Category Archives: その他

スポーツと勉強のいろいろ

2017年7月15日

塾長の森山です。

梅雨明け宣言はまだなのに、夏らしいとても暑い日が続いてしまっています。夜もだいぶ寝苦しくなってきました。熱中症対策も含めた体調管理に、塾生の皆さんは気を付けてください。

さて日本は今、夏のスポーツということで甲子園の地方予選や野球のオールスター、大相撲の夏場所が盛り上がっていますね。また、ヨーロッパ、とくにイギリスでは先週から今週にかけてテニスのウインブルドン選手権が行われていて、さらに来週はゴルフの全英オープンと、世界的には大注目のイベントが行われます。

日本からはテニスの錦織圭選手やゴルフの松山英樹選手が注目選手として出場するので、そういう大会の存在ぐらいは聞いたことがある人もいると思います。社会や体育のテストの時事問題ででてもおかしくないぐらいの世界的には注目のイベントなので、興味ある人はチェックしてみてください。

 

さて、どちらのイベントも夜遅い時間になりますが、テレビ放送がライブ中継で行われます。そして放送の中で、解説や実況の人のこんなセリフを耳にすることがあります。

「(日本が真夜中の12時の時に)現地イギリスは午後4時です。」

中学生の皆さんはこのセリフに隠れたおかしな点に気が付きますか?

考えるポイントは『時差』です。

 

 

イギリスは本初子午線が通るため、経度はゼロ度。

日本の標準時子午線は兵庫県明石市を通る東経135度の経線です。

その差は135度で、時差は135÷15=9で9時間です。

9時間の「時差」のことが、イギリス・日本・時差というヒントだけでここまで考えられたら、まずはお見事です。

でも実際にテレビで言っている時差は「8時間」になっていて、そこに違和感を感じられたか、ということです。

s_DSC_0030

 

中学校の教科書に載っていることではないので、その理由まで知っていたら、素晴らしいです。その理由は「夏時間(サマータイム)」で、夏場イギリスでは時刻を1時間早めているためです。

 

他にも、夕方ぐらいの明るさのなかでテニスやゴルフの試合をやっているのに、イギリスの時刻が「夜の8時」なんてこともあります。

これは日本よりもイギリスが高緯度にあるためで、昼の時間が東京より長くなっているからです。その最たるものはさらに高緯度地方で起きる「白夜」になります。

こんな風にスポーツのテレビ観戦ひとつとっても、色々な学びのポイントがあります。中学校までで習う理科や社会の内容は、こういった不思議に気づかせてくれるきっかけになったり、理由を考えるヒントになったりします。中1・中2生はこの夏休みで、これまで習った理科社会の復習を頑張ってみるのはいかがでしょうか。

ちなみに都立受験の中3生は、夏期講習会で受験に向けて理社の総復習です。この夏が勝負です。頑張りましょう!

 

ブログを始めます。

2017年5月27日

塾長の森山です。

一橋セミナー小岩校のブログを始めることになりました。

このブログでは私たちの想いや日常の中で気づいたことを発信していく予定です。

おたのしみに!

 

s_kaisya_man a