Monthly Archives: 2月 2018

後期試験、そして新年度へ

2018年2月28日

こんにちは、古川です!

本日は2月28日、千葉県後期選抜試験の前日です。
惜しくも前期で力及ばず、後期に命運を託すことになった一橋セミナーの中3生たちは、今日まで連日自習に来ていました。
そして、先ほどまで頑張っていた最後の受験生が、やりきった笑顔で帰っていきました。
ちょっと受験前日にしては遅くまで残りすぎですが、まぁそのさわやかな笑顔が見れたのでよしとしましょうか(笑)
あとは皆さんたちが明日しっかりと実力を出してきて、全員合格してくれることを信じています!

さて、一橋セミナーの中3卒業生に関しましては、
3/11(日)に卒業生を送る会、塾長のおごりでボーリング大会を行います!
皆さんと塾という場所を離れて盛り上がるのを楽しみにしていますので、ぜひ皆さん全員参加してくださいね!
images

さて、ここまでは受験生の話ばかりでしたが、ここからは他学年の皆さんが主役です!

さぁ、中2の皆さん!なんと、受験まであと349日しかありません!
高校受験は3年間の勝負ではあるものの、やはりそこで大きなウェイトを占めるのは、ラスト1年です。
もし1・2年でサボった自覚がある人は、今から始めれば周りに追いつくことができます。
言い方を変えると、夏から勉強を始めるようでは、周りと同じ量をこなすことで精いっぱいになってしまい、成績を伸ばすのは難しくなります。
上位高校を目指す人は、もう受験に向けて勉強を始めているのが当たり前です!
春期講習を利用してでもよいので、中1・2内容の英数を徹底的に覚えなおしましょう!
社会は、地理の範囲に関してはすでに終わっていますので、参考書・問題集を購入して解いていってもよいでしょう。

そして、他学年の皆さん!
一橋セミナーでは、小学生のうちから、公立高校を見据えた授業を行っています。
先ほど高校受験は3年の勝負と書きましたが、はっきりといいます!その考えでは、成績を伸ばすことはできません!
高校受験は小学生からの勝負であり、小学生の時に勉強をサボっていた人は、中学に入ってそれを覆すのは並大抵の努力では不可能です。
今のうちから一日に最低1時間半程度は勉強をする習慣を付けましょう!
まずは1時間半、意地でもスマホを無視して机にかじりついてください。
その後、余裕がでてきたら時間を増やしたり、量で毎日の勉強を考えたりしていきましょう。
今のうちからとりあえず勉強習慣をつけておくことが、後々中学になって必ず生きてきます。
毎日を漫然とすごさず、目標をもって頑張りましょう!

前期入試本番!

2018年2月14日

皆さんこんにちは、古川です。

昨日と今日、2/13・14日は、千葉県公立高校前期選抜の日でした。
1日目で英数国理社の筆記、2日目は学校毎で異なる作文・面接・自己表現等の内容になります。
受験が2日あると聞くと、連続で試験を頑張るなんて大変だなぁと思うかもしれませんが、
現在の千葉県の入試制度では、圧倒的に1日目が重要です!

さて、昨日の前期選抜、一橋セミナーの中3生の皆さんはどうだったでしょうか。
本日ラストスパートという中3受験生向けの授業があり、みんなが自己採点でどのくらいの点数を取っているのか、私もちょっとドキドキしています。

少し具体的に昨日の入試について触れてみましょう。

例えば数学は、いつも確率はひねった問題が出ているのですが、今回は愚直にサイコロ二個の表を書けばなんら難しくないものでした。
作図の問題も例年になく簡単で、ちょうど先週ラストスパートでやった作図の後半部分だけでよかったので、上位クラスはできてほしかった問題です!
規則性の問題も、今までは公式が使いづらいものが多かったのですが、今回は1からnまでの連続する整数の和、奇数の和(四角数)、その応用から導ける偶数の和あたりを覚えておけば、非常に簡単な問題だったといえます。
全体として数学は平易な問題が多く、昨年よりさらに易化した感があります。
今までは数学が難しく分量が多すぎることが多かったので、数学をやや易しくしようとしているのでしょうか。

対して社会は、昨年一昨年と比較的平易な問題が多かった中、今年は答えづらい問題が多かったように思います。
特に「EPA」と答えさせる問題に関しては、教科書に一応載ってはいるものの、太字でもないですし、非常に難しい問題だったと思います。(TPPという誤答率も高そうです)

総じて、今までは国語を除く文系科目が平易だったのに対し、理系科目が難しいことが多かった気がしますが、
今年の傾向を見るにバランスをとってきているようにも感じます。
そうなると、各科目をどの程度のレベルで対策するかが非常に難しくなってくると思います。
とはいえ、中1生や中2生は、このような試験の難易度や傾向によって大きく点数が上下しないよう、まずはどんな問題にも対応できる力を身に着けることが重要です。

 

ひとまず、
中3生の皆さん、前期選抜お疲れ様でした!
しかし来週結果が出るまでは、自分は落ちたものだと自己暗示をかけて、先生たちと一緒に後期の対策をしていきましょう!

th