夏期講習会、ここがポイント!

2020年6月29日

皆さんこんにちは。

対面授業が再開しておよそ1か月が経ちました

昨日は、7月に定期テストがある中学生を対象に

定期テスト対策授業も行われました

徐々に今までの日常に戻りつつありますが

報道を見ていますと感染者は日々出ているようです。

職員・講師一同、検温・消毒など感染予防対策を充実させて授業を行ってまいりますので

引き続きマスク・フェイスシールド着用のご協力をお願いいたします

詳しくは生徒の皆さんにお手紙を配付しておりますので

そちらをご覧頂ければ幸いです。

 

さて、一橋セミナー稲毛海岸校では

7月22日(水)より夏期講習会がスタートします

今年度は8月7日(金)まで学校の授業があるということで

日程や時間帯を大幅に変更して授業を行います

詳しくはパンフレットと同封した日程表をご覧下さい)。

 

今回は夏期講習会でおさえてほしいポイントをご紹介します。

体調に気をつける

今回の夏期講習会では特に意識してほしいです。

休養をしっかりとり、体調を整えて免疫力を万全にしてください

また、いつも以上に熱中症になる危険がありますので

水分補給をこまめにしてほしいと思います。

 

計算をしっかりできるようにする

対面授業にて皆さんの様子を見ていて感じたのですが

ライブ授業で解説した内容

特に計算の仕方が全体的にまだまだ身についていないようです。

小3は3けた・4けたのたし算・ひき算の筆算

小4は1けたでわるわり算の筆算と大きな数の計算

小5は小数のかけ算・わり算

小6は分数のかけ算・わり算、

中1は正負の数の計算と文字式の計算と方程式の計算

中2は文字式の計算と連立方程式の計算

中3は平方根の計算と2次方程式の計算をこれまでに学習したと思います。

夏期講習会ではこれらをしっかりと練習して

当たり前のようにできるようになってほしいです

 

定期テスト対策

中学生の皆さんは9月に定期テストがあります

7月に定期テストを実施しなかった学校の皆さんにとっては

これが初めての定期テストということになります。

当然、試験範囲は広くなりますので計画的な勉強が必要です。

このブログでは何度もお伝えしていることですが

効率よく勉強するためには

①自分の弱点を知り、②その弱点を克服するための勉強を行うということが重要です。

勉強の仕方についてもっと知りたいという人はぜひ相談してください。

 

受験生としての意識を持つ

中学3年生の皆さんは定期テストだけではなく、

入試問題が解けるようにならなくてはいけません。

そのためには定期テストの範囲だけではなく、

中学1・2年生で学習した内容も復習してできるようにする必要があります。

まずは基礎をしっかりと身につけること。

その上で、難しい問題にも積極的にチャレンジしましょう

夏期講習会は中学1年生から現在までの総復習になりますので

他の学年以上に計画的に勉強することが求められます

 

いかがでしたでしょうか。

間違いなく今までの夏よりも大変な夏になると思います。

とにかく体には気をつけてください

私たちと共に、この大変な夏を乗り越えましょう!

対面授業再開 ~皆様への感謝とこれからの展望~

2020年6月9日

皆さんこんにちは。

一橋セミナー稲毛海岸校は、

6月4日(木)より対面授業を再開しました

必修科目(小学生は国語・算数、中学生は英語・数学)のみではありますが

約2か月ぶりに皆さんの顔を見ながら授業ができて本当にうれしい限りです

前回のブログでもお伝えしましたが、約2か月の間、

ライブ授業に参加して頂いた生徒の皆さん、

そしてライブ授業にご協力頂いた保護者の皆様、

本当にありがとうございました

 

今までの校舎内の消毒、換気、職員の検温・手洗いに加えて、

大型ビニールシートの設置、フェイスシールドの無料配付など

感染拡大防止対策を更に充実させて授業を行ってまいりますので

これからもよろしくお願いいたします

 

対面授業では、皆さんの理解度をチェックしながら、

ライブ授業で解説した内容を定着させるよう

指導を行っていく予定です。

特に中学生の皆さんは来たる定期テストに備えて、

早いうちから対策をしていければと考えています

今までの授業で分からない所があれば、どんどん質問してほしいと思います

 

対面授業だから皆さんの様子がリアルタイムでわかる

6人制だから1人1人の考え方をじっくり聞くことが出来る上に程よい緊張感もある

6人制対面授業のメリットを再確認しつつ、

よりバージョンアップした授業を行っていきますので、

これからも一橋セミナー稲毛海岸校をよろしくお願いいたします!

 

6人制LIVE授業 ~こんな時だからこそ~

2020年5月19日

皆さんこんにちは。

一橋セミナー稲毛海岸校では

5月7日(木)以降も対面授業を休止

4月の『双方向Live授業』を更にパワーアップさせた

『6人制Live授業』を実施しております。

生徒の皆さん、授業にご参加頂きありがとうございます

保護者の皆様、6人制Live授業へのご理解・ご協力を頂きありがとうございます

今回はこの時期の学習のポイントを簡単にご紹介します。

 

①算数(数学)は計算をしっかりとマスターしよう

小3は3けた・4けたのたし算・ひき算の筆算

小4は1けたでわるわり算の筆算と大きな数の計算

小5は小数のかけ算・わり算

小6は分数のかけ算・わり算、

中1は文字式の計算

中2は連立方程式の計算

中3は平方根の計算を学習したと思います。

どれも重要な単元です。

できないと、それ以降の単元を学習する際に確実に支障が出ます

宿題や課題にしっかりと取り組み、身につけてください。

 

②英語は文法をしっかりと身につけよう

中学生はどの学年もかなり先の単元の文法を解説しています

こちらも宿題・課題に取り組んで、確実に身につけておきましょう。

ここで文法を固めておけば、いずれ再開する学校の授業がかなり楽になります

文法が分かっていれば、あとは単語を覚える努力をするだけなので)。

 

そして、こんな時期だからこそ皆さんに考えてほしいことがあります。

それは『どうすれば家で集中して勉強できるか』です。

そもそも、学校や塾の授業時間は家での勉強時間と比べたら微々たるものです。

私たちにできることは、覚えるべき場所とその覚え方をアドバイスするぐらいです。

家でそれを実践し、身につけられるかはあなた達次第です。

そして、今は気軽に外出できる状況ではありません

普段なら、家で集中できないなら塾に行って自習する、図書館に行って勉強する・・・

といったこともできるのでしょうが、今はそうもいきません。

だからこそ、集中できる環境づくりをしなければならないのです。

ぜひ、自分はどういう環境なら集中できるかを真剣に考え、家族とも話し合ってほしいと思います。

この事態がいつ収束するかは分かりませんし、これから先も勉強は続く訳ですから

無駄になることは決してないと思います。

 

対面授業が再開し、パワーアップした皆さんと会えることを

心から楽しみにしております。

双方向Live授業

2020年4月22日

皆さんこんにちは。

4月15日(水)より『双方向Live授業』がスタートしました

生徒の皆様、保護者の皆様、たくさんのご参加ありがとうございます。

少しでも勉強の助けになれるよう、

これからも授業をブラッシュアップしていきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

なお、授業で板書した内容につきましては

ホームページに載せてありますので参考にしてください。

そして、メールやお電話にて

質問も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください

平日の15時から21時の間で承ります

 

これからも生徒の皆様の学力向上の為

一橋セミナーは全力を尽くします。

現在、ゴールデンウイーク期間にやっていただく

課題を準備している最中です

後日、郵送でお送り致しまのでご確認頂ければ幸いです。

 

皆様と直接会える日を楽しみにしております。

大変な時期ですが、共に頑張りましょう。

DSC_0049

春期講習会、ここがポイント!

2020年3月20日

皆さんこんにちは。

一橋セミナー稲毛海岸校は3月16日(月)より授業を再開しました

そして、3月26日(木)からは春期講習会がスタートします。

そこで今回は春期講習会でのポイントを簡単に紹介します。

第1のポイントは『前学年までの内容でできていない所をできるようにする』です。

このブログでは何度も言っている事ですが、

前学年までの内容を理解しないまま先に進んだ所で

その内容を理解するのは難しいです。

休校期間にやって頂く課題はきちんと終わらせましたか?

課題を終わらせたら、できている分野とできていない分野をしっかり確認してください

紙にリストアップしておくといいと思います)。

それらを意識して受講するだけでも、学習効果は変わってきます。

特に新中1、新中3の皆さんは要注意です。

新中1の皆さんは小学校の算数ができないと、応用問題でつまづきます

新中3の皆さんは4月の進路判定テストから5科目受験になりますので、

英語・数学・国語だけでなく理科・社会も復習する必要があります

第2のポイントは『新学年の内容を先取りして、幸先のいいスタートを切る』です。

春期講習会では前学年の復習だけでなく、新学年の内容も少し勉強します

まだ学校でやってないからいいやと思わずに、

少しでも覚える努力をしてもらえればと思います。

 

皆さんが成績アップできるよう、職員・講師一同全力で指導しますので

体調に気をつけて頑張っていきましょう!

 

※新型コロナウイルスの感染予防策について

一橋セミナーでは、校舎内の消毒、換気、職員の検温、

マスク着用など万全の対策を実施しております。

ご不明な点がございましたら、教室までお問い合わせください。

今までの勉強の遅れを取り戻す大チャンス!

2020年2月28日

皆さんこんにちは。

この度、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた政府の休校要請を受け

千葉市は3月3日(火)から16日(月)まで

市立小中高校を休校とすることを決定しました

それに伴い、一橋セミナー稲毛海岸校も生徒の皆さんの健康を第一と考え

3月2日(月)から15日(日)までの授業を全てお休みとさせていただいております。

 

もっとも、職員は15時から21時までは教室に待機しております日曜日を除く)。

ですので、生徒の皆さんからの学習相談

春期講習会や通常授業についてのお問い合わせには随時対応可能です。

お電話やメールなどでお問い合わせください。

 

さて、休校期間にやって頂く課題をお渡ししましたが

皆さん進めていますでしょうか?

学校もお休みである今こそ、今までの遅れを取り戻すまたとないチャンスです

原則、どの科目も前の学年で習った事を前提にして新しい内容を勉強します。

ですから、前の学年で習った事が理解できていないと

新しい内容を教わった所でできるようにはなりません

 

ということで、以下のように勉強を進めてほしいと思います。

①課題に取り組み、自分ができている分野とできていない分野を確認する。

その際、解説を読んでも分からない所は電話やメールで塾に質問する

②できていない分野の問題のみをもう1度やり直す。

ただ単に答えが分かるだけでなく、解き方まで再現できるようになるまで練習しましょう

ポイントは1周目を手早く終わらせることです。

1周目はできている分野とできていない分野がどこかの確認でしかないので、

時間をかけてやる必要は全くありません。

これは定期テスト対策で学校のワークに取り組む際も同じですので

覚えておくと良いと思います。

学校の課題もあって大変な人もいるかもしれませんが、

しっかりと勉強してほしいと思います。

 

そして何より重要なことは体調を整えることです。

決して無理をしないことしっかりと休養を取ってください

元気な姿でまたお会いできることを心から楽しみにしています。

 

2020年を迎えて~中学1・2年生の皆さんへ~

2020年2月6日

皆さんこんにちは。

前回に引き続き、2020年を迎えたということで

学年別にメッセージを送っていきます。

最後は、中学1・2年生の皆さんへ。

 

中学1・2年生にとって今、最も重要なのは第4回定期テストです。

学年末の試験です。これにより中学1年(2年)の内申点が確定します。

来年度からは千葉県公立入試の仕組みが変わり1回の試験になります

ですので内申点の数字が今まで以上に大きな意味を持ちます

自分にできる最大の努力をして、試験に臨んでほしいと思います。

 

具体的にはまず、学校のワークをきちんと終わらせることです。

学校のワークに取り組んでいない人で、

テストの点数が良かったという人はほとんどいません

また、1回やっただけでその内容を完全にできるようになった、

という人もほとんどいません

多くの皆さんが同じような問題を繰り返しやることで

できるようにしてきたと思います。

ということは、繰り返し問題を解くということを前提にして

勉強のスケジュールを考えないと、

理解が不十分なまま試験に臨んでしまうということになります。

ですから、少なくとも試験1週間前には

学校のワークを終わらせるつもりでワークに取り組んでください

そして、残り1週間はそのワークでできなかった問題を

できるようにするよう勉強をしてください

 

なお、現在中学1・2年生の皆さんを対象に

土曜日・日曜日・祝日を利用して

定期テスト対策授業を行っております

詳しい日時はお配りした

第4回定期テスト対策授業』のプリントをご覧ください。

 

皆さんのテストの点数が少しでも上がるよう

講師一同全力で指導します。

分からない所は積極的に質問するようにしてくださいね。

2020年を迎えて~小学生の皆さんへ~

2020年1月23日

皆さんこんにちは。

前回に引き続き、2020年を迎えたということで

学年別にメッセージを送っていきます。

今回は小学生の皆さんへ。

 

まずは小学4・5年生の皆さんへ。

この時期に行ってほしいことは2つあります。

1つは、自分の学年で習う単元について、きちんと理解してほしいということです。

特に算数はそうですが、今の学年の単元をきちんと理解しないと

次の学年の勉強が理解できないようにカリキュラムが作られています。

実際、中学生で数学が苦手な人の多くが小学校の算数でつまづいています

ですから、毎日少しずつで良いのでコツコツ勉強し、

完全な理解を目指してほしいと思います。

もう1つは、第4回定期テストで高得点を取ってほしいということです。

2月には最後の定期テスト(ピラミッドテスト)があります。

そこで算数・国語と共に80点以上を取り

有終の美を飾ってほしいと思います。

 

続いて小学6年生の皆さんへ。

まずは公立中高一貫校を受験される小学6年生の方々へ。

本番の試験でできることは実はたった1つです。

それは『自分のできる問題で確実に得点する』ということです。

以前は一筋縄では解けない問題ばかりが出題されていましたが、

最近では学校の教科書レベルの問題も出題されるようになりました。

ですから、落ち着いて問題全体を見渡し、

自分ができると思った問題から解くようにしましょう

また、適性検査1では作文もありますから、時間配分にも気をつけてください。

今まで努力してきた自分を信じて、頑張ってほしいと思います。

 

また、一橋セミナーでは2月から中学準備講座が始まります

中学1年生の数学・英語を早いうちから勉強していくというものです。

何事も最初が肝心です。

ここでつまづくと、中学3年間大変な思いをすることになりますので

先生の話をしっかりと聞き、ノートをきちんととり、

宿題をきちんとやってきてほしいと思います。

そして、何よりも大切な事は

わからないことがあったらすぐに先生に質問する』ということです。

先生たちも皆さんが完全に理解できるよう全力を尽くしますので

どんどん頼ってほしいと思います。

 

ここでの頑張りが未来の自分を作ります。

先生たちとともに前進していきましょう。

2020年を迎えて~中学3年生の皆さんへ~

2020年1月14日

このブログをお読みいただいている皆様、

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

2020年も、一橋セミナー稲毛海岸校は

皆さんの目標を達成するため、全力で指導を行ってまいりますので

今年もどうかよろしくお願いいたします。

 

さて、新年を迎えたということで

今回から複数回にわたって学年別にメッセージを送りたいと思います。

今回はいよいよ受験の時を迎える中学3年生の皆さんへ。

 

いよいよ勝負の年を迎えました。

今週末には私立高校の入試が、そして1か月後には千葉県公立高校入試がひかえています

そこで、私から3つアドバイスをさせて頂ければと思います。

1つ目は、各科目ごとに目標とする点数を決めておくことです。

公立高校入試はどの高校でも同じ問題を解くわけですが

合格に必要な点数というのは各高校によって異なります。

そこで、合格するために必要な点数は何点ぐらいかを

あらかじめ調べておきましょう相談してくれれば代わりにお調べします)。

そして、その点数をとるためには各科目で何点とる必要があるのかを考えてください。

残りの時間はその点数を取るための勉強をすればよい、ということになります。

ただし、『これから英語・数学・国語の点数を伸ばすのは難しい。

特に、千葉県の国語で80点以上取るのはかなり難しい』という点は

留意しておいた方が良いです(絶対に無理とは言いませんが)。

 

2つ目は、ある程度できる分野の勉強はもうしないということです。

現在、ラストスパートや通常授業においてどの科目も総合問題演習を行っていますが、

その中で、自分の中でできている分野とできていない分野が分かってきたと思います。

もう残されている時間はわずかです。

思い切って、できている分野は確認程度に留め、

できていない分野をできるようにすることに力を注ぎましょう

そして、ここで先ほどの目標設定が活きてきます。

それぞれの科目で何点上乗せしなければならないか、

それによってどの科目に力を入れるかが決まってくるはずです。

ただし、いくら他の科目をやらなければならないからといって

ある科目を全く勉強しない、ということは避けた方がよいです。

人間は忘れる生き物ですから、やってないと忘れてしまいますし、

勘が鈍ってしまいます。

 

最後に、決して諦めるなということです。

前日にやった問題が、当日の試験に出題されるということはざらにあります

ですので、最後まで少しでも多くの種類の問題が解けるよう

やりぬいてほしいと思います。

ただし、前日に徹夜をするのは厳禁です。

前日は最低でも7時間は睡眠をとるようにして、

当日の朝、頭がしっかり働くように体調を整えてください。

 

いかがでしたでしょうか。

多くの皆さんが人生で初めての受験だと思います。

不安や緊張があって当たり前です。

ですから、何か気になることがあったら、

遠慮せずにどんどん相談してほしいと思います。

皆さんが第1志望の高校に合格できることを心からお祈りしています

冬期講習会、ここがポイント!

2019年12月19日

皆さんこんにちは。

12月も半ばが過ぎ、2019年も間もなく終わろうとしています。

一橋セミナーも今週末で通常授業は終了し、

中学生は25日(水)から、小学生は26日(木)から冬期講習会が始まります!

そこで今回から

冬期講習会でここを意識してほしいというポイントを紹介していきたいと思います。

 

とその前に、全学年の皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは『講習会はこれまでの学習で理解できていない所を発見し、

かつそれを解決する場である』ということです。

このブログでは何度もお伝えしていることですが、

できていない所をできるようにしない限り、学力が上がる事は決してありません

 

ですから、まず皆さんにやって頂きたい事は、

これまでの学習を振り返って、苦手だと感じる所、理解できていないと感じる所を

ノートやルーズリーフに全て書き出す、という事です。

これを講習会で扱うすべての科目について行ってください。

小学生は算数と国語、中学1年生は数学と英語(選択国語を履修した生徒は国語も)、

中学2年生は数学・英語・国語、中学3年生は数学・英語・国語・理科・社会

(私立コースの生徒は数学・英語・国語のみ)ということです。

できるだけ具体的に書くようにしてください。

例えば、中2数学であれば、「連立方程式が分からない」と書くのではなく、

「連立方程式の文章題で割合の問題が分からない」といったような具合です。

 

ここで書きだした内容が冬期講習会で勉強すべき内容、ということになります。

7日間という短い期間での講習会ですので、

書き出した全てを解決するというのは難しいかもしれませんが、

どれを優先して解決するべきかはお伝えしますので、

その点に絞って勉強し、『できない』を『できる』に変えてほしいと思います。