春期講習開催中!目的をもって頑張ろう!!

2021年3月31日



皆さんこんにちは、花粉症で声がガラガラしている元嶋です。

通勤時に自転車が楽しい時期になりました。
桜の花びらが舞う通勤路は何とも心が躍ります。
のためなら花粉症も我慢できます!

さて、そんなが咲く時期になるとやってくるのは春期講習会

一橋セミナーはただいま春期講習の真っただ中。
本日、大島校は春期講習の前半戦最終日でした。

春期講習の目的はもちろん新学年に向けての準備!
前学年の総復習をしていきます。

みんな頑張ってほしいのは同じなのですが、特に西中の新2年生の皆さん!
がんばりましょう!!

というのも、後期期末テストの結果が

英語 学校平均51.8点→塾生平均74.6点 +22.8 (前回比-5.7)
社会 学校平均51.3点→塾生平均71.9点 +20.6 (前回比±0)
理科 学校平均86.1点→塾生平均66.2点 +19.9 (前回比-4.6)
5科 学校平均388.2点→塾生平均287.8点 +100.4(前回比-7.1)

学校の平均点との差を見れば、一見よさそうに見えるのですが、問題は前回比
つまり、学校内で見ればできると感じてしまいがちですが、過去の自分と比べると・・・・
残念ながら下降曲線を描いている人が少なくはありません。

前回の点数が良すぎるぐらい良かったから・・・・・という理由はあるにせよ、それはそれ!
元嶋も得点を取らせてあげられなかった責任を重く受け止めています。
みんなごめん!!

元嶋も全力全開で指導に当たります!
一緒にがんばって、過去の自分に打ち勝ちましょう!

fac7360fcbf51e960a9d3bbe74efd183

さらに、新3年生の皆さんにも頑張ってもらいたい!
逆の意味で!!

二大中の新3年生たちは前回のテストで大躍進!

Aくん 9位
Bさん 8位
Cくん 4位
そして
Dくんは何と1位

trophy_boy

1桁順位に届かなかった生徒も、5位アップ、10位アップと言った生徒が沢山、
85%の生徒が順位をアップさせています。

この伸び盛りの時期を逃す手はありません!
思いっきり頑張りまくって、更なる飛躍をめざしてください!

もちろん、こちらも元嶋は全力全開でバックアップします!!

ここに書いてない学校、学年の皆さんも反省点や伸ばしたい点がいろいろあると思います。

折り返し地点!
講習会に慣れ始めるところですが、ここでグッと気を引き締めて、目的意識をもって授業に向かってください。
まずは、春期講習会明けに控えている塾内模試英単語・計算グランプリ
さらに、そのあとに控える前期中間テストに向けて一緒にがんばりましょう!!

 

 

入試結果2021

2021年3月5日

今年の都立一般入試の第1志望合格率は、95%超!

都立推薦と私立も含めた第1志望合格率も95%超!!

3年連続で第1志望合格率95%超を達成!!!

(改めて、一橋セミナーは合格率に、徹底的にこだわります!)

塾長の松鵜(まつう)です。

3月2日(火)に都立一般入試の合格発表がありました。

小松川(大島西中)・三田(二砂中)・城東5名(大島西中3名・二大中2名)・上野2名(大島西中・二大中)・白鷗(砂町中)・江戸川(二大中)・深川3名(二大中・二南砂中・二砂中)・産業技術高専2名(四砂中・二南砂中)・東4名(大島西中3名・二南砂中)など、本当に厳しい倍率を乗り越えて、今年もほとんどの生徒が第1志望合格を勝ちとってくれました!(100%合格まであともう一歩!でした。)

今年はコロナ禍で本来のカリキュラム・指導が十分にできたとは言えない中での圧勝劇!VもぎでD判定・E判定からの奇跡的な逆転合格も複数出ました。大変な1年間を乗り越えての第1志望校合格・・・

みなさん、本当に、ほんとうにおめでとうございます!そして、ありがとうございました!!

一橋セミナーにはさまざまなレベルの生徒が、「自分にとって1番の高校」の合格を目指して通塾しています。ですから、私たちの誇りは「上位校の○○高校に何名合格させたか」ではありません。

「圧倒的な合格率」もともと○○高校に届きそうもなかった生徒を何名も合格にまで引き上げられたこと」が私たちの誇りです。

昨年のブログでも書きましたが、本当は「奇跡的な逆転合格」なんて自慢できることではありません。最後まで余裕をもって合格にたどり着くことが一番良いに決まっています。余裕がなければ直前になって志望校を下げることにもなりかねません。次の新中3生には今度こそ「100%合格」「余裕で合格」を達成させてあげたいと改めて強く決意をしました。

ただし、今年も全員合格とはいきませんでした。惜しくも届かなかった生徒が最後まであきらめずに、全力でがんばっていたことを知っているので、心から申し訳ない気持ちでいっぱいです。(お母様からは「塾のせいではありません。縁がなかったんだと思います。こんなにしてもらったのに合格できなくて申し訳ないです。」とおしゃっていただきました。泣きそうになりました。)がんばった経験は無駄にはなりません。高校でも、社会に出てからも、必ず活きてくるものだと思います。胸を張って高校生活をおおいに楽しんでください。

保護者の皆様、一橋セミナーを、塾長松鵜を、講師を信頼して最後まで通わせていただきまして、誠にありがとうございます。

卒業生の皆さん、今年も「卒業を祝う会」ができなくてごめんなさい。皆さんはコロナ禍のせいで、ぜったいに忘れられない世代になりました。またどこかでお会いしましょう。

卒業生と保護者の皆様の健康とこれからのますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。

本当に、心から、何度でも、「ありがとうございました!」

2020年度最後の理社勉強会!

2021年2月27日

皆さんこんにちは、元嶋です。
春の陽気から、冬の陽気へとジェットコースターのような気温変化に体調をくずしてはおられませんか。

元嶋の元は元気の元!
元嶋は、いつも元気です!

さて、今年も早いもので、2月も終わり、いよいよ新学期の3月がやってきます
(一橋セミナーは学校より一足早く3月に新年度を迎え、新学年の学習をスタートいたします。)

2月は「今年度最後の○○」の連続!

「今年度最後の三者面談」「今年度最後の授業」「今年度最後の定期テスト」いろいろな「今年度最後の○○」がありましたが、今日は「今年度最後の小5,小6理社勉強会」でした。

この理社勉強会は
中学生になってから理科・社会で苦戦する生徒をたくさん見てきた松鵜塾長が、小学生のうちから理社に触れて、中学校での苦労を少しでも減らせるようにと考えた月に1回の、理科・社会の特別無料授業です
※現在は通塾回数を極力抑えるために、オンラインで授業を行っております。

B13DB9EC-F8E7-482E-B67F-977E756C7C852

 

今日は年度最後の理社勉強会だったので、5年生は6年生に、6年生は中学1年生につながるように、いつもより掘り下げて、プラスアルファの内容にも触れました。

ちょっと難しいかな~~~と思っていたのですが、みんな一所懸命に話を聞いてくれて、元嶋が質問すると頭をひねって考えている様子が画面を通してもありありとわかるぐらい!
とても頑張ってくれました!!

6年生のYさんに至っては、質問の答えがのど元まで出ているのに思い出せなくて頭を抱えるほど!
正解するとガッツポーズをする生徒も‼

オンライン授業でも素晴らしい授業姿勢に感心、感動しながらの授業でした!

6年生の皆さん、いよいよ中学生ですね!
準備はいいですか?

勉強の準備は今まで一橋セミナーでしっかりと整えてきました!

あとは、気持ちの準備をバッチリしてください!!

もしも「中学生になるのはふあんだ~」という人がいたらいつでも相談に乗ります。
松鵜先生か元嶋のところに相談に来てくださいね。

都立一般入試まで残り8日、後期期末テストまで残り10日!

2021年2月14日

皆さんこんにちは

寒い寒いと思っていましたが、徐々に温かい日が増えてきました。
三寒四温を感じている元嶋です。

自転車通勤には、さわやかで気持ちよく・・・鼻水、涙が止まらない季節が近づいてきました。
すでに花粉を感じます・・・(T_T)

さて、が待ち遠しい時期になってくると、いよいよ受験も終盤だなぁと感じます。

中学3年生の皆さん!
ほんとにほんとにほんと~~に最後のさいごのラストスパートですが。
決して頑張りすぎないで!!

最後の1週間は何より体調管理が大切です。
どんなに今まで頑張ってきても、体調が悪くては全力を出せません。
それどころか、体調をくずして舞台に立つこともできなければ、本末転倒です!

がんばりすぎないことも大切なことですよ~

そして、都立入試が近づくと同時にやってくるのは・・・
「後期期末テスト」
今年度最後の定期テストです。

今日は、その後期期末テストに向けて、中学1,2年生に2回目の「定期テスト特別対策授業」を実施しました。

このブログを以前からご覧いただいている方々にはおなじみかと思いますが、一橋セミナーの通常期のベーシックな授業は数学と英語の2教科です。

しかし、
成績がつくのはこの2教科だけではない!
すべての教科が受験に影響する!!
ならば塾がサポートできる主要5教科すべてをサポートするべきだ!!!

という考えのもと、定期テストの3週間前から日曜日を使って理科社会の定期テスト対策を全生徒に無料で行っているのが「定期テスト特別対策授業」です。

※国語に関しても、テスト範囲に合わせた問題集を配布するなど対策を行います。また、中学3年生に対してはさすがに実技指導はできないまでも、実技4教科の範囲ごとのプリントを配布するなど、全教科に対してサポートを行っています。

さすがに中学1年生たちは、まだ授業の受け方を指導される場面も少なくありませんが、中学2年生ともなると、3年生に負けないほどよく集中して授業を受けてくれています!

school_test_seifuku_boy

都立入試まで残り8日
定期テストまでも、ほとんどの学校が2週間を切っています。

さぁみなさん、残り時間がわずかとはいえ、まだ伸びしろはあるはずです。
3年生は頑張りすぎず、それでも最後まであがきましょう!
1,2年生は3年生の今までの頑張りをお手本に、最後まで頑張り切りましょう!

いつも言っていますが、元嶋は君たちを全力でサポートします!
いつでも質問に来てくださいね!
お待ちしております!!

質問の大切さ

2021年1月31日

皆さんこんにちは、先日は東京でも雪が降りました。
雪景色は好きなのですが、あまりに降りすぎると災害となってしまう・・・先日の大雪のニュースを聞いて、自然の怖さを改めて感じた元嶋です。

さて、雪が降る季節受験シーズン、一橋セミナーはただいま受験シーズン真っただ中です。

先日都立推薦入試が終わり、都立高校一般入試まで残すところ3週間!
中学3年生たちもだいぶ緊張感が増してきており、授業後に生徒たちからの質問も増えているのですが・・・・・・
それでもまだまだ足りないように感じています。

この「質問」というキーワード、学力アップにはとてもとて~も大切なキーワードです。

一橋セミナーは6人制集団授業、もちろん少人数授業ですので、授業中には1人ひとりの細かい質問にも答え、場合によっては
「Aくん、いま顔に『はてなマーク』出てたでしょ!今のところ大丈夫?」
など、先生が表情からわからないところを見つけて説明することもしばしばあるのですが、それでもやはり1度聞いてそれがその場ですぐ完璧になるわけではありません。。

「さっきの先生の話なんとなくは分かったけど・・・・」
「あれ?さっきこう言ってたけど・・・わかんなくなっちゃった」
など、授業後にはてなマーク”?”が出てくることもあるはず。

そこで、授業外でも先生に質問に来てほしいのです。

「1を聞いて10を知る」という言葉がありますが、元嶋は「1を聞いて1を知る」こともとても難しいことだと思います。
1つのことを聞いたらそれを自分の中で納得いくまで考え、定着させる、そうやって一歩ずつ前進していくのが勉強だと思うのですが、それを1人でやるとなるとなかなかに難しい・・・・

そこで生徒の皆さんには、一橋セミナーを徹底的に利用してほしい、「わからない」「どうしよう」と思ったら質問に来てほしいです。

塾長の松鵜先生も三者面談で「質問魔になってほしいんですよ!」とよく言っています。

そして、昨日も中学1年生のNくんが「今から質問に行ってもいいですか?」と電話をかけてきてくれました。
(もちろんウェルカムです!その後Nくんは学校の国語のプリントをもって登場、30分ほど松鵜先生の指導を受けて、疑問をすっきりさせて帰りました。)

job_juku_koushi

そう!自分のわからないことは質問しまくって、スッキリして、徹底的にできるようになってほしいんです!
授業前でも授業後でも、授業が無い日だって先生たちはウェルカムです。
もちろん、このような状況下ですので、頻繁に塾に来るのが難しいこともあると思います。
ならば、電話でもメールでもどんな形でも先生たちはウェルカムです。

ぜひ、元嶋が「さすがにもう勘弁して!」というぐらい質問攻めにしてください!

注:何も考えずに先生を辞書の代わりにするような質問はだめですよ。その場合は何をどう調べればいいか、どのように勉強を進めれば良いかを徹底的に指導させていただきます!

小学生冬期グランプリ結果

2021年1月15日

塾長の松鵜(まつう)です。

冬期講習会の最後の締めとして、1月9日(土)に冬のグランプリを実施しました。

(グランプリとは、各講習会ごとに行われる一橋セミナーオリジナルの計算・漢字・英単語テストのことです。小学生は計算・漢字で、中学生は計算・英単語で実施をして、基本学力=計算力・漢字力・英単語力の向上に徹底して力を入れています。表彰も行っていますので、生徒にとっても気合いの入るイベントとなっています。)

小学生の結果が出ましたので、発表したいと思います。

小6計算、小3計算・漢字は全員80点以上!全員合格!!

その他小4・小5も計算・漢字ともに残念ながら80点に届かず不合格になった生徒はそれぞれ2~3名のみで、

小学生、すごかったです!

trophy_girl

ちょっと感動してしまいました。生徒のみなさん、がんばってくれて、本当にありがとう!

夏のグランプリでは特に漢字で、各学年ともに不合格者が続出し、正直過去最悪といってもよいくらいの残念な結果だったので、冬期講習中は毎日のグランプリ課題にがんばって取り組んでもらってはいました。

挽回できてうれしいです!この調子で、ふだんの「トレーニング」や「5日間勉強」にもより気合いを入れてがんばっていきましょうね!!

以上、とてもうれしかったので、速報でした!

後期中間テスト結果

2020年12月29日

DSC_0866

塾長の松鵜(まつう)です。

大変だった1年が終わろうとしていますが、一橋セミナーでは冬期講習会の真っ最中!「年末って何?」という感じで毎日厳しく、楽しく、気合十分に授業をさせていただいております。

時期がだいぶ遅くなってしまったのは自覚していますが、生徒のみなさんがすごくがんばってくれて、後期中間テスト結果がとても良かったので、今更ながら発表したいと思います。

大島西中1すごかった!

英語 学校平均50.4点 → 塾生平均78.9点 +28.5点!

理科 学校平均64点 → 塾生平均88.5点 +24.5点!

数学 学校平均62.7点 → 塾生平均84点 +21.3点!

社会 学校平均57.7点 → 塾生平均78.3点 +20.6点!

5科合計 学校平均302.6点 → 塾生平均410.1点 +107.5点!!

他にも

二大中3 社会 学校平均59.2点 → 塾生平均83.7点 +24.5点!

二大中3 理科 学校平均55.6点 → 塾生平均77.7点  +22.1点!

二南砂中2 理科 学校平均61点 → 塾生平均80.7点  +19.7点!

四砂中2 英語 学校平均56.2点 → 塾生平均72.5点  +16.3点!

大島西中3 国語 学校平均58点 → 塾生平均74.1点  +16.1点!

二大中2 数学 学校平均69.4点 → 塾生平均85.4点  +16点!

大島西中2 数学 学校平均点63.5点 → 塾生平均78.8点  +15.3点!

などなど、全体的にとても良い結果となりました!

今回の定期テスト対策はこれまでとは違い、理社については学校で授業中に使用しているプリントやノートを片っ端から集めてホワイトを入れ、テスト対策に活用しました。

前回の結果が良くなかったので、挽回できて良かったです。みなさん本当にがんばりました!ありがとう!!

ただし、もちろん全員の順位が上がったわけではありません。下がった生徒も少なからず出てしまいました。「申し訳ない」という気持ちとともに、「次回こそ、必ず、成績を上げてみせる!」と強く決意しました。

中1中2の冬期講習会ではこれまでの復習を中心にしながら、次回定期テストへ向けての内容もしっかり勉強して頂いています。

中3がまさに受験勉強の佳境に入っていますが、中1中2のみなさんには改めて強く、強く、

「1回1回の定期テスト・学力テストに真剣に取り組むことが、受験に直結しますよ!!」

と訴えたいです。

まずは冬期明けに行われる「英単語・計算グランプリ」「学力診断・進路判定テスト」で点数を取ることを目標に、いっしょにがんばっていきましょう!!

令和2年中3内申点結果

2020年12月16日

通知表2

塾長の松鵜(まつう)です。

今年度の中3生の内申点が確定しました。

前期期末テスト結果が良くなかったこともあり、危機感をもってこれまで以上に中学校の授業プリントを1枚1枚ていねいに集めて対策に活かしました。実技4教科対策プリントもせっせとホワイトを入れて各中学ごとに細かく作って配布しました。いままでで一番、時間と精神力を費やした定期テスト対策だったと思います。その結果、前期と比べて確定した内申点は・・・

上がった生徒は全体の64%

変わらなかった生徒が30%

下がった生徒が6%

という結果になりました!

昨年は 上がった生徒57% 変わらなかった生徒30% 下がった生徒13% という結果だったので、今年はあえて、

「良かった!」と書かせていただきます。みなさん、がんばりました!一橋セミナーの内申点対策に間違いがないことが証明できて、生徒のみなさんには心から「ありがとう!」と伝えたいです。

ただし、下がった生徒が昨年よりは減ったとはいえ今年も出てしまったことと、変わらない生徒が今年も多かったことは真摯に受け止めていきたいと思います。

5科合計でこれだけとれればまず間違いない!という合格予想点を生徒一人ひとりに伝えました。1月24日(日)に行われる予定の毎年恒例の一橋セミナーオリジナルイベント「都立プレ入試」(都立そっくりの時間・問題で実施されるオリジナルもぎテスト)で合格予想点を上回れるように、今日からまたがんばっていきましょう!!

「まずはプレ入試を目標に!冬期講習会に全力で取り組もう!!」

定期テスト結果が・・・・おしい!!

2020年11月30日

皆さんこんにちは、早くも11月が終わり12月、師走となりましたね。
師走る月、先生も走るほど忙しいというのが師走の語源だそうです。(諸説あり)
確かに12月は冬期講習の準備に大忙し、元嶋も走り回ってます。

さて、中学生、小学生共に定期テストが終わり、大島校は受験生以外はすこ~しだけ穏やかな日々が戻って来ていますが、同時に中学生の皆さんのテストも戻ってきています。

まだ各中学校での平均点や順位が発表になっておりませんので、全体的な結果は見えませんが、今回のテスト結果を見ていて元嶋が思ったことは・・・・・
「お・し・い!!!」

なぜか今回99点や98点といった点数をよく見かけました。

西中 3年
Aさん 数学97点
Bさん 数学99点
二大中 3年
Cさん 社会99点
砂町中 3年
Dさん 社会99点
二砂中 3年
Eさん 英語98点、保健体育98点、美術98点


西中 2年
Fくん 数学98点
四砂中 2年
Gさん 数学98点、英語97点
深七中 2年
Hさん 数学98点 音楽97点


西中 1年
Iさん 数学98点 理科97点
Jくん 理科99点
三砂中 1年
Kさん 英語97点

この記事を書くにあたり、改めて点数を確認しましたが・・・・・
おしいひとたちが多すぎる!!

上にあげたのは99点~97点の人たち、96点や95点といった点数はさらに多かったです。
みんながんばってます!
がんばった成果が着実に出ているので本当に喜ばしいことです!

が、やっぱり・・・おしい!!と思ってしまいます。

そして、生徒のみんなにもくやしい!と思ってほしいです。

その中で100点を取ってきてくれた

西中3年    Lくん(音楽100点)
西中3年    Mさん(技家100点)
砂町中3年   Nさん(音楽100点)
二砂中3年   Oくん(技家100点)
二大中2年   Qくん(数学100点)
二砂中2年   Pくん(数学100点)
二南砂中1年生 Rさん(英語100点)

trophy_girltest100

素晴らしい!

99点、100点、たった1点の違いですし努力の成果が出ているという意味では同じなのですが、その1点を取り切れるかどうか!
やはり、全くミスがない100点というのは特別ですし格別だと思います。

今回おしい点数を取った皆さん!

ぜひ次回はノーミスを目指してがんばっていきましょう!

 

 

小学生 定期テスト

2020年11月15日

皆さんこんにちは、夜はだいぶ冷えるようになりましたね。
そろそろ通勤用の手袋を用意しようと思っている元嶋です。
冬の自転車で最も大切な防寒具は間違いなく手袋だと思います。

秋も深まり、中学生の皆さんは後期中間テストも終盤、ほとんどの学校がテストを終えてまずは一息、四砂中と深川七中を残すのみとなりました。
四砂中、深七中の皆さん、周囲は終わってほっと一息ムードですが、その雰囲気に流されず、最後まで頑張り抜きましょう!

一方、小学生はというと、こちらも昨日定期テストを終えて、ほっと一息ムードです。

小学生が定期テスト?
と思われるかもしれませんが、一橋セミナーには小学5年生、6年生に定期テストがあります。

R2ピラミッドテスト日程&範囲

年に3回行われる、塾で勉強してきたことの定着を確認するための定期テストなのですが、目的は定着の確認だけではありません。

その1つは『中学校に上がってからの定期テスト対策方法を覚えること!』

小学校で行われている確認テスト(いわゆるカラーテスト)と、中学校の定期テスト、
どちらも学習の定着の確認という点では同じなのですが、中身は量も難易度もけた違い!

小学校から中学校に上がった時に、「今までだってテストで100点たくさんとってたもん、だいじょ~ぶ!」と油断していて、テスト対策が十分にできず点数が取れない・・・・といった生徒をたくさん見てきました。

そこで、小学校のうちから、定期テストの重要性、準備の大切さを身をもって経験してもらうために、
定期テストの2週間前からは復習のための「定期テスト課題」を宿題として出し
1週間前の土曜日には「定期テスト特別対策授業」を行い
1週間前からは普段は予習の授業を復習に切りかえる

中学生と同じように定期テストの対策を行い、定期テストの重要性と準備のしかたを感じてもらっています。

そしてもう1つの目的は『テストになれること!』

実は真剣に集中してテストを受けるということはとても難しいことです。
日頃から慣れていないと、たとえ30分でも「し~ん」と静かな中で、1つのことに集中するということはできません。
そこで、そんな緊張感のなかで、自分の実力を試されるというプレッシャーを感じつつ、それでも実力を出す!
その練習のために定期テストを行っています。

この定期テストですが、今回初めて定期テストを経験する生徒も多い小学5年生と1年間定期テストを経験してきた 6年生では格段の差が見られます。

5年生は、もちろん問題を解く間は静かですが、解き終わると辺りをきょろきょろ見まわしたり筆箱を開け閉めしてみたり、見直しという発想がなかなか出てこない生徒もおり、先生から「見直ししたの?」と言われて
ハッと気が付くなんて生徒もおりました。

しかしさすがは6年生、昨日のテスト中も水を打ったように静かにテストを受け最後まで徹底的に見直し!
点数を取るためにしっかりとがんばれました。

study_wakaru_girl


「提出するときがいちばんきんちょうするよ~」なんてことをいう生徒も、その緊張感が練習になっているんです!

たった1年の違いですが、1年間定期テストを経験してきた差がこれほど大きいとは!
元嶋にとっても改めて経験の大切さを感じるテストでした。

ただ、テストは受けて終わりというものではありません。
もちろんテストが終わった後、解答をもらったら見直して、自分の弱点を確認、克服するまでがテストです!

テストが終わってほっとしているそこの皆さん!

中学生も、小学生も、一息ついたら必ずテストの確認をしてください!
そのわずかな差が次回のテストの点数に響いてきます!

もし、わからないところがあればいつでも先生たちに声をかけてください!
わかるまでしっかりと教えますよ!