三者面談開始

2020年10月15日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

10月の心得

10月16日(金)から三者面談が始まります。(感染対策をした上で実施します)

日頃の塾の様子は、1か月に1回、3~4週分の授業の様子教務日誌にてお知らせしていますが、他にも伝えたいことはたくさんあります。

また、皆さんからも普段はなかなか言えないけれどこれを機に…ということで話したいこともあるかもしれません。

我々と皆さん、そして保護者の方との想いを共有する貴重な場でもありますので、ぜひ様々な意見を聞かせてください。

 

「withコロナ」の生活が当たり前になりつつあり、とはいえ早く元の生活に戻りたいと思う気持ちもぬぐい切れない日々が続いています。

松戸市の感染状況は思わしくなく、学校によっては学年閉鎖なども発生しています。

しかし、一橋セミナーではどんな状況下でも生徒の学び止めることはありません

一橋セミナーだからできる対応・指導で皆さんの学力を伸ばす努力を続けていきます

 

*新松戸diary 4*

中1男子生徒は、授業ノートが決して褒められる状態ではなかったのですが、
指導を続けたことできちんと色ペンを使用し、わかりやすくまとめられるようになってきました。
「やればできる子」と自画自賛していた彼のすがたはどこか少し自信がついているようにも見えました。これからも“極上の自分ノート”作りを頑張ろう!

計算力

2020年9月30日

こんにちは、塾長の古川です。

「数学でなかなか点数がとれない。。テスト範囲の勉強をしたのに期待より点数が悪かった。。」

そんなことを口にする生徒はたくさんいます。

そんな皆さんは、計算でしっかりと得点できていますか?

学校のテストは問題を作成する先生にもよりますが、千葉県の高校入試問題では30点分塾のテスト(直近の中3の9月模擬テスト)では実に44点分が、計算問題です。

ところが、この計算エリアでしっかり満点を獲得する生徒は、非常に少ないです。お恥ずかしながら、9月模擬テストで計算エリアが満点だった生徒は、新松戸校の中3生ではたった2名だけでした。

つまり他のほとんどの生徒は、計算で4点どころか、12点とか20点とかを落としているのです!

それで「数学の点が…」と言っていてもどうしようもありません。

少なくとも計算は常に満点をとる力
その力が、学校のテストでも、入試でも、大きな得点力になります。

中3生には9月から、「今日のデザート」プリントを始めました。計算で満点をとるべく、各都道府県の計算部分の入試問題に、毎週2種類取り組んでもらっています。

計算力

中2生、中1生は、目下グランプリの再テストが盛んですが、今後は「冬の」グランプリに向けて、計算を鍛える宿題を追加していく予定です。

計算をなめてはいけません。

常に満点を取れるように、頑張っていきましょう。

点数も通知表も

2020年9月14日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

9月14日・15日で小金中の定期テストが行われます。 夏期講習会が終わってからすぐに対策授業に入り、 塾生にとっては大変な日程ですが、各人が頑張って課題や対策授業に取り組んでくれています

テストの成績向上だけでなく、一橋セミナーでは提出物の指導も徹底しています。(通知表も伸ばすためです。)

中3生は部活も引退し、勉強に対する姿勢の変化も見られるようになってきています。

自習をする生徒が多く、たくさんの質問が塾内で飛び交っています。

1日目を終えた小金中生からは、「あのとき勉強した内容が出て、解けたよ!」などの声も多く聞かれました。

 

また、受験生である中3生は9月からラストスパート講座」が始まりました。

現在は小金中生はテストに向けた5科目の対策授業、その他の中学校は受験に向けた発展演習授業を行なっています。定期テストにも入試にも抜かりのないよう、一橋のオリジナル講座で得点力を磨いていきます。

 

『小利を見れば、即ち大事ならず』

目の前の利益に惑わされれば、大きな目標に到達することはできないという意味です。

テスト勉強も受験勉強も常に誘惑との闘いです。

目の前の誘惑(目の前の利益)を絶ち、大きな目標(テスト結果)を残せるよう、2学期も頑張っていきましょう。

 

*新松戸diary 3*

中2生の吹奏楽部に所属している女子生徒。

夜には学習する体力が残っていないくらい部活に邁進しているので、

朝4時に起きて復習や塾の宿題、学校のワークに取り組んでいるそうです。

頑張りすぎて少し心配ですが、その姿勢には感心するばかりです。

課題の〇つけ

2020年8月31日

こんにちは、塾長の古川です。

例年より短い学校の夏休みは終わりました。
一橋セミナーでは日程・時間割を工夫して、例年以上に充実した夏期講習会を行なってきました。

特に中3受験生は、勉強時間をしっかりと確保し、学習内容のもれをなくすように、各種課題も利用しながら勉強してもらいました。

今年は新しい試みとして、「夏の理社宿題」を課し、全中3生に提出してもらいました。

夏期課題
この課題は、〇つけまでの課題でしたが、〇つけの仕方には、大きな差が出てしまうものです。

はじめからしっかりと「自分のため」に〇つけができている生徒は一握りで、〇にしてあっても実は漢字が違う生徒、明らかに✖の答えなのに〇をしてある生徒、〇✖だけつけて正解を書いていない生徒、答えを全て写して全て〇で提出する生徒、などなど、色々でした。

過ちて改めざる、是を過ちと謂う」という言葉があります。

人はミスをするのでそれは仕方ないが、ミスに気が付いたらすぐに改めるべきで、それをしないことが本当のミス(過ち)だという意味です。

初回の提出時はひどい〇つけ状況でしたが、「自分のため」の〇つけを訴えていったことで、回を重ねるごとにしっかりとした〇つけができるようになりました。

学力を高めるためには、自分の解答と自分で真剣に向き合うことが、とても大切です。

何も中3生に限ったことではありません。

常に「自分の成長のため」に、課題の〇つけをできるようになってほしい。

そういう思いで、一橋セミナーは今後も指導をしていきます!

中休みの過ごし方

2020年8月7日

皆さん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得

7月下旬から始まった夏期講習会も、もうすぐで中休み。折り返し地点です。

学校の夏休み短縮に伴い、例年以上に生徒の皆さんの負担が大きいはずですが、

それでも元気に塾に勉強をしに来てくれていてとても嬉しいです。ありがとう!

 

中休みの過ごし方は人それぞれだと思います。

小学生の皆さんには5日間サマーをお渡ししました。

中休み期間中も学習習慣を崩さずに、計画的取り組んでほしいのですが、

勉強も頑張りつつ、遊ぶことにも全力を尽くしてください!(手洗いうがいは徹底してください!)

中1・2生の皆さんは、一層部活に励めますね。お盆休みで部活も休みの人は、ぜひリフレッシュをしましょう。もちろん、宿題は早めに終わらせておきましょうね。

そして、中3の皆さん。自宅で勉強に集中することは難しいかもしれませんが、この期間の過ごし方で周りに差をつけることが出来ます。逆に言えばつけられてしまう可能性もあります。

課題を見つけては克服をする、そんな中休みにしてほしいです。

毎年そうですが、中休み明けにあった時に、どう過ごしたかは授業をしていればわかります。

成長した姿を見られることを楽しみにしています!

 

*新松戸diary 2*

陸上部の中1男の子。

日々猛練習をしているらしく、日焼け度合が日に日に増しています。

部活が終わって休みたいはずですが、いつも塾には少し早めに来て、定位置の場所で苦手な単語の学習を頑張っています。

昨日のテストでは見事満点が取れました!!

部活にも勉強にも手を抜かない姿勢、素晴らしいです。

 

戦いに打ち勝つために

2020年7月16日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

今月の心得 7月号

7月16日・17日・18日には多くの中学生にとって、今年度最初の戦いが繰り広げられます。第1回定期テストの事ですね。

その戦いに勝つために、一橋セミナーでは、徹底して特別対策授業(無料)を行なってきました。

これもあれもあげたい!と思い、気づけばたくさんの手作りプリントをプレゼントしていました。プラス1点、2点でも効果があらわれると嬉しいです。

手作りプリント①手作りプリント②手作りプリント③

また、惜しくも間違えてしまった・わからなかった場合には復習の場として学び直すことが、 一橋セミナーの夏期講習会では可能です。

ただ淡々と勉強をするのではなく、楽しく、周りの生徒と刺激し合いながら個々の課題をクリアしていける環境を作り上げていくつもりです。

今から夏期講習会が楽しみですね!

 

*新松戸diary 1*

コカコーラの赤いTシャツを「いいなー!」と言っていたら、担当する授業があるたびにそのTシャツを着て来てくれて、先生のために着て来たよーといつも報告をしてくれる、とある生徒。(いつもお似合いです!そしてうらやましい。。。)ここ最近は、テストに向けて理科の化学を「覚えられない~」と言いつつも諦めることなく、一生懸命学習しています。ワークの内容は完ぺきに覚えましょうね!!

夏期講習会 例年以上の日数で!

2020年6月28日

こんにちは、塾長の古川です。

対面授業が再開して、約1か月が過ぎました。

新松戸校が開校して15年、6人制の授業に矜持をもっていました。

矜持(きょうじ)とは、自信とか誇りとかプライドのことです。

オンライン授業を経験したあとの6人制対面授業では、改めてその素晴らしさを実感しています。前回、岩佐先生がブログで述べていた通りです。

もちろんまだまだ、社会の先行きは不透明です。

でも、だからそこ我々は、できることを精一杯明るくやっていこうと思っています。

 

さて、夏期講習会が近づいてきました。

今年は、夏休み日程が地域ごとに違います。定期テストの日程も学校ごとにバラバラです。

そういった学校ごとの事情にしっかりと対応できるよう、日程・時間割を工夫して、何と「例年以上の授業日数」で夏期講習会を実施します!

夏休み日程が短いので、学校がある日でも塾の夏期講習会があったりもします。

2020 夏期日程イメージ(新松戸)

もちろん、宿題の量などは合理的に調整していきます。

6人制夏期講習会で、4月・5月で抱えた学習の遅れや不安を完全に解消し、9月以降の結果を作り出す夏にしましょう!

 

内面・外面を満たし、核へと

2020年6月13日

みなさん、こんにちは!岩佐です。

一橋セミナーでは、6月4日(木)より段階的に対面授業を再開しました。

授業の時間になったら皆さんが塾に来て、「こんにちは!」とお互いに元気よく挨拶をし、授業を楽しみ、帰るときには「さようなら!」と言ってお別れするそんな日常が戻ってきたことが、何より嬉しいです。4月・5月のLIVE授業に必死になって取り組み、そして6月からの対面授業にも元気よく来てくれて、本当に感謝しかありません。ありがとう!

また、この期間中、ご理解・ご協力頂きました保護者の皆様にも改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

当面の間は、 強化された感染予防(6人制Safety)を実施していき、生徒の皆さんが安心して学習できる環境を作り上げていきます。その間、皆さんにはマスクやフェイスシールドの着用にご協力頂くことになりますが、自分や周囲の人たちを守るためと思って、皆さんの優しさを少しおすそ分けして頂けると嬉しいです

6人制Safety

さて、対面授業が再開して1週間ほど経ちますが、やはり「生の6人制授業」爆発力が違います。講師の目の前に生徒がいることで、小さな変化・異変にすぐに気が付けるのはもちろんなのですが、生徒目線で見ても、学習効率の良い環境だといえるからです。

些細なことでもすぐに質問が出来ますし、周りに励まし合える・頑張り合える仲間がいるので、簡単に心が折れません。また、これはLIVE授業にも言えたことですが、仲間の意見が聞けるというのは非常に素晴らしいことです。そんな素晴らしい「生の6人制授業」が再開されたわけですから、とことん学び倒しましょうね!

 

学校の休校に対する不安は和らいだかもしれませんが、学習に対する不安が今は大きくなっているはずです。そんな一人ひとりの形の違う不安に寄り添い、ともに解決をしていくために安全面(外面)精神面(内面)に十分配慮し、皆さんの学習(核)をサポートしていけるよう、講師一同努めていきます!

 

皆さんへのメッセージ 第2弾!

2020年5月15日

みなさん、こんにちは。岩佐です。

前回のブログでも告知したように、皆さんへのメッセージ第2弾をお届けします!

メッセージ②

5月のLIVE授業も皆さんの積極的な参加のおかげで大きな問題もなく、予習内容をじっくり学習することができています。

校舎にはスタッフ複数名しかいないのですが、授業時間になると生徒がそこにいるかのように楽しそうな雰囲気が漂っています。

一橋セミナーではLIVE授業でも普段と変わらず皆さんの「わからない」を放置したりはしません

我々の方から「〇〇くん、大丈夫?」「△△さん、質問はない?」「皆さんから質問は出てこなかったけど、念のため確認するね!」など、

個々への呼びかけを徹底するとともに、注意すべきポイントについてはこちらから説明をするよう心がけています

ちょっとの疑問でも、放っておくと後々大きな悩みに発展することも少なくありません。

少しでも「?」と思ったら、声をかけてくださいね!

 

今は苦しい時期かもしれませんが、必ず仲間と笑い合える日がやってきます。

自粛(我慢)し続けている今、皆さんの忍耐力は日々向上しているはずです。

苦しみに耐え抜いた後にはその磨き上げた力を多方面で発揮してほしいと思っています。

もう少しの辛抱です。みんなで乗り越えていきましょう!

 

 

今月の心得 特別版!

2020年5月9日

皆さん、こんにちは!岩佐です。

一橋セミナーでは4月に引き続き、5月もLIVE授業を行なっていくことになりました。

しかし、4月とは違い、時間も内容もパワーアップしています!!

毎授業、素晴らしい授業をお届けするために全スタッフ必死です!

生徒の皆さんもバリバリ勉強をしていきましょう!

 

LIVE授業で皆さんの様子は見えますが、やはり直接お会いできないことは非常に寂しいです。

しかし、皆さんも同様に寂しいのではないか…と考え、

今月の心得は特別版をご用意しました!!!(岩佐代筆)

今月の心得特別版

生徒の皆さんが少しでも元気になれば、心温まればと思い、メッセージをスタッフの皆さんがえてくれました

第1弾と書いてあるように、これですべてではありません。

第2弾も近日中にお届けしますので、楽しみにしていてください!

 

寂しくなったり、元気が出ないときはぜひ塾にお電話して下さい!

もちろん、勉強に関する質問もお待ちしていますよ!