第6回理社勉強会と第3回定期テスト

2019年11月4日

皆さんこんにちは。

11月に入り、朝晩は寒い季節となりました。

皆さんも風邪やインフルエンザには十分気をつけてほしいと思います。

 

さて、10月19日(土)に小学5・6年生を対象に

第6回理社勉強会を行いました。

今回はたくさんの生徒が参加してくれました。

本当にありがとうございました。

 

小学5年生は『電磁石の性質』『日本の工業(2)』『工業生産と運輸・貿易(1)』、

小学6年生は『いろいろな水溶液』『水溶液と金属』『平和な世の中へ

身近な政治』について学習しました。

どの内容も難しい内容ではありましたが、

熱心にメモを取り、積極的に質問をしている姿が印象的でした。

 

次回は11月30日(土)に行う予定です。

たくさんの生徒の参加をお待ちしております。

 

そして、11月16日(土)には第3回定期テストが行われます。

先日、定期テスト課題をお渡ししましたので、

そちらを使って勉強をしていただければと思います。

もちろん、通常授業でも定期テストの対策を行います

課題で分からない所がありましたら、どんどん質問してください

自習のすすめ

2019年10月29日

皆さんこんにちは。

10月も終わりになり、中学生の皆さんは

第3回定期テストの試験範囲が発表された頃だと思います。

 

さて、前回のブログで

学校のワーク等に早いうちから取り組もう』という話をしました。

あれから3週間。

皆さんどのくらい勉強を進めてくれたでしょうか?

直前までワーク等が終わっていない人でテストの点数が良かったという人はいません

まだ全く手を付けていない、という人は今から始めることをお勧めします。

 

とはいうものの、家だとなかなか集中して勉強できない!という人も多いでしょう。

そこで今回お伝えしたいのは、

家で集中して勉強できないのなら、塾で勉強しませんか?』ということです。

現在、小学生は月曜日と金曜日の16:30~18:50の時間帯、

中学生は水曜日と金曜日の19:00~21:40の時間帯で自習が可能です

その他の曜日・時間帯については要相談。詳しくは塾までお問い合わせください)。

 

例えば、学校の宿題やドリルを進めたい

5日間勉強でわからない所がある

理科や社会のプリントをもらいたい。などなど、

学校のお勉強に関することならば、どんなことでも大歓迎です

 

家だとどうしてもスマホやテレビを見てしまったり、

ゲームをやってしまって勉強に集中できないという皆さん。

毎回塾に来て勉強しなさいとまでは言わないですが、

第2の勉強部屋として塾を利用してみてはいかがでしょうか

なお、自習したい場合は事前に一言連絡をもらえると助かります。

第3回定期テストに向けて

2019年10月8日

皆さんこんにちは。

月日の経つのは早いもので、もう10月に入りました。

第3回定期テストまで約1か月となりました。

中学3年生の皆さんにとっては内申点を上げる最後のチャンスになります。

 

一橋セミナー稲毛海岸校では

10月22日(火)より土・日・祝日を利用しまして

学校別に定期テスト対策授業と勉強会を開催します

詳しい日程については別紙にてお知らせいたします)。

 

そこで皆さんにやってほしいことがあります。

それは『今のうちから学校のワークに取り組んでほしい』ということです。

その理由は2つあります。

 

第1の理由は『早くから始めれば、1日のノルマが少なくてすむから』ということです。

例えば、試験範囲のページが30ページあるとします。

1週間前から始めた場合は1日に4~5ページずつやらなくてはなりません。

ですが、1か月前から始めれば、1日に1ページずつですむわけです。

習い事や部活動で勉強する時間が取れない、という人こそ

早いうちから勉強を開始すべきではないでしょうか?

折角塾にて先取りして勉強しているのですから、

塾の宿題に加えて、勉強した範囲のワークは終わらせておきましょう

 

第2の理由は『ワークは2回以上やってほしいから』です。

皆さんも今までの経験からわかっているかもしれませんが、

ワークの内容を1回やっただけで全て身につけるというのはほぼ不可能です。

ですから、繰り返しやることで少しずつ身につけてきたはずです。

だとするならば、ワークに2回以上取り組むための時間を確保しなければならないわけです。

ここまで言えば、早く始めなければいけない理由はお分かりいただけると思います。

1週間前から勉強を始めて、全てのワークを2回以上やれますか、ということです。

 

いかがでしょうか。

正直な話、勉強机に何時間も座っていたくない、という人が大半だと思います。

そういう人こそ、早い時期から勉強を始めるべきです。

とはいうものの、

家だとゲームやテレビなど誘惑が多すぎて集中して勉強できない! という人も多いでしょう。

そんな人に1つ提案があります。

詳しくは次回のブログにて。

第5回理社勉強会と第6回理社勉強会のお知らせ

2019年10月5日

皆さんこんにちは。

久しぶりの投稿になります。

 

さて、約2か月半前のことで恐縮ですが

7月20日(土)に小学5・6年生を対象に

第5回理社勉強会を行いました。

小学5年生は『流れる水のはたらき』『川の流れと土地のようす

自動車生産のようす』『日本の工業(1)』について、

小学6年生は『地層』『火山活動・地震による土地の変化

2つの戦争と日本の動き』『戦争と人々のくらし』について学習しました。

 

理科も社会も重要かつ難しいテーマを扱いましたが

参加してくれた生徒がとても前向きに取り組んでいたのが印象的でした。

 

次回は10月19日(土)に行う予定です。

私たちも理科・社会に少しでも興味が持てるよう

内容をブラッシュアップしていきますので、

時間のある方は参加してくれるとうれしいです。

夏休みの宿題

2019年7月18日

皆さんこんにちは。

一橋セミナーでは通常授業がもうすぐ終わり、

夏期講習会が始まろうとしています。

さて、今年は7月13日(土)から夏休みで

昨年よりも8日早いスタートとなります。

学校で夏休みの宿題も発表されたと思います。

 

そこで、皆さんに1つお願いがあります。

それは『夏休みの宿題はできる限り夏期講習会が始まる前に終わらせてほしい』

ということです。

その理由は2つあります。

 

1つは夏期講習会中に学校の宿題をやるのは時間的に難しいからです。

夏期講習会中は毎日授業があり、当然毎日宿題が出ます。

毎日出る塾の宿題をやりながら学校の宿題をこなすのは、

習い事や部活動を抱える皆さんにとってかなり大変だと思います。

ですので、学校の宿題はなるべく夏期講習会が始まる前に終わらせ、

夏期講習会中は塾での勉強に専念する。

その方が、皆さんにとっても気が楽なのではないでしょうか?

小学生の皆さんは宿題さえ終われば、塾のない日は遊んでもいいわけですし。

 

もう1つは『夏期講習会を受ける目的を明確にするため』です。

以前のブログでもお伝えしましたが

『できない』問題を『できる』に変えない限り、テストの点数が上がることはありません。

つまり、講習会を受ける前にどこができていないかを把握しておかないと、

漫然と講習会を受けることになり、効果が薄いものになってしまいます

 

夏休みの宿題の範囲=次回の定期テストの範囲です。

なので、まずはワークや学校で課されたプリントに取り組み、

自分が出来ていない所がどこか確認する

そして、その出来ていない所を講習会で重点的に勉強する

こうすることで、講習会を実りあるものにすることができます。

 

小学生の皆さんと中学生の皆さんでねらいとする所は変わってきますが、

早めに夏休みの宿題を終わらせた方がいいのは変わりません。

私たちと共に、この夏を有意義なものにしましょう!

第4回理社勉強会

2019年7月2日

みなさんこんにちは。

蒸し暑い日々が続きますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、6月22日(土)に

小学5年生と6年生を対象に第4回理社勉強会を開催しました。

理社勉強会とは、月に1度、普段塾で勉強していない

理科と社会を勉強するものです。

 

小学5年生は『雲と天気の変化』『台風と天気の変化』

『食料生産のさかんなところ(2)』『これからの食料生産』について、

小学6年生は『植物のからだと水』『月と太陽』

『町人の文化と新しい学問』『明治の新しい世の中』について学習しました。

 

授業をしていて、

小学校の勉強を基に中学校の勉強を、

中学校の勉強を基に高校の勉強をしているのだな』と改めて感じました

(実際、今回勉強した内容は中学1年・2年の理科・社会で深く勉強する内容です)。

 

これはつまり、小学生のうちから少しずつでも勉強を続けていれば

中学校の勉強が楽になるということです。

何よりも、小学生の内に毎日勉強する習慣を身につけておくことが重要です。

 

今回参加してくれた小学生の皆さんには理科や社会に興味を持ってもらうのと同時に

勉強する習慣を身につけることの大切さが少しでも伝わっていたら幸いです。

定期テストを終えて

2019年7月2日

みなさんこんにちは。

中学生の皆さんは前期中間テストを終えられた頃だと思います。

まずはお疲れ様でした。どうぞゆっくりと休んでください。

 

さて、これから順次テストの答案が返却されると思うのですが、

返却されたときにぜひやってほしいことがあります。

それは『間違えた問題の解き直し』です。

 

間違えた問題は、

すなわち『現時点でできていないパターンの問題』ということです(ケアレスミスは除く)。

この『できない』問題を『できる』に変えない限り、テストの点数が上がることはありません。

『できる』問題をいくら練習した所で点数が上がることはまずないのです。

 

その意味でテストというのは

自分が現時点でわかっている問題とわかっていない問題を教えてくれる

とても便利なツールであるといえます。

これを活用しない手はないと思います。

 

テストを通じて自分の弱点を発見し、それを克服していく勉強をしていく。

できている問題は勉強しないぐらいの方が効率的な勉強ができると思いますよ。

梅雨入り

2019年6月6日

徐々に梅雨入りが発表されており、いやな季節になってきましたね!

download

 

 

 

 

 

この時期は、毎日天気もすぐれませんから、部活や外での習い事も中止になったり、
短縮になることも多いのではないでしょうか?

ぜひそうして余った時間は、半分は勉強、
半分は日ごろからやりたいと思っていること(ゲームでもなんでもいいです)
に回し、有意義な時間を過ごしましょう!

中学生であれば、定期テスト前ですから、そんな余裕はないかもしれませんが・・・

梅雨といえば停滞前線、理科の学習をする格好の題材でもありますから、
勉強にも手を抜かずに頑張りましょう!

定期テスト対策!

2019年5月27日

本日は、一部の学校ではすでに定期2週間前に入っているため、塾で定期テスト対策授業を行いました!

03_10_12-300x300

 

 

 

定期テスト対策授業とは、休みの日を使い、学校ごとに分かれて行う、テスト範囲の理社の無料特別対策授業です!

本日は一部学校では体育祭の代休だったため、早い時間から塾にきて、理社の勉強をやったわけですね。

休みの日に塾に来て勉強をするなんてつらい・・・なんて思っている中1生の人がもしいたら、それは大甘です!
(中2・3生にはそんな人はいないでしょう・・・)

定期テスト前の休みは何よりも貴重な一日で、部活さえなければ、(あるほうがおかしいのですが)
一日中机にかぶりついて勉強をするのが普通です。

さすがに一日に10時間も勉強をしていたら能率が落ちるので、それ以上するのは一般的ではないと思いますが、(必要であればするべきです)
何もない休日に3~4時間程度の勉強時間では、確実に周囲よりも勉強時間がかなり少ないです。

ですから、テスト前の日曜日等はまず塾のテスト対策で3時間は理社の勉強をする、
加えて、環境を変えて家などで4~5時間程度の自分のやるべき勉強をする、
これが、一般的な一橋セミナー生のテスト前の休日の過ごし方になるはずです。

当然、勉強時間を確保するだけではなんの意味もないため、その質が最も大事ですが・・・

特に中1生の皆さんは、初めての定期テストで右も左もわからない状態だとは思います。
ただ、勉強は量が質に変わるというつらい側面があります。
つまり、たくさん勉強すればするほどコツがわかってきて、やるべき勉強時間が少なくなっていくのです。
ですから皆さん、最初のテストは、歯を食いしばって勉強し、万全の状態で臨んでください!

理社勉強会

2019年5月12日

皆さんこんにちは、GWも明けて暑い日が続きますね。

さて、一橋セミナー稲毛海岸校では、5/18(土)15:00~16:40で、理社勉強会を実施いたします。

中学生になると、理社を苦手とする人が非常に多いのですが、
私が考えるにその理由は、「興味がなくて前提知識がないから」だと思っています。
download

 

 

 

 
地理の都道府県を苦手だという人は非常に多いのですが、日ごろテレビを見ながら、
地名を聞いたときに、〇〇ってどこにあるのかなー、と考えたり、調べたりしていますか?

大人になった私でも、聞いたことはあるけど場所を知らない地名が出てきたら、調べることが多いです。

今の時代、インターネットでググるという、最強の調べものツールがありますから、
ぜひ活用して、知識を増やしていきましょう!