残念でしたが、

ほとんどの生徒が笑顔で塾に来てくれました

そのことがものすごく、ものすごく嬉しかったです。

 

また、「部活がないから外で自主練しています!」

「本当はプロ野球の開幕戦を観に行くはずだったのに、延期になってショック…」

「面白いYouTuber見つけちゃった!」などなど、生徒と直接顔を見てお話しをすることもできました。

 

休校期間中、塾からは課題が出されていましたね。

電話連絡をした際には「まだ手をつけていないんだよねー」とか「数学は終わったけど、英語がまだ…」といったような声も聞かれて心配でしたが、結果的にはきちんと提出することができました!

2週間の間、頑張って勉強してくれてありがとう!

 

3月26日(新中2・3生は27日)からは春期講習会が始まります!

(新中3生の受験を意識した講座であるファーストダッシュ講座は23日からです)

自宅学習を立派にこなしてくれた皆さんなら、この講習会も素晴らしいものにできると信じています

自分の中に、まだ不安な点や解決しておきたい部分があるならば、この講習会で全てをすっきりさせて、新学期を迎えましょう!

 

 

◆新型コロナウイルスの感染予防策について◆

一橋セミナーでは、校舎内の消毒、換気、職員の検温、マスク着用など万全の対策を実施しております。

ご不明な点がございましたら、教室までお問い合わせください。

 

11月の心得

2019年11月16日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

11月の心得が更新されました。

今月の心得11月号

多くの中学校の期末試験が今まさに行われています。

ここでいつも気になっていたことをお伝えしようと思います。

テストが終わると「時間がなかった」とか「凡ミスが…」といった声を毎回のように耳にします。

これらは表面的には「自分には解くだけの力があったけど、その力を十分に発揮できなかった」と捉える事ができますが、

本質「解ききるための訓練が足りず、ミスを防ぐための準備が不足していた」のだと思います。

塾での授業でも、学校での授業でも「解けて満足」ではなく「時間を決めてその中で解ききる」努力

意識して行なっていたでしょうか。

テスト結果が返ってきてからの「点数」に関しての反省ももちろん大切ですが、

毎回毎回のテストが順風満帆にいくわけではありません。

テストが全て終了してから、答案が返される間にも点数面以外での反省をすることができます。

上手くいかなかった部分は、次に生かさなければまた同じことを繰り返してしまいます。

そうならないためにも、“言い訳” はやめて、本当の意味での反省・自己分析をしていきたいですね。

 

『私が見た限り、言い訳をする選手は伸びたためしがない』

書籍「35歳までに学んでおくべきこと」からは、野村克也さんの言葉です。

今年もあと2カ月で終わろうとしています。

やり残しがないように、1日1日を大切に過ごしましょう!

 

取捨選択と自立

2019年10月14日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

10月の心得が更新されました。

10月の心得

中3生のみなさんは、いよいよ志望校を固める時期にもなってきました。

志望校は学校見学や将来の自分を見据えて、「自ら選択する」こととなります。

小学校や中学校とは違い、自分で行きたい高校を選ぶことができるのです。

自由で良いという側面もありますが、自分で決めるのですからそれ相応の責任も伴うこともまた事実です。

これからの3年間を過ごす仲間や環境が決まるわけですから、「どこでもいい」とは言わず、じっくりと考え抜きましょう。

また、偏差値などの壁は常に立ちはだかるわけですが、自分が本気で行きたい高校であれば、その想いに伴った努力をするはずですから、

決して打ち崩せない壁ではありません。

口だけ人間にはならず、できれば言行一致するような人間になってほしいです。

 

『特別なことをするために特別なことをするのではない、

特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。』

元プロ野球選手のイチローの言葉です。

 

受験というと何か特別なことのように感じるかもしれません。

しかし、内容は5科目の筆記試験で学校の定期テストと何ら変わりません。

普段のテスト勉強のように毎日の学習を積み重ね、「演習→復習・解き直し」を大切に、

あと4ヶ月間を過ごしてください。

 

何事にも本気で

2019年6月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

6月の心得が更新されました。

6月・心得

まさに今、テスト期間真っ只中で生徒も先生もみな大忙しです。

「嫌だなあ、めんどくさいなあ」とマイナスに捉えることもできますし、

「充実してる!、自分頑張っているじゃん!」とプラスに考えることもできます。

人は気持ちの持ちようで行動が変わってきます。

その気持ちを変えてくれるのは環境です。

どういう環境が“自分にとってベスト”かを考えて、1番適した場で勉強に励みましょう。

今からテストがダメだった言い訳を考えている人がいれば、すごくもったいないので、心を入れかえましょうね!

しつこく言いますが自分が「いつ、どこで、何をやるのか」を明確にさせて計画的に学習してください。

『行動を起こさないことは、単にゼロなのではなく、日々機会が失われていく、すなわち、マイナスであると思った方がいいのです』

書籍 目立つ力の一節です。

1点でも多く、1つでも上の順位を目指す貪欲さを打ち出していけると素敵です。

先生たちも生徒の皆さんの力になれるように尽力していきます!!

 

こちらは先週の林間の前に塾生が好天を願って作ったテルテル坊主たちです

明日晴れるといいな

何事にも本気な生徒、誇らしいです(*^^)

自分に正直に

2019年5月18日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得も更新されました。

5月の心得

みなさんは「テスト」の解き直しはしているでしょうか?

学校のテスト、塾のテストではもちろんのこと、日々の塾での「復習テスト」でも解き直しはできます。

間違ったものの解説を聞いただけでは、自力で解けるようになったとは限りません

必ず自分の手で再度解くようにしましょう。

そうすることで、次回同じ問題が出てきたときに同じミスをしなくて済みます。

「解き直しをしない=自分の弱点を放置している ことを自覚していきましょう。

こんな恐ろしいことをし続けていては、分からないことは一方的に蓄積されて修正が不可能になってしまいます。

分からないことは恥ずかしいことではありません。

理解できなかったことに対して「分かった気」でいる方がよっぽど恥ずかしいです。

そのこともまた、各人が認識し、行動を変えていきましょう。

 

『修正の最初のステップは誤ちの認識である』

セネカという古代ローマ時代の政治家の言葉です。

全てが完璧にこなせる人などいません。

修正を大切に、「自分に正直」に勉強も進めていきましょう!

 

自分を高められる目標を定めよう

2019年1月14日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今月の心得・1月号

冬期講習会が終了し、グランプリも着々と採点が終わって結果が出てきています。

中2の生徒は 国数英の授業に加え、理社トレウィンターという宿題冊子にも取り組んだので、

人生初の5科目の講習会になったのですが、毎日頑張ってくれました。

お疲れ様でした。

さて、新年を迎え「今年の抱負」を述べよう!という機会も増えますが、

単なる「抱負」、つまり目標だけで終わっては意味がないです。

目標は高く掲げろとはよく言いますが、高ければそれでいいのかはよく考えなければなりません。

目指すゴールは近すぎず、遠すぎない、努力したらやっと手が届く位の場所に設定するのがベストです。

そして、目指す地点が分かったら、中継地点を定めながら段階的に努力を積み重ねていきましょう!

 

『先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する』

アメリカの鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーの言葉です。

 

本年も、講師一同、生徒のために精一杯尽力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。