Category Archives: 日常

自己採点

2020年11月15日

みなさん。こんにちは。岩佐です。
11月になり今月の心得も更新されました。
今月の心得

中学生は目下、テスト期間で勉強に必死に取り組んでいますが、小学生も昨日、塾の定期テストが行われました。
そんな中で、一つ感激した出来事がありました。
テストと聞くと「いやだな」と思う生徒が大半です。
 テストが終われば一目散に帰宅する生徒も少なくないのですが、 「自己採点するからコピーちょうだい!」と多くの小6生からコピーをねだられました。そのことに驚かされました。

「自分の解答・結果に興味持つこと」を小学生の段階からできることは素晴らしいことです。
また、それが新松戸校の生徒に多いことは誇らしいなとしみじみ感じていました。

さすがに解き直しまではすぐにできるわけではないようですが、間違った問題はぜひ解き直しをしてほしいなと思います。

 

*新松戸diary 5*

中2のとある生徒は、前回のテスト勉強のやり方を反省し、生かすために、

理社の対策授業の初回にあげている「手書きの一問一答」をそれよりも前にほしい!と言ってきました。同じ過ちをおかさないためにも、自分なりに工夫をしている点が素敵だと思います。

以前は勉強に対して億劫だったのですが、苦手な数学も「得意科目と思い込んで頑張る!」と前向きに取り組んでくれています。

テスト範囲が広く、苦戦を強いられているようですが、頑張って学習をしてほしいですね。

 

三者面談開始

2020年10月15日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

10月の心得

10月16日(金)から三者面談が始まります。(感染対策をした上で実施します)

日頃の塾の様子は、1か月に1回、3~4週分の授業の様子教務日誌にてお知らせしていますが、他にも伝えたいことはたくさんあります。

また、皆さんからも普段はなかなか言えないけれどこれを機に…ということで話したいこともあるかもしれません。

我々と皆さん、そして保護者の方との想いを共有する貴重な場でもありますので、ぜひ様々な意見を聞かせてください。

 

「withコロナ」の生活が当たり前になりつつあり、とはいえ早く元の生活に戻りたいと思う気持ちもぬぐい切れない日々が続いています。

松戸市の感染状況は思わしくなく、学校によっては学年閉鎖なども発生しています。

しかし、一橋セミナーではどんな状況下でも生徒の学び止めることはありません

一橋セミナーだからできる対応・指導で皆さんの学力を伸ばす努力を続けていきます

 

*新松戸diary 4*

中1男子生徒は、授業ノートが決して褒められる状態ではなかったのですが、
指導を続けたことできちんと色ペンを使用し、わかりやすくまとめられるようになってきました。
「やればできる子」と自画自賛していた彼のすがたはどこか少し自信がついているようにも見えました。これからも“極上の自分ノート”作りを頑張ろう!

点数も通知表も

2020年9月14日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

9月14日・15日で小金中の定期テストが行われます。 夏期講習会が終わってからすぐに対策授業に入り、 塾生にとっては大変な日程ですが、各人が頑張って課題や対策授業に取り組んでくれています

テストの成績向上だけでなく、一橋セミナーでは提出物の指導も徹底しています。(通知表も伸ばすためです。)

中3生は部活も引退し、勉強に対する姿勢の変化も見られるようになってきています。

自習をする生徒が多く、たくさんの質問が塾内で飛び交っています。

1日目を終えた小金中生からは、「あのとき勉強した内容が出て、解けたよ!」などの声も多く聞かれました。

 

また、受験生である中3生は9月からラストスパート講座」が始まりました。

現在は小金中生はテストに向けた5科目の対策授業、その他の中学校は受験に向けた発展演習授業を行なっています。定期テストにも入試にも抜かりのないよう、一橋のオリジナル講座で得点力を磨いていきます。

 

『小利を見れば、即ち大事ならず』

目の前の利益に惑わされれば、大きな目標に到達することはできないという意味です。

テスト勉強も受験勉強も常に誘惑との闘いです。

目の前の誘惑(目の前の利益)を絶ち、大きな目標(テスト結果)を残せるよう、2学期も頑張っていきましょう。

 

*新松戸diary 3*

中2生の吹奏楽部に所属している女子生徒。

夜には学習する体力が残っていないくらい部活に邁進しているので、

朝4時に起きて復習や塾の宿題、学校のワークに取り組んでいるそうです。

頑張りすぎて少し心配ですが、その姿勢には感心するばかりです。

中休みの過ごし方

2020年8月7日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

7月下旬から始まった夏期講習会も、もうすぐで中休み。折り返し地点です。

学校の夏休み短縮に伴い、例年以上に生徒の皆さんの負担が大きいはずですが、

それでも元気に塾に勉強をしに来てくれていてとても嬉しいです。ありがとう!

 

中休みの過ごし方は人それぞれだと思います。

小学生の皆さんには5日間サマーをお渡ししました。

中休み期間中も学習習慣を崩さずに、計画的取り組んでほしいのですが、

勉強も頑張りつつ、遊ぶことにも全力を尽くしてください!(手洗いうがいは徹底してください!)

中1・2生の皆さんは、一層部活に励めますね。お盆休みで部活も休みの人は、ぜひリフレッシュをしましょう。もちろん、宿題は早めに終わらせておきましょうね。

そして、中3の皆さん。自宅で勉強に集中することは難しいかもしれませんが、この期間の過ごし方で周りに差をつけることが出来ます。逆に言えばつけられてしまう可能性もあります。

課題を見つけては克服をする、そんな中休みにしてほしいです。

毎年そうですが、中休み明けにあった時に、どう過ごしたかは授業をしていればわかります。

成長した姿を見られることを楽しみにしています!

 

*新松戸diary 2*

陸上部の中1男の子。

日々猛練習をしているらしく、日焼け度合が日に日に増しています。

部活が終わって休みたいはずですが、いつも塾には少し早めに来て、定位置の場所で苦手な単語の学習を頑張っています。

昨日のテストでは見事満点が取れました!!

部活にも勉強にも手を抜かない姿勢、素晴らしいです。

 

何事にも本気で

2019年6月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

6月の心得が更新されました。

6月・心得

まさに今、テスト期間真っ只中で生徒も先生もみな大忙しです。

「嫌だなあ、めんどくさいなあ」とマイナスに捉えることもできますし、

「充実してる!、自分頑張っているじゃん!」とプラスに考えることもできます。

人は気持ちの持ちようで行動が変わってきます。

その気持ちを変えてくれるのは環境です。

どういう環境が“自分にとってベスト”かを考えて、1番適した場で勉強に励みましょう。

今からテストがダメだった言い訳を考えている人がいれば、すごくもったいないので、心を入れかえましょうね!

しつこく言いますが自分が「いつ、どこで、何をやるのか」を明確にさせて計画的に学習してください。

『行動を起こさないことは、単にゼロなのではなく、日々機会が失われていく、すなわち、マイナスであると思った方がいいのです』

書籍 目立つ力の一節です。

1点でも多く、1つでも上の順位を目指す貪欲さを打ち出していけると素敵です。

先生たちも生徒の皆さんの力になれるように尽力していきます!!

 

こちらは先週の林間の前に塾生が好天を願って作ったテルテル坊主たちです

明日晴れるといいな

何事にも本気な生徒、誇らしいです(*^^)

「時間」

2017年12月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

実は皆さんは日常的に 「 時間 」 というものを 「 お金 」 で買っているということを考えたことはありますか?(そんなことを考えて生活していたらすごいですが)

時間とお金

例えば、目的地まで徒歩1時間かかるところを「 電車 」という手段で10分で移動したとします。この場合には、電車賃を払うことで、徒歩で移動するよりも50分早く目的地に到着できます。

つまり、みなさんは50分 という「時間」を、電車賃という「お金」で購入しているわけです。

しかし、「 時間を買う 」ことができるのは「 未来の時間 」限定なんです。

「 過去の時間 」は
買い戻しができません。

中3生であれば「 受験までの時間 」
中1・中2生であれば「 部活の大会や学校・塾のテストまでの時間 」

日常生活のなかの工夫でいくらでも生み出すことができます。
時間をつくるということが可能なんです。

でも、過ぎてしまった時間は
元には戻せません。
だから、今この瞬間の「 1分1秒 」も無駄にしてほしくありません。

『 明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている 』
という有名な言葉がありますが、今一度、「 時間 」というものについて
少しだけでいいので、考えてみてください。

さて、教室内の掲示物を見てもわかる通り、
冬期講習会 が近づいてきましたね!
冬期講習会
季節は真冬ですが、
中身の濃い、熱い講習会 にしますので、皆さんも一生懸命に頑張りましょう!

生徒から学ぶこと

2017年11月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

中学3年生のみなさんと、新松戸南中・小金北中の1・2年生は、今週末に期末テストが控えていますね。
気を緩めることなく、テスト勉強に取り組んでいきましょう!

今回は、とある男子生徒についてのお話を少しだけ。(以降Aくんと呼称)
このAくん、最近ものすごく勉強に熱が入っています。

授業がない日でも早くから来て、
そして
誰よりも遅く帰ります

塾にいられる限界の時間まで、
ひたすら勉強しています。
分からないことがあれば積極的に質問します。勉強に対して、抜かりがないです。
大人の目から見ても「 すごいな 」と刺激を受けるくらいです。

実はこのAくんは、昔は勉強に対してあまり意欲的ではありませんでした。
もちろん、学校のテストの順位も良くはありませんでした。

が、目標を定め、本気になって取り組むようになった結果、劇的な変化を遂げています。
そのひたむきな姿には、僕個人も学ぶべき点見習うべき点が多々あると感じています。

目標・ゴールをしっかりと見定めて、そこに行きつくにはどうしたらいいのか。
どうアプローチしていけばいいのか。自ら考え、そしてなにより“行動”に移せるかが大事です。
まだまだ勉強が楽しいと思えなくて、積極的になれない生徒はたくさんいます。
楽しくない 」を「 楽しい 」に変えることも我々講師の役目です。
魅力的かつ楽しい授業をしていきますから、みなさんも一緒に頑張りましょうね

 

夏期講習会 前半戦終了

2017年8月8日

こんにちは!岩佐です。

今日で全学年の夏期講習会前期日程が終わりました。

さて、中1・2生のみなさん。
“800”
という数字が何を意味しているかわかりますか?

中3生のみなさん。
“2750”
という数字が何を意味しているかわかりますか?

これは、夏期講習会前期でみなさんが授業を受けた分数、つまり勉強に費やした時間です。

中1・2生は800分、中3生は2750分(サマーファイト2科を入れると3470分)、みっちり勉強してきました。

宿題などを含めればもっと勉強していることになります。

ですが、同じ800分2750分(3470分)でも、その中身は人によって全然違うと思います。
自分にとって意義のある時間」だったのか、今一度自分自身の心に聞いてみてください。

もし、多くの時間を無駄に過ごしてしまった…と思ったなら、
中休みを利用して心を入れ替えましょう

そして、
中3生のみなさんに意識してほしいこと
があります。長時間の授業による満足感があるかと思います。

今日も勉強たくさんしたな!自分頑張った!と思うこと自体は、悪いことではありません。

しかし、
周りにいるすべての人が同じ状態
です。いわば「当たり前」の領域なのです。

授業を受ける以外、宿題をやる以外に
自主的にどれだけ頑張って勉強できるか
大切です。

ここに「差」が生まれます。

中休み期間、長い間塾に来ません。その代わりに中休み宿題が出されました。

中3中休み宿題

これもやってくるのは当たり前なのです。これで満足してはいけないのです。

この中休み期間は「差」をつけるチャンスでもあり、

「差」をつけられるピンチでもあります。

もちろん四六時中勉強しろ!なんて言いません。

自分で計画をしっかりと立てて、
メリハリ
のある中休みを過ごしてほしいと思います。

 

『世の中でいちばん難しいことって何やと思う?ずっと、正直な自分であることや』

万城目学さんの書いた「プリンセス・トヨトミ」よりの金言です。

 

パワーアップした皆さんに会えることを楽しみにしています