オンライン授業の発見!

2020年5月21日

皆さんこんにちは。

多くの県で緊急事態宣言が解除されましたね。
沢山の方々の努力の成果が徐々に現れ始めたのはうれしい限りです。
医療従事者の方々、私たちの生活を支えてくださっている方々、皆様本当にありがとうございます。

全都道府県で緊急事態宣言が解除され、穏やかな日々が取り戻せるまで、元嶋も微力ながらできることを精一杯頑張りたいと思います。

また、生徒のご家庭の皆様のご協力のおかげで私どももオンラインで6人制LIVE授業をさせていただけております。
誠にありがとうございます。

さて、この6人制LIVE授業ですが、実はオンラインだからこその面白い発見が沢山あります。

6人制LIVE授業実施中

 

例えば、目の前に先生がいるんだから対面のほうが集中力があるに決まってる・・・・と思いきや、6人制LIVE授業でも十分に集中してくれています。

オンラインという環境がそうさせるのでしょうか、聞き逃すまいという意識が強く働いていたり、周囲の目が気にならないなどいくつかの要因はあるようですが、生徒のみんなの集中力には感心しきりです!

 

コミュニケーションについても、普段の授業より色々なやりとりが難しいかな?と思っていましたが、LineやFacebookのような「イイネ」、「拍手」などのアイコンによる意思表示で思ってた以上にスムーズなやりとりができています。
むしろ手軽な分、意思表示が苦手な子も使いやすい様子。
普段の授業でももっと簡単に意思表示ができるようにしなくては!
とオンラインの良いところを取り入れようと思わされました。

 

また、1人ひとりの顔がアップで目の前にありますので、うなずきもしっかりと見て取れます。
普段1人ひとりをアップで見る機会などそうそうありませんので、常にうなずきながら聞いている生徒、じっと聞いていて理解した瞬間に大きくのけぞりながらうなずく生徒、うなずき方にも個性があり新鮮な感覚です。

 

などなどいろいろありますが、やはり一番の発見は普段の生徒のみんなの様子がすこ~し垣間見えるところです
教室ではひょうきんな生徒が、いつもより少し神妙だったり、教室ではあまり表情を出さないクールな生徒が、いつもよりも表情豊かでよく発言してくれたり。
ほんのちょっとの差なのですが、生徒の皆さんをより理解するのに、とても貴重な体験だなぁと感じています。

と、オンラインの良さも感じてはいるものの、やはり生徒の皆さんと一緒になってがんばる生の授業が恋しいのは偽らざるところです。
早く今の状況が終息し、皆さんと対面で授業ができる日が来るのを楽しみにしています。
それまでは勉強が遅れないように、一緒にオンラインで頑張りましょう。

元嶋の気合いは電波に乗ります!
家にこもりっきりで気合いが抜けている人がいたら、ぜひ元嶋まで!
電波に乗せて気合いを注入させてもらいます!!

久しぶりにみんなと「会えた!」

2020年4月22日

皆さんこんにちは。 世の中に閉塞ムードが漂っていますが、こんな時だからこそ!と毎日元気いっぱいな元嶋です。
いつも馬鹿みたいに元気じゃないか!というツッコミはご遠慮ください。

さて、学校がお休みとなり早くも1か月半が過ぎました。
一橋セミナーも、現在対面での授業は休止させていただいております。

しかし、授業をしないままでは生徒の皆さんの学習がどんどん遅れていってしまう・・・・・

そこで一橋セミナーでは少しでも皆さんの学習の手助けができるように、学習が遅れないように、インターネットを利用した、オンライン授業「双方向LIVE授業」を行い、学習サポートを行っています。

 

142BFE44-1CA1-42A3-9E97-FAA121F6F2B4

↑授業の様子がこちら。実はいつもよりもかなり文字が大きめです!

このような状況でこのようなことを言うのは不謹慎かもしれませんが、世代的についついこう思ってしまいます。

「未来が来た!ドラえもんの世界だ!

初めて「双方向LIVE授業」を担当した際に、「みんな元気にしているかな?」と心配していた元嶋でしたが、皆さんの顔が映り、元気な声が聞こえてきたとき
「久しぶりに会えた!みんな元気そうでよかった!」
と安心したのと同時に、ついつい
すごい!未来だ!未来が来た!」
と思ってしまいました。

カメラに向かって授業をするという慣れない状況に
「妙な動きになっていないか?」
「いつもと同じようにしゃべれているか?」
「みんなにうまく伝えられているか?」
「ちゃんとイケメンに映っているか?」
などなど、気になる部分はありましたが、生徒の皆さんが画面の向こうで一所懸命ノートを取り、うなずきながら聞いてくれている様子を見るとさらにインターネットすごい! と思わされました。

いつもと全く同じにできるわけではありませんが、授業ができなかったかもしれないこのような状況で、生徒の皆さんに授業が伝えられるのは、
最先端技術に感謝!
です。

工夫さえすればどんな状況でも、勉強を進めることはできます。
先生たちは塾にいますので、困ったことがあったらいつでも電話、メールをください。

私たちもこの状況でどうやったら皆さんの勉強が進みやすいか工夫に工夫を重ねています。
なかなか学校が始まらず大変だと思いますが、直接会って授業を再開できる日まで、もう少しみんな一緒にオンラインで頑張っていきましょう!
いつもの皆さんが教室にいる授業同様に、「双方向LIVE授業」でも元嶋は元気いっぱい頑張ります。

春期講習会直前!ファーストダッシュ講座&プレ講座!

2020年3月21日

皆さんこんにちは、一気にが咲き始めましたね。
教室までの道すがら、満開の桜を見て春を感じている元嶋です。

春といえば・・・・・春期講習です!

新型コロナウィルスの影響でしばらくの間、休講させていただいておりましたが16日より授業を再開させていただいております。

久しぶりの授業!
元嶋の溜まっていたパワー全開で授業をさせていただきましたが、学校も、習い事も、イベントもなくて家にいると、生徒の皆さんも元気が有り余っていたのでしょう、特に小学生のみんなは元気があふれ出ており、先生、生徒共にフルパワー!
久しぶりの授業は元気あふれるとても良い授業となりました!

しかし、先生も生徒もみんなもまだまだパワーが余っていると思います。
そのパワー、春期講習で発揮してください!

さて、一橋セミナーの春期講習は来週26日(木)よりスタート

ですが、春期講習に先駆けて23日(月)からは中学3年生向けの特別講座「ファーストダッシュ講座」と春期講習から新たに一橋セミナーの仲間になってくれる生徒の皆さん向けの「プレ講座」からスタートいたします。

ファーストダッシュ講座とは、いよいよ高校入試の学年となった中学3年生たちに向けた受験生としての第一歩!
2年生までの学習内容で解くことができる入試問題に触れながら受験生としての心構えを身に着けてもらうための特別講座です。

プレ講座とは、この春期講習から一橋セミナーの授業に参加する生徒の皆さんが、スムーズに授業に参加できるように、在塾生が先取りしていたり、復習を済ませたりしている内容について触れる特別講座です。

どちらの講座も、一橋セミナー名物のとても楽しみな授業です。

今年度の春期講習会は、例年の復習に加え、3月の遅れを取り戻すべく予習にも力を入れていきますので、特別講座だけでなく春期講習本体も盛りだくさんの内容です!

溜まりに溜まった元嶋のパワーをすべて使い果たすつもりで授業に臨みますので、生徒の皆さんも元気いっぱいで授業に来てくださいね!

fac7360fcbf51e960a9d3bbe74efd183

なお、春期講習会へのご参加を検討されている新中学2年生の皆さんは、定員が近づいておりますので、お早めにお問い合わせください!!

◆新型コロナウイルスの感染予防策について
一橋セミナーでは、校舎内の消毒、換気、職員の検温、マスク着用など万全の対策を実施しております。
ご不明な点がございましたら、教室までお問い合わせください。

都立一般入試結果2020

2020年3月8日

【お知らせ】

政府の要請により、多くの小・中学校、高等学校が休校となっております。
一橋セミナーも、生徒の皆さんの健康と安全を第一に考え、3月15日(日)まで
は、授業をお休みにしております。
もっとも、職員は15時~21時で教室に待機しておりますので、「塾生の皆さんからの
学習相談」や「春期講習会などの体験のお問い合わせ」には、随時ご対応できます。
ご遠慮なく、お電話・メールなどでお問い合わせください。

 

塾長の松鵜(まつう)です。

3月2日(月)に都立一般入試の合格発表がありました。

小山台(大島西中)・小松川(大島西中)・城東(大島西中)・上野(二大中)・墨田川2名(二南砂中・二砂中)・江戸川4名(大島西中2名・二大中2名)・広尾(大島西中)・深川4名(大島西中・四砂中2名・二南砂中)など、ものすごく厳しい倍率を乗り越えて、今年もほとんどの生徒が第1志望合格を勝ちとってくれました!

今年の都立一般入試の第1志望合格率は、92%!

都立推薦と私立も含めた第1志望合格率は95%!!

2年連続で第1志望合格率95%を達成!!!

(改めて、一橋セミナーはとことん合格率にこだわります!)

おめでとうございます!そして、ありがとうございました!!

プレ入試で合格目標点に届いていない生徒がおそらく過去最高に多かったので、今年は厳しい結果を覚悟していましたが、ふたを開けてみれば奇跡的な大逆転合格の連続でした。

応募倍率2.26倍!をはねのけて広尾高校に逆転合格したAさん!(プレ入試では目標合格点に5科合計で40点近く足りませんでした。)

1.9倍!をのりこえて、本所高校に逆転合格したBさん!(同じくプレ入試では60点以上足りない状態でした。)

1.83倍!に打ち勝って、紅葉川高校に逆転合格したCくん!(70点近く足りませんでした。)

1.81倍!に打ち勝って、江戸川高校に逆転合格したDさん!(60点近く足りませんでした。)

城東も(男子1.8倍・女子1.74倍)、上野も(男子2.0倍・女子1.89倍)、深川も(男子1.78倍・女子1.69倍)、今年は本当に倍率が高かった!合格を勝ち取ったみなさん、見事でした!!

もともと合格できる余裕のある学力・内申点を持っていたわけではない、一橋セミナーに入ってから成績を伸ばして合格を勝ち取った生徒が何人もいるということ、私たちの誇りです。

 

ただし・・・逆転合格、逆転勝利はすばらしいし、うれしいのですが・・・単純に「良かった!」とは思っていません。とても思えません。

もっと、早い時期に、遅くても一般入試の約3週間前に行われるプレ入試(関東一高に教室をお借りして毎年行っている一橋セミナー独自のそっくり模試)で合格目標点を余裕でクリアできるようにさせてあげなくてはいけない。最後の必死の追い込みで何とか合格に届いているような状況ではいけない。受験生自身はもちろん、保護者がハラハラ・ドギマギ・不安にさいなまれるようでは申し訳ない。心から反省しています。

新中3生には余裕のある受験をしてもらいたい一心で、2月29日(土)に新中3生を全員教室に呼んで、塾長の松鵜が受験システム、都立入試問題の特徴、受験勉強の進め方、G特訓について、さらにはいまさらながら点数を伸ばせる授業の受け方、宿題のやり方など、2時間にわたって授業形式でしゃべくり倒す「中3受験セミナー」を今回初開催する予定でしたが、生徒の健康を第一に考えて、泣く泣く延期しました。(時期を見て、必ず行います!)

 

合格に届かなかった生徒のみなさん、保護者のみなさん、心から申し訳ない気持ちでいっぱいです。お電話口で「いえいえ、先生方には本当によく面倒を見てもらいました。こちらこそ、合格できなくてすみませんでした。」とおっしゃっていただいたお母様。私の力不足ですみません・・・。でも、今回がんばった経験は高校で、さらに高校を出たあとの将来に必ず活きると確信しています。今回の経験をバネに、高校で心機一転、がんばってください。いつもなら、「ぜひ胸を張って、卒業を祝う会に来てください!」と申し上げるところなのですが・・・。中止になって本当に残念です。いつか、落ち着いたら教室に顔を見せに来てくれませんか?再会を楽しみにしています。

 

「卒業生のみなさん、一橋セミナーを選んで、通ってくれて、いっしょにがんばってくれて、本当にありがとう!保護者の皆様、お世話になりました!また、お会いしましょう!!」

都立入試に向けてラストスパート!

2020年2月10日

皆さんこんにちは。
今までが暖かかった分、寒さが身に染みて自転車通勤を断念しかけている元嶋です。

さて、本日は都内の私立高校入試の解禁日、
今日から私立入試がスタートしました。

今日入試があった皆さん、
ひとまずお疲れ様でした。

明日以降の私立第一志望の皆さん、
いつも通りに、とはいかないと思いますが、今までがんばってきたことを存分に発揮してください。

そして、都立が第一志望の皆さん
・・・・決して気を抜かないでください!!

都立入試まで残り11日、まだまだ最後まで伸び代は残っています。

都立第一志望の皆さんにとって私立の受験はあくまでも滑り止め、
ここで気を抜いては本末転倒です。

 

一橋セミナーでは、先週の日曜日、2月2日に『プレ入試』を行いました。

プレ入試とは、
東京都にある6校舎が合同で、関東第一高校の教室をお借りして行う、一橋セミナー主催の都立高校志望の中学3年生に向けた模擬テスト、
一橋セミナーのイベントの中でも最大のイベントの一つです。

↓プレ入試の様子はこちら

83832925-1A8E-4ED1-A7C5-442FB6A8DFED

 

↓松鵜先生の解説授業の様子がこちら

206EFC9A-A37F-4F1C-9762-16E7916DE001

他の模擬テスト(ⅤもぎやWもぎ)がすべて終了した、さらに後のタイミングのため、入試を占う最後の最後の大切な模擬テストなのです!

このプレ入試の結果、大島校には正直なところ成績が芳しくなく、入試に向けて黄色信号が灯っている生徒が数名おります。
塾長の松鵜先生から保護者の方にご連絡を入れさせていただき、今後の方針をご相談させていただいたご家庭もありました。

私立入試の結果が良くても、本番はまだまだこれから。

ちょっと気が抜け気味になっている塾生の皆さん!
もう一度、プレ入試の結果を見直しましょう!!
本当に、安心していられますか?

11日もあれば、伸ばせる部分はまだまだありますよ!!
講師、事務一同、全力で皆さんをサポートします!
最後のさいごまで、悔いの残らないようにあがき続けてください!

小学生の皆さん頑張ったで賞!

2020年1月18日

皆さんこんにちは。
暖冬といわれていますが、帰るときに自転車をこぎながら「どこが暖冬だ!」と一人で突っ込みを入れている元嶋です。

冬休みも終わり、受験生たちはいよいよ入試本番ですね。
大島校も非常に緊張感が高まっています!
頑張れみんな!

受験生も頑張っていますが、実はまだ受験生ではない学年のみんなもとても頑張ってくれています。

一橋セミナーでは年3回、春夏冬の各講習の後に「グランプリ」と呼ばれるイベントがあります。

※グランプリとは※
計算力と漢字力(中学生は単語力)を養うために春、夏、冬の講習ごとに行われる、漢字100問(中学生は英単語100問),計算50問のコンテストです。 講習中には、グランプリに向けての課題が出され、生徒の皆さんは毎日繰り返し練習します。 一朝一夕にはつかない、計算力、漢字力、単語力を鍛えるための、一橋セミナー名物宿題&テストの1つです。

冬期講習会(冬)ご案内

今回の冬期講習会の後にも、もちろん「冬のグランプリ」を行いました。

このグランプリでとてもとても頑張ってくれた生徒がいます!

小学4年生のKくんとAさん!
それから5年生のSくんとOくん!

この4人の成績アップ率がすさまじいです!

Kくんは夏のグランプリの計算で56点だったのが、今回は80点 30%アップ!
Aさんは夏のグランプリの漢字で65点だったのが、今回は95点 46%アップ!
Sくんは夏のグランプリの漢字で48点だったのが、今回は80点 66%アップ!
Oくんは夏のグランプリの計算で48点だったのが、今回は90点 なんと87%アップ!!

もちろん、周りの人と比べてどれぐらい取れているのか
平均より上か?下か!?
といったことも大切ですが、前の自分より成績がアップすることも大切です。

漢字や計算は1日や2日やっただけでぐ~~んと伸びる勉強ではありません。
みんな本当によく頑張っていましたね!

study_night_boy-277x300

努力の成果です! この結果を見た時、涙が出そうになるほど感動しました!
やったね!Kくん、Aさん、Sくん、Oくん!!

正月V特訓2020実施中!

2020年1月2日

DSC_1679

DSC_1680塾長の松鵜(まつう)です。

明けましておめでとうございます。昨年は本当にお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

毎年恒例の中3正月V特訓の季節が今年もやってきました!

例年通り英数4時間の授業後に、30分の楽しい食事休憩をとったあと、理社の都立対策プリントを3時間30分ひたすら解きまくってもらっています。

本日2日目で、明日が3日目、最終日です。

今年のプリントも昨年とは内容を大きく変えて、今年の生徒の弱点にガッチリ合わせたものを用意しました。

都立一般入試まで本日でちょうどあと残り 50日です。

あらためて、合言葉を!

「まずは2月2日(日)のプレ入試で、合格目標点を上回れるように、がんばろう!!」

わくわく英語Christmas!!2019

2019年12月21日

皆さん
Merry Christmas!
I wish you all the best!!
元嶋です。

ちょっとフライング気味のクリスマスの挨拶でしたが、一橋セミナーは今週はほんのりクリスマスモードでした。

このブログでも何度かご紹介していますので、ご存知の方も多いかと思います。

今週はわくわく英語 Christmas!がありました!

「わくわく英語 Christmas」とは・・・・ と、その前に

まずはわくわく英語とは
一橋セミナーの小学生向け英語講座、楽しく学びながら英会話的な英語ではなく、しっかりとした文法力と単語力を養う授業です。

そのわくわく英語で毎年クリスマスに行っているイベントがわくわく英語 Christmas!

なにをするかというと・・・・・
みんなでChristmas cardをつくります!

もちろん英語の授業ですからメッセージは英語
さらに、各自思い思いのデコレーションをしてもらいます!

その様子がこちら↓

1人1人個性のあるデコレーションをしてくれています!

ayu

デザイン頑張りました!

 

 

hono2

hono
かわいいですね!

 

 

tomo

 真ん中に一橋セミナーマーク!

 

 

nagi

絵のレベル高すぎ!!

みんな上手にかけています!

 

本来ならば全員分掲載したいのですが、画像が重くなりすぎてしまうので、元嶋の独断で掲載作品を決めさせていただいております。

みんなごめん m(_ _)m

デコレーションだけでなく、
「先生!家族へってどうやって書くの?」
「先生!Dearってどういう意味?」

などなど、英語についても熱心に質問してくれて、今年も大いに盛り上がりました!

中には、授業中だけでは時間が足りなくなり、家で頑張って翌日見せに来てくれた生徒も!
W(・O・)Wワオ‼

ご家族のお手元にはもうすぐ届くと思います!

さて、そんな中、実は一橋セミナーは通常カリキュラムの授業は本日まで。
いよいよ冬期講習モードに突入、通常授業と並行して本日から中学3年生の冬期講習がスタートしました。

25日(水)には中学2年生のイベント「第2回 理社グランプリ」
そして26日(水)からは 小学3年生~中学2年生の冬期講習が始まります。

中学3年生にとっては受験に向けた最後の追い込み!
他の学年にとっても、今年度は残りわずか、来年度に向けて弱点をそのままにしないための大切な講習です!

生徒の皆さん!
冬期講習会グングン力を伸ばしましょう!!
元嶋も全力で指導します!!

令和元年中3生内申点確定

2019年12月17日

塾長の松鵜(まつう)です。

今年度の中3生の内申点が確定しました。

前期内申点結果では

上がった生徒は全体の75%

変わらなかった生徒が2%

下がった生徒が23%

と、上がった生徒の率はまずまずだったものの、下がった生徒が23%も出てしまうという残念な結果でした。(10月26日のブログをご覧ください。)

後期中間テスト対策を本当に必死にがんばった結果、前期と比べて確定した内申点は・・・

上がった生徒は全体の57%

変わらなかった生徒が30%

下がった生徒が13%

という結果になりました。

下がった生徒が前期よりは減ったとはいえ13%も出てしまったことと、変わらない生徒が予想よりもかなり多かったことが非常に悔しく、情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もちろん手を抜いたつもりはまったくありませんが、結果は真摯に受けとめなければなりません。

内申点が上がったことで、志望校を上げたり、私立の単願推薦を早々に決めてしまう生徒がいる一方、内申点が上がらなかったり、下がったことで、第一志望校をあきらめなければいけない生徒がいます。「志望校をあきらめさせてしまった。」「志望校を下げさせてしまった。」・・・塾長として、これが一番つらい!何とも言葉がありません・・・。ありませんが、それでもあえて言わせていただければ、

ここまでがんばってきたことは、今回結果につながらなかったとしても、ぜったいにムダにはなりません。みなさんが悪いわけではありません。松鵜が、塾がいけなかったのです。いくらでも責めていただいてかまいません。ただし、まだ何も終わっていません。まだ1000点満点のうち、300点分が確定しただけです。ここで落ちこんでいる時間はありません。もう一度、気持ちを奮い起こして、あと66日間だけ、みんなでいっしょにがんばってみませんか?後悔だけはしないように!

5科合計でこれだけとれればまず間違いない!という合格予想点を生徒一人ひとりに伝えました。2月2日(日)に行われる毎年恒例の一橋セミナーオリジナルイベント「都立プレ入試」(関東一高を借りて実施する都立そっくりテスト。その日のうちに解説まで行います!)で合格予想点を上回れるように、今日からまたがんばっていきましょう!!

「プレ入試で点数をとろう!」「さあ、勉強をしよう!!」

小学生の国語の重要性!

2019年12月1日

少し前まで、暑い暑いと言っていたのがウソのように寒さが増してきましたね。
あまりの寒さに押入れの奥からダウンコートを出してきた元嶋です。

ただいま大島校では小学生の三者面談シーズン真っ最中、ご参加いただいた保護者の皆様ありがとうございます。
今回お聞かせいただいた生徒たちのご家庭や学校での様子は、今後の指導に活かさせていただきます。
textbook_kokugo
さて、その面談の中で声を大にしてお伝えしている とても大切な話の1つが国語」の重要性についてです。

話は少し変わりますが、後期中間テストが終わり、ここ2,3日で中学3年生たちの内申点が出始めました。
「内申点3つあがりました~~!」という嬉しい報告が聞ける一方、
成績をあげてあげることができなかった生徒もおります。

毎年の悩みですが、同じ指導を受けて、
同じ・・・どころか他の生徒たちよりもさらに努力しているはずなのに成績が上がらない・・・・
そんな生徒が事実おります。

勉強をしていない、量が足りていないならばまだしも、他の生徒たちと同じぐらいやっているのになぜ上がらないのか・・・
そんな場合の原因の多くが「国語」特に「読解力」です。

数学や理科、社会などは知識問題も少なくないため、覚えれば解けるという側面もあります。
特に、数学などは繰り返し類似問題を解くことで感覚が覚えていくため、読解力の影響が非常に薄いです。
・・・・が、いざ総合問題、応用問題となると話が変わります。

総合問題、応用問題と呼ばれるような問題は、今までやってきたことの組み合わせで作られている問題です。
問題を細かく読み解く力があれば、どの知識を使えばよいかがわかるのですが、読解力が無いと読み解くことができず、
「初めての問題だ!」⇒「何をしたらよいかわからない!」
となってしまうことが少なくありません。

この読解力というのは、単語力・語彙力、言葉の言い回し、さらに常識力など、多くの知識や能力を総合的に使う力のため、身に着けるには長い時間がかかります。
そこで、小学校時代からの国語の勉強がとても重要!となる訳です。

一橋セミナーの小学生たちは「私立受験生に負けるな!」を合言葉にがんばっていますが、この国語こそ受験をしない小学生にも頑張ってもらいたい部分です。

小学生のみなさん!
はじめのうちはなかなかわからず、時間もかかる苦しい勉強だとは思いますが、
読解力が無いと大人になってもいろいろな場面で苦労します!

先生たちも一緒に頑張ります!
まずは中学校、高校受験に向けてがんばりましょう!

pose_ganbarou_man