都立入試に向けてラストスパート!

2020年2月10日

皆さんこんにちは。
今までが暖かかった分、寒さが身に染みて自転車通勤を断念しかけている元嶋です。

さて、本日は都内の私立高校入試の解禁日、
今日から私立入試がスタートしました。

今日入試があった皆さん、
ひとまずお疲れ様でした。

明日以降の私立第一志望の皆さん、
いつも通りに、とはいかないと思いますが、今までがんばってきたことを存分に発揮してください。

そして、都立が第一志望の皆さん
・・・・決して気を抜かないでください!!

都立入試まで残り11日、まだまだ最後まで伸び代は残っています。

都立第一志望の皆さんにとって私立の受験はあくまでも滑り止め、
ここで気を抜いては本末転倒です。

 

一橋セミナーでは、先週の日曜日、2月2日に『プレ入試』を行いました。

プレ入試とは、
東京都にある6校舎が合同で、関東第一高校の教室をお借りして行う、一橋セミナー主催の都立高校志望の中学3年生に向けた模擬テスト、
一橋セミナーのイベントの中でも最大のイベントの一つです。

↓プレ入試の様子はこちら

83832925-1A8E-4ED1-A7C5-442FB6A8DFED

 

↓松鵜先生の解説授業の様子がこちら

206EFC9A-A37F-4F1C-9762-16E7916DE001

他の模擬テスト(ⅤもぎやWもぎ)がすべて終了した、さらに後のタイミングのため、入試を占う最後の最後の大切な模擬テストなのです!

このプレ入試の結果、大島校には正直なところ成績が芳しくなく、入試に向けて黄色信号が灯っている生徒が数名おります。
塾長の松鵜先生から保護者の方にご連絡を入れさせていただき、今後の方針をご相談させていただいたご家庭もありました。

私立入試の結果が良くても、本番はまだまだこれから。

ちょっと気が抜け気味になっている塾生の皆さん!
もう一度、プレ入試の結果を見直しましょう!!
本当に、安心していられますか?

11日もあれば、伸ばせる部分はまだまだありますよ!!
講師、事務一同、全力で皆さんをサポートします!
最後のさいごまで、悔いの残らないようにあがき続けてください!

小学生の皆さん頑張ったで賞!

2020年1月18日

皆さんこんにちは。
暖冬といわれていますが、帰るときに自転車をこぎながら「どこが暖冬だ!」と一人で突っ込みを入れている元嶋です。

冬休みも終わり、受験生たちはいよいよ入試本番ですね。
大島校も非常に緊張感が高まっています!
頑張れみんな!

受験生も頑張っていますが、実はまだ受験生ではない学年のみんなもとても頑張ってくれています。

一橋セミナーでは年3回、春夏冬の各講習の後に「グランプリ」と呼ばれるイベントがあります。

※グランプリとは※
計算力と漢字力(中学生は単語力)を養うために春、夏、冬の講習ごとに行われる、漢字100問(中学生は英単語100問),計算50問のコンテストです。 講習中には、グランプリに向けての課題が出され、生徒の皆さんは毎日繰り返し練習します。 一朝一夕にはつかない、計算力、漢字力、単語力を鍛えるための、一橋セミナー名物宿題&テストの1つです。

冬期講習会(冬)ご案内

今回の冬期講習会の後にも、もちろん「冬のグランプリ」を行いました。

このグランプリでとてもとても頑張ってくれた生徒がいます!

小学4年生のKくんとAさん!
それから5年生のSくんとOくん!

この4人の成績アップ率がすさまじいです!

Kくんは夏のグランプリの計算で56点だったのが、今回は80点 30%アップ!
Aさんは夏のグランプリの漢字で65点だったのが、今回は95点 46%アップ!
Sくんは夏のグランプリの漢字で48点だったのが、今回は80点 66%アップ!
Oくんは夏のグランプリの計算で48点だったのが、今回は90点 なんと87%アップ!!

もちろん、周りの人と比べてどれぐらい取れているのか
平均より上か?下か!?
といったことも大切ですが、前の自分より成績がアップすることも大切です。

漢字や計算は1日や2日やっただけでぐ~~んと伸びる勉強ではありません。
みんな本当によく頑張っていましたね!

study_night_boy-277x300

努力の成果です! この結果を見た時、涙が出そうになるほど感動しました!
やったね!Kくん、Aさん、Sくん、Oくん!!

正月V特訓2020実施中!

2020年1月2日

DSC_1679

DSC_1680塾長の松鵜(まつう)です。

明けましておめでとうございます。昨年は本当にお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

毎年恒例の中3正月V特訓の季節が今年もやってきました!

例年通り英数4時間の授業後に、30分の楽しい食事休憩をとったあと、理社の都立対策プリントを3時間30分ひたすら解きまくってもらっています。

本日2日目で、明日が3日目、最終日です。

今年のプリントも昨年とは内容を大きく変えて、今年の生徒の弱点にガッチリ合わせたものを用意しました。

都立一般入試まで本日でちょうどあと残り 50日です。

あらためて、合言葉を!

「まずは2月2日(日)のプレ入試で、合格目標点を上回れるように、がんばろう!!」

わくわく英語Christmas!!2019

2019年12月21日

皆さん
Merry Christmas!
I wish you all the best!!
元嶋です。

ちょっとフライング気味のクリスマスの挨拶でしたが、一橋セミナーは今週はほんのりクリスマスモードでした。

このブログでも何度かご紹介していますので、ご存知の方も多いかと思います。

今週はわくわく英語 Christmas!がありました!

「わくわく英語 Christmas」とは・・・・ と、その前に

まずはわくわく英語とは
一橋セミナーの小学生向け英語講座、楽しく学びながら英会話的な英語ではなく、しっかりとした文法力と単語力を養う授業です。

そのわくわく英語で毎年クリスマスに行っているイベントがわくわく英語 Christmas!

なにをするかというと・・・・・
みんなでChristmas cardをつくります!

もちろん英語の授業ですからメッセージは英語
さらに、各自思い思いのデコレーションをしてもらいます!

その様子がこちら↓

1人1人個性のあるデコレーションをしてくれています!

ayu

デザイン頑張りました!

 

 

hono2

hono
かわいいですね!

 

 

tomo

 真ん中に一橋セミナーマーク!

 

 

nagi

絵のレベル高すぎ!!

みんな上手にかけています!

 

本来ならば全員分掲載したいのですが、画像が重くなりすぎてしまうので、元嶋の独断で掲載作品を決めさせていただいております。

みんなごめん m(_ _)m

デコレーションだけでなく、
「先生!家族へってどうやって書くの?」
「先生!Dearってどういう意味?」

などなど、英語についても熱心に質問してくれて、今年も大いに盛り上がりました!

中には、授業中だけでは時間が足りなくなり、家で頑張って翌日見せに来てくれた生徒も!
W(・O・)Wワオ‼

ご家族のお手元にはもうすぐ届くと思います!

さて、そんな中、実は一橋セミナーは通常カリキュラムの授業は本日まで。
いよいよ冬期講習モードに突入、通常授業と並行して本日から中学3年生の冬期講習がスタートしました。

25日(水)には中学2年生のイベント「第2回 理社グランプリ」
そして26日(水)からは 小学3年生~中学2年生の冬期講習が始まります。

中学3年生にとっては受験に向けた最後の追い込み!
他の学年にとっても、今年度は残りわずか、来年度に向けて弱点をそのままにしないための大切な講習です!

生徒の皆さん!
冬期講習会グングン力を伸ばしましょう!!
元嶋も全力で指導します!!

令和元年中3生内申点確定

2019年12月17日

塾長の松鵜(まつう)です。

今年度の中3生の内申点が確定しました。

前期内申点結果では

上がった生徒は全体の75%

変わらなかった生徒が2%

下がった生徒が23%

と、上がった生徒の率はまずまずだったものの、下がった生徒が23%も出てしまうという残念な結果でした。(10月26日のブログをご覧ください。)

後期中間テスト対策を本当に必死にがんばった結果、前期と比べて確定した内申点は・・・

上がった生徒は全体の57%

変わらなかった生徒が30%

下がった生徒が13%

という結果になりました。

下がった生徒が前期よりは減ったとはいえ13%も出てしまったことと、変わらない生徒が予想よりもかなり多かったことが非常に悔しく、情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もちろん手を抜いたつもりはまったくありませんが、結果は真摯に受けとめなければなりません。

内申点が上がったことで、志望校を上げたり、私立の単願推薦を早々に決めてしまう生徒がいる一方、内申点が上がらなかったり、下がったことで、第一志望校をあきらめなければいけない生徒がいます。「志望校をあきらめさせてしまった。」「志望校を下げさせてしまった。」・・・塾長として、これが一番つらい!何とも言葉がありません・・・。ありませんが、それでもあえて言わせていただければ、

ここまでがんばってきたことは、今回結果につながらなかったとしても、ぜったいにムダにはなりません。みなさんが悪いわけではありません。松鵜が、塾がいけなかったのです。いくらでも責めていただいてかまいません。ただし、まだ何も終わっていません。まだ1000点満点のうち、300点分が確定しただけです。ここで落ちこんでいる時間はありません。もう一度、気持ちを奮い起こして、あと66日間だけ、みんなでいっしょにがんばってみませんか?後悔だけはしないように!

5科合計でこれだけとれればまず間違いない!という合格予想点を生徒一人ひとりに伝えました。2月2日(日)に行われる毎年恒例の一橋セミナーオリジナルイベント「都立プレ入試」(関東一高を借りて実施する都立そっくりテスト。その日のうちに解説まで行います!)で合格予想点を上回れるように、今日からまたがんばっていきましょう!!

「プレ入試で点数をとろう!」「さあ、勉強をしよう!!」

小学生の国語の重要性!

2019年12月1日

少し前まで、暑い暑いと言っていたのがウソのように寒さが増してきましたね。
あまりの寒さに押入れの奥からダウンコートを出してきた元嶋です。

ただいま大島校では小学生の三者面談シーズン真っ最中、ご参加いただいた保護者の皆様ありがとうございます。
今回お聞かせいただいた生徒たちのご家庭や学校での様子は、今後の指導に活かさせていただきます。
textbook_kokugo
さて、その面談の中で声を大にしてお伝えしている とても大切な話の1つが国語」の重要性についてです。

話は少し変わりますが、後期中間テストが終わり、ここ2,3日で中学3年生たちの内申点が出始めました。
「内申点3つあがりました~~!」という嬉しい報告が聞ける一方、
成績をあげてあげることができなかった生徒もおります。

毎年の悩みですが、同じ指導を受けて、
同じ・・・どころか他の生徒たちよりもさらに努力しているはずなのに成績が上がらない・・・・
そんな生徒が事実おります。

勉強をしていない、量が足りていないならばまだしも、他の生徒たちと同じぐらいやっているのになぜ上がらないのか・・・
そんな場合の原因の多くが「国語」特に「読解力」です。

数学や理科、社会などは知識問題も少なくないため、覚えれば解けるという側面もあります。
特に、数学などは繰り返し類似問題を解くことで感覚が覚えていくため、読解力の影響が非常に薄いです。
・・・・が、いざ総合問題、応用問題となると話が変わります。

総合問題、応用問題と呼ばれるような問題は、今までやってきたことの組み合わせで作られている問題です。
問題を細かく読み解く力があれば、どの知識を使えばよいかがわかるのですが、読解力が無いと読み解くことができず、
「初めての問題だ!」⇒「何をしたらよいかわからない!」
となってしまうことが少なくありません。

この読解力というのは、単語力・語彙力、言葉の言い回し、さらに常識力など、多くの知識や能力を総合的に使う力のため、身に着けるには長い時間がかかります。
そこで、小学校時代からの国語の勉強がとても重要!となる訳です。

一橋セミナーの小学生たちは「私立受験生に負けるな!」を合言葉にがんばっていますが、この国語こそ受験をしない小学生にも頑張ってもらいたい部分です。

小学生のみなさん!
はじめのうちはなかなかわからず、時間もかかる苦しい勉強だとは思いますが、
読解力が無いと大人になってもいろいろな場面で苦労します!

先生たちも一緒に頑張ります!
まずは中学校、高校受験に向けてがんばりましょう!

pose_ganbarou_man

中学生&小学生、テスト対策実施中!

2019年11月4日

秋も深まり、色々なものがおいしくなる季節になりました。
梨、柿、ブドウに秋刀魚、芋に栗!
毎日の食卓が楽し過ぎてそろそろダイエットを考えている元嶋です。

美味しいだけではなく、スポーツ、芸術、読書と色々なことに取り組みやすい秋ですが、
いよいよ中学校では定期テストが目前に迫っており学問の秋真っただ中といった様相です。

昨日、大島校では中学生の定期テスト特別対策授業(理社)を行い、日頃は学校の予習を進めている必修の数学、英語の授業もテスト対策モードにチェンジ!
教室全体がテスト対策一色です!!

そうなのです、実は「教室全体」つまり小学生たちもテスト対策モードになっております。

このブログを以前からご覧いただいている方々はご存知かもしれませんが、
一橋セミナーでは小学生にも定期テストがございます。

新中学1年生たちにとって初めての定期テストとなる前期中間テストで、つまずく生徒がとても多い!

もちろん一橋セミナーでは定期テスト対策を行っています・・・・
が、それでも思うように点数が取れない生徒が少なくありません。

原因は「定期テストとは何かを理解していない(できない)」から!

小学校では、授業内のまとめテストはありますが、
学校を挙げて成績をつけるために行うテストというのは中学で初めて!

どれぐらい重要で・・・
準備にどれぐらいかかり・・・
それがどれほど大変か・・・
ということが理解できず、

小学校のころの小テストと変わらない気持ちで定期テストに臨み・・・・
失敗!!

ということが少なくありません。

そこで、一橋セミナーでは、中学校の定期テストに向けて、定期テストとはどんなものか、どんな準備をするのかといった練習と、
今まで勉強してきたことの総復習の2つの意味を込めて小学生も定期テストを行っております。

実はこの小学生定期テスト、とても本格的!

中学校同様、出題範囲が発表される、
当日までの課題が出る
(一橋セミナーオリジナルの復習冊子が課題として出されます。)
さらに普段学校の予習を進めている算数、国語の授業は復習授業に切り替わる
そして定期テスト特別対策授業まで行います。

先週の土曜日が小学生たちの定期テスト特別対策授業でしたが、中学生たちに負けず、とても真剣に問題に取り組んでくれました。

その時の様子↓

IMG_9720
小学生たちの定期テストは今週の土曜日、11月9日に実施、
中学生たちの定期テストは11月11日(月)から各学校随時スタートします。

テストの点数だけが勉強の目標ではありませんが、自分が今までどれだけ頑張ってきたか、テストではそれが問われます。
努力が必ず結果になるわけではありませんが、結果を出すには必ず努力が必要です!

さぁ残り約1週間、小学生も、中学生も最後の最後まで得点アップ目指して頑張りましょう!
先生たちも全力で応援、バックアップしていきますよ!

令和元年中3前期内申点結果

2019年10月26日

塾長の松鵜(まつう)です。

中3前期内申点結果が出ました。

9科合計内申点で中2後期と比較して

上がった生徒は全体の75%

変わらなかった生徒が2%

下がった生徒が23%

という結果でした。

前期期末テストの結果が期待通りではなかったので、不安でしたがまずまずの結果になりました。

まずまずの結果ではありますが、今回も全員の内申点を上げることはできず、23%の下がった生徒と保護者のみなさんにはご期待に応えられずお詫びの言葉もございません。

ただし、これで皆さんの内申点が確定した訳ではありません!まだ何も終わっていません!!後期中間テスト結果次第で、内申点はまだまだ上がります!!!

(昨年はここからさらに70%の生徒が内申点を上げています。)

 

現在第2回中学生三者面談を実施中です。 お忙しい中、時間を割いて教室にいらしてくださり誠にありがとうございます。 後期中間テストへ向けての具体的なアドバイスや、志望校についてのご相談、都立入試で合格点を取るための今後の流れ・プレ入試についてなどをお話ししています。特に今さらながら定期テスト直前のつめる勉強の仕方を再確認しています。

 

もう一度、講師一丸となって、生徒一人ひとりの状況をさらに細かくとらえ、細かく手を打って、12月のあたまに確定する内申点では全員成績Upを達成できるようにしてまいります。

あと3週間、後悔だけはゼッタイにしないように、みんなでいっしょにがんばりましょう!! 

テストまでのカウントダウン!

2019年10月17日

台風19号に被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

一橋セミナー大島校は、古い校舎ながら大きな被害はなく、生徒の皆さん、スタッフ一同
元気に授業を行わせていただけていることを心から感謝いたします。

さて、いよいよが本格的になり、夜はだいぶ肌寒い季節となりました。

つい先日、前期期末テストが終わったかと思いきやすでに後期中間テストまであと1か月を切っております

3年生にとっては内申点(通知表の点数)をあげる最後の最後のチャンスです!
テストが終わった後に
「もっとやっとけばよかった・・・・・」
と言わないためにも、できうる限りの準備をして臨んでください。

さて、そんなテスト対策までの時間あと1か月・・・・
もしかしてなんとな~く
「まだ1か月ある」
なんて思っている人はいませんか?

study_yaruki_nai

まだ?
まだ!?
まだ!!??

1か月というとまだまだ時間があると考えてしまう人が多いです。
「だってあと30日もあるんだもの・・・・・」なんて声が聞こえてきます。

そこで、日ごろから元嶋が生徒のみんなに話す耳より情報。

残り時間を考えるときは「あと何か月」ではなく「あと何日」でもなく「あと何週間」で考えましょう!!

例えば都立入試まで「あと127日」(10月17日現在)
・・・・・なんだかまだまだ時間がありそうですね。

これを月で考えると「あと4か月」
・・・・・・1年の3分の1!いろんなことができそうです!!

これを週で考えると「あと18週間」
つまり、塾の数学の授業はあと18回、英語の授業も18回・・・・

calender_aseru_woman
こう考えるとあっという間な気がしませんか?

(冬期講習や祝日などもありますので、実際は18回より少なくなります。)

 

中間テストまであと1か月ということは、
それぞれの授業はあと4回!

さぁ、あと4回で何を身に着けて、どうやって点数をあげるか!?
こう考えると、のんびりはしてられないのが分かりますよね!

先生たちもあと4回、いよいよテスト直前、皆さんの成績が上がるように授業内容を吟味し、気合タップリで皆さんの授業に臨みます。
皆さんも、自分があと4回の授業の中で何を身につければよいのかよ~~く考えて、授業に臨んでください!

小学生理社勉強会開催!

2019年9月28日

皆さんこんにちは、秋といえばスポーツの秋 バレーボールワールドカップ,ラグビーワールドカップ,世界陸上とスポーツイベントが目白押しです!
元ラガーマンとして、ラグビーワルドカップの日本開催に感動している元嶋です!
ガンバれ日本!

さて、スポーツの秋も盛り上がっていますが、前回も書いた通り一橋セミナーでは学問の秋が盛り上がり中、今日は久しぶりの小5,6理社勉強会でした。

一橋セミナーの小学生は、週に2回の算数と国語がレギュラーの授業(通常授業)となり理科、社会の授業はありません。
しかし、理科、社会の授業がないことで
中学生になると小学生のころの理社の知識が不足している・・・・
理科、社会の得点がなかなか伸びない・・・
という悩みがありました

5330

そこで、小学生のうちから理社に触れて、理科、社会の点数をあげてほしい!
という気持ちから、月に1回、理科、社会の無料特別授業を行っています。

今回は内容は
小5社会は『日本の工業と貿易』理科は『電磁石』
小6社会は『明治維新』理科は『水溶液』

でした。

どの内容も、中学生の内容に直接つながっている大切な単元です。

月1回だけですが、中学1年生になった時のテスト対策の際には、小学校から一橋セミナーに通っている生徒と中学から通い始めた生徒だと、大きな違いを感じます
2年間の積み重ねはやっぱり大きな違いになりますね!

小学生の皆さん、算数・国語も大切ですが、理科・社会も中学生になるとより難しくなります。今からの準備が大切ですよ!
元嶋もより記憶に残るよう、全力で授業に取り組みます!
一緒に頑張りましょう!
(そして、宿題もキッチリ出しましょうね!!)