Monthly Archives: 10月 2017

定期テスト対策

2017年10月31日

皆さんこんにちは、古川です。

定期テスト対策の時期がやってきましたね!

稲毛海岸校の中学生たちは、熱い定期テスト対策の時期を迎えることになります!

前期の内申点が悪かった人は、しっかりと反省し、勉強方法を改善していますか?

前回のブログでも書いたように、前期で内申が悪かった人も、後期の頑張り次第で挽回することができます。

 

特に中3の皆さん!

後期期末テストは受験の合格発表の後にある以上、この中間テストが事実上最後の定期テストです。

もし今回の定期テストの成績が悪いと、内申点に不安を抱えたまま入試に挑むことになってしまいます。

また、前期で私立併願の基準に達していない人は、死に物狂いで今回の定期テストを頑張らなくてはいけません。

私立の推薦をもらえていない場合、自分の身の丈にあった私立を探し、その対策をして受験しなくてはいけません。

周りの人が公立の勉強に集中している中、私立の勉強をしなくてはいけない、なんてことにならないよう、一生懸命頑張りましょう!

 

内申点

2017年10月14日

皆さん、古川です。
秋休みに内申点が発表されましたね!
よかった人、悪かった人、色々な人がいると思いますが、そもそも皆さん、内申点と入試の関係を理解していますか?
特に中学1年生の皆さんは理解できていないと思うので、少し内申点の話をしたいと思います。

まず、内申点は主要5科目+副教科4科目の9科目に対して、5点満点で評価されます。
つまり、1年間の内申点の合計は45点ですね。
そして、それが3年間分あるわけですから、45点×3年=135点満点になります。
入試本番では、主要5科テストの100点×5科目の500点満点に加え、この内申点135点が合否判定の対象になるわけです。(学校によって、内申の扱いが異なる場合があります)
中1のうちから、受験のうち20%以上を占めるこの内申点が決まっていくわけですから、なかなか気が抜けませんね!

また、内申点の平均についても知っておきましょう。
内申は5段階評価だから、平均は3点・・・なんて思っていませんか?
実は、内申点1はめったにつかない評価ですから、基本的に2・3・4・5の中から評価されることになるんです。
ということは、実は平均は3.5点、ということになるんです!
ですから、一年間の内申の平均は3.5×9=31.5≒32点、あたりでしょうか。
だいたい、このくらいがちょうど偏差値50の学校に行くための目安になってきます。

slump_good_woman_study

 

皆さん、現段階で志望校が決まってない人は、内申点から行くことができる学校を調べてみましょう。
よくわからない人は、先生たちに聞いてください。
一緒に、どんな学校があるかみてみましょう!

しかし、内申点の評価は、1年間のトータルできまります。
前期が悪くても後期で挽回ができますし、前期がよくても後期が悪い場合内申点が下がる可能性もあります。
ですから、次の定期テストは同じ轍を踏まないよう、反省を生かして精いっぱい頑張りましょう!!