問題を解く上でのNG行動

2020年11月25日

皆さんこんにちは。

早いもので11月ももうすぐ終わり、

年の瀬が近づいてきていますね。

 

さて、前回のブログにて

もっと問題を解く量を増やしましょうという話をしました。

そして問題を解く目的として

授業で聞いた内容が問題でどのように問われるのかを知ること

自分が授業の内容を理解しているか、

または授業で聞いた内容を使って問題が解けるかを確認すること

の2点があることもお伝えしました。

 

今回はその問題を解く時に

やってはいけないNG行動を紹介したいと思います。

これをやってしまうと学習効果が半減、

または意味のないものになってしまう行動です。

 

【NG行動1】すぐに答えを確認する(または答えを見ながら問題を解く)

授業で問題をやっている時に、1問解き終わるごとに

「先生、この問題の答え何ですか?」「この問題の答えって〇〇で合ってますか?」

と確認してくる人がいます。

全部正解していないと不安、という気持ちは理解できますが、

これでは自分が理解できているかの確認になりません

極端な話、授業や宿題でやる問題については全部間違えていたって問題ないわけです。

本番ではないのですから。

大事なことは、この分野は私はまだ理解できていない、

もっと練習が必要だというのを認識することです。

ただ、解説を読んでも理解できない問題については必ず先生に質問しましょう

解き方が理解できていない問題を解けるようになるはずありませんので。

 

【NG行動2】分からない問題をずっと考える

これははっきり言って時間の無駄です。

考えても分からない問題は諦めて次の問題に進んだ方が良いです。

特にワークの1周目はできていない所を確認するのが目的なので

分からない問題はどんどん飛ばしてしまいましょう。

そして答え合わせをし、解説を読んで(あるいは先生に質問して)

解き方を理解し、2週目以降はできなかった問題に絞って

解き方も再現できるようになるまで繰り返し同じ問題を解く

1問あたりのシンキングタイムは10秒と考えてください。

10秒以内に答えや途中式が浮かばないものはテストで使えません

多くの生徒が複数回問題を解かないと覚えられないと思います。

1周あたりの演習時間をどれだけ短縮できるかがポイントです。

 

今回は問題の解き方について具体的な話をしました。

皆さんも勉強する時は効率よくやることを意識してくださいね。